マザーハウスの小銭入れを購入。

さて、なんかバブリーな棚を買ったエントリーの後に書くのも不思議ですが、とあるブランドの商品を購入しました。

そのブランドは、「Motherhouse(マザーハウス)」。

Motherhouse(マザーハウス)オフィシャルHP
http://www.mother-house.jp/

情熱大陸で特集されたり、大体毎月どっかの雑誌には社長の山口さん(山口さんのブログ)が掲載されているので、目にしたことはあるかもしれない。

恵まれない子供達の為に募金してくださいと言われて募金をして良いことをした気になるんじゃなくて、自分の足で恵まれない子供どころか人々を目にし、ただお金を渡すとかではなくて、その土地でビジネスが生まれ自立できる様に自身もビジネスをしている会社。

昔、現ユーグレナの社長である出雲君と食事をしていたとき、彼が発展途上国のとある村に井戸を掘って水を出した話をしてくれたんだけど、彼が折角技術とお金を使って井戸を掘ったら、その水を狙って近隣の村から襲撃を受けてその村の住民が殺されてしまった事が有って、本当にそこの人々がきちんと自立した生活を送れるようにする為には、沢山考えなくちゃいけない事があるんだって事を知ったんだよね。

出雲君はその後も実は色々と発展途上国の人々に対して自分が何を出来るかを考えて色々とやっていて、私は私でヤマハの社員として世界に通じる楽器メーカーの社員として出来ることやらなくてはいけないことだと信じ、とあるプロジェクトを進めている。

大阪からヤマハの元同期が遊びに来ていて、彼女の買い物に付き合って新宿小田急百貨店に来たら、たまたま彼女が見たかったネグリンという(最近流行ってるらしい)アクセサリーブランドのはす向かいにマザーハウスの店舗が有った。

20090412194939.jpg
素直にマザーハウスの「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」というミッションを応援したいし、とはいえ応援の為に使わない物を買うのも違うなぁと思い商品を吟味して、一番使いやすそうで且つ毎日携帯するで有ろう小銭入れを購入。

IMG_9160_.jpg
3,150円也。

それで、ショッピングバックは布製のエコバックだし皮製のショップロゴ付き。さらには3ヶ月の品質保証付き。作り手の思いがびしびし伝わるプロダクト。小銭入れ、大事に使わせて貰います。

社長の山口絵理子さんが書いた本も素敵ですよ。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)
裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) 山口 絵理子

おすすめ平均
stars疾走する人生の気持ちよさ
stars元気をもらえる本
stars人生は長さではなく密度か?
stars仕事にやりがいがないと嘆くあなたへ
starsやる気になりました!!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Things | 2009-04-12 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2009/04/post_1109.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧