1年振りに万年筆が返ってきた。

昨年の誕生日、奥さんから万年筆をプレゼントに貰った。

うちら夫婦は、まぁ見事に趣味が合わない。というわけで、誕生日やバレンタインやらクリスマスなどのプレゼントをあげる行事は、相手の財布で自分が好きなモノを買うという非常に合理的な夫婦なのである。

そんな訳で、須田は昨年色々モノガタリを経て万年筆を買って貰った訳だ。詳細は下記リンクで。

Stipula / Etruria Blue
http://suda.tv/archives/2008/09/stipula_etruria.php

そんな万年筆の筆先が、使用して2週間くらいでいきなりカビてきたのだ。カビですよカビ。

もうびっくりしたなんてもんじゃない。

で、すぐに購入した書斎館に持って行き、原因を調べて貰う事にしたんだわ。

そっからが長かった。

日本でチェックしたが分からない。

本国に送ったが分からない、しかもペン先の内部にまで行ってしまっている。これは製造終了品だから直せない、何か別の品と交換しか無理だ。

ここで一度須田に電話。しかし、前述の通り、凄く欲しくて買った万年筆だし、なにより奥さんからプレゼントで貰ったモノだから、これじゃないと嫌なのですと伝えたところ、書斎館さんも頑張ってくれた。

結局は、イタリアにて、既に製造中止になったこの万年筆のペン先部分を特別に一から作ってくれる事になったのだ。

で、1年以上かけて、私の手元に戻ってきた。

IMG_4619

昨日、奥さんと表参道で合流して、久しぶりに書斎館へ。

一年ぶりに再開する万年筆に、新しいインクを入れる。

IMG_4622

やっと我が家に帰ってきました。

これで、須田のブレストも2倍パワーでがんばれますよ。

明日から、毎日持ち歩くぜ!

Diary | 2009-11-15 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2009/11/stipula.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧