96k 32bitフロート初体験。

仕事の音素材作成の為、リハスタに自持ちの機材を持ち込んでレコーディング。
マーケティングの部分を色々お手伝いした、石川君が作った懇親のミキサーである、YAMAHA n12と、MacBookProとCubase4.5でレコーディング。
ヤマハ n12/n8 開発者ブログ
http://n12n8.typepad.jp/blog/

n12製品情報
http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/n8n12/

ちなみに、ちゃんと買ってるからね。自分で。
基本的に友達のCDとか、開発に関わった製品は全部自分のお金で買っています。例え、元々自分が担当していたアーティストとかでも。そうじゃなくちゃ、メーカーの人間として駄目じゃね?だから、無駄にサンプル版が有るのに、製品版が有ったりします。
っでもって、今日は昔からの仲良しシンガーに依頼。
IMG_3490.jpg

花世 Official Site [ HANAYO ]
http://www.hanayo.info/

オフィシャルホームページにも書いてあるけど、いつの間にかママさんになっていたわ。
レコーディング自体はさくっと終了。しかしながら、準備に手間取ったわー。96kで録るってことは、単純に44.1kの2倍以上書き込みがあるわけで、それを分かってなかったから、バッファーをあげずにいたら音が途切れる途切れる。。
こういう時に、開発者に直接質問できるのは強いね。石川君に電話してすぐに対応して貰った。しかしながら、電話するまでに悔しくてずっとあーでもないこーでもないやってたから、レコーディング開始まで一時間以上かかっちゃったけど。
レコーディングが終わって、早速録音したデータを聞いてみたんだけど、ヘッドフォンではっきり96kと44.1kの違いって分かるのね。びっくりしたわ。こいつぁ、くせになる。多分、今日のレコーディングデータは今月末くらいにお披露目できると思いまする。
花世今日はありがとう!石川君もありがとう!

Diary | 2008-09-03 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2008/09/96k_32bit.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧