『拝啓、絶望殿』 by ペテカン見てきた。

前にペテカンの舞台を見たのが2008年11月24日。ほぼ丸一年振りのペテカン本公演を見てきた。

haikei_f1

自称:日本一優しい演出家であり、脚本家である本ちゃんが、結婚して更には父となって初めての舞台、どんな脚本で演出なんだろうとわくわくしていったんだけど、本当に本ちゃんは純粋で素直な人なんだなぁと直接伝わる舞台だったと思う。

多分、ペテカン史上一番シンプルな舞台だったんじゃないかな。凄く須田的に好きな舞台だった。

そうそう、新しくペテカンのメンバーになった、前回の舞台『夕暮れ放課後ひみつきち』で主役をやっていた谷部聖子さんが今回も若さあふれる演技だったのと、すげーひさしぶりにマキちゃんが普通の役だったのも印象的やったな。

皆さんお疲れ様でした!

ペテカンオフィシャルサイト
http://www.petekan.com

Diary | 2009-11-12 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2009/11/petekan.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧