晴天で太陽が真上に有るときの撮影方法。

須田ブログ、少なくとも数人(私の師匠含む)のプロカメラマンが見ているのでこんな事書くのは恐れ多いんだけど、久しぶりに早起きして撮影してきて書こうと思ったので書いてみる。

明け方とか、夕方とか、曇り空とか、太陽の光が傾いている時は撮影時困ることは少ないんだけど、晴天で太陽が真上に有るときにポートレート撮影すると、強烈すぎる日差しで撮りたいところに影が出来て良い写真にならない事が多い。

で、そういうときにどうすればいいか。

答えは単純。

日陰で撮影する。

こんな感じ。

木漏れ日は結構やっかいだから、少なくとも顔にはかからないような位置に立たせる。

ちなみに、被写体の後ろに晴天があるのは良いと思う。

以上、須田が思うワンポイント。

Pictures | 2010-05-15 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2010/05/seitenno.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧