Xmasカード未達の報告。

さて、下記の昨年12/21エントリーでお知らせしたクリスマスカードですが、

suda_xmas2009.jpg
参照:喪中なのでクリスマスカードです。
http://www.suda.tv/archives/2008/12/post_1028.php

結論から言いますと、郵便局のミスにより、極一部(約10人程)の人以外に届きませんでした。
12/26-27と奥さんが出雲に親友と旅行に行った際、クリスマスカードが届いてないと親友から聞いたことが事の発端。翌日、郵便局に電話したものの、電話対応をした女性に(後に、アルバイトの方と判明)郵便局の年賀葉書にも紛れてないし、これ以上は追えないと言われてしまう。
しかしながら、私の友人達にも全然届いてない事が判明し、これはいよいよおかしいぞと、送付したリストを郵便局にファックスして調べて貰った結果、クリスマスカードなのに年賀状扱いにされて、各郵便局に送られてしまったという状況になっていた。
わざわざオリジナルデザインを作ってもらい、特別印刷までして貰って、さらには明け方まで、奥さんと切手を貼って、宛名を印刷して、精魂込めてポストに投函したクリスマスカードが届かなかったことは残念ですし、悔しいのですが、その後の郵便局の対応が元役所の対応とは思えないスピード感&信頼に足るものだったので、下記に対応を記します。
12/27 未達一件目発覚
12/28 未達複数件発覚→郵便局にファーストコンタクト
12/29 送付リスト郵便局へファックス→夕方年賀葉書として取り扱っていたと報告
12/30 郵便局の担当課長が須田家を訪問。現状を報告。
01/02 途中経過報告。
01/04 3枚を除いて、他全ての状況を報告。
■対応内容詳細
・ファックスで送ったリストを、全部電子化し、全ての葉書について行方を捜索。3枚を除いて発見済み。90%以上を各郵便局から回収。
・未回収である十数枚の葉書の内、95%は現地の郵便局が年賀状ではないと判断し、きちんとクリスマスカードとして配達。(りさきさーん、あなたは運が良い人ですよーー!!!)
という状況です。
今回、須田家に訪問してきてくれた方が、決裁権を持つ課長さんだったのも良かったですが、上の者に確認とか面倒なプロセスは一切無く、即答で対応してくださったし、1/2に風邪で死んでる時に、留守番電話で途中経過を報告してくださるなど、トラブル対応としては迅速かつパーフェクトな対応をしてくださったと思います。
人力でやってる限り、ミスは必ず起こる。大事なのはミスを起こした後の対応な訳で、今回私たちにとってくださった対応は、最初のアルバイトの方の対応はともかく、その後は私も奥さんも納得できる対応でした。今回のミスを踏まえて、是非これからも沢山の人に手紙を無事届けて貰いたいですな。
というわけで、無事届いた10数名は相当な好運の持ち主ですよー。届かなかった方には、新たに寒中見舞いを作成中ですので、今しばらくお待ちください。

Diary | 2009-01-04 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧