F905i所感。 vol.4 AEロックが有ったらこれで仕事出来るクラスのカメラだわ

品川から浜松まで新幹線で1時間半。新浜松から小林まで遠鉄で30分。小林から豊岡工場までタクシーで15分。まぁ、この説明でどんだけ東京から離れてるかがわかる。異動してから多分二週間に一回はこの場所に来ている。天気が良かったので、今日はもう少しF905iのカメラを突っ込んでいじってみようと思い、説明書持参で出張にいどんだ。
まずはお昼ご飯を撮影。本来浜松出張時は鰻茶漬けを食べるがマイルールだったのだが、浜松を降りてびっくり、財布に1,000円札一枚と小銭しか入っていなかった。お金を持ってくるの忘れたぁ。。。というわけで、泣く泣くラーメンに予定変更。
なんか、浜松=八百徳ランチだったので、他の店を見るのが新鮮だったわ。ラーメン街みたいのがいくつかできていたし。で、遠鉄改札近くのべんがら横丁内にある龍の家に決定。

F1000003.jpg

あまりお肉を食べたくなかったので、女性に人気の卵とねぎとのりが付いてるセットを頼んだんだけど、お店に入ったらご飯も食べたくなりまかない飯を注文。そしたら、お肉どっさりなまかない飯だった。
ちょうど真上からライトがあたっていたので、ホワイトバランスも画面サイズも変えないでそのまま撮影。黒があるとホワイトバランスがしまりやすいね。
ランチを終えて、先輩と合流した後、遠鉄ホームに移動。停車している電車車両が有ったので、ここで写真を試してみようと色々トライ。このケータイカメラの一番須田的お気に入りポイントは、シャッターボタンとフォーカスボタンが別ボタンなところ。
F1000002.jpg
2048*1536の大きなサイズの写真を見る

このおかげでこういう写真が撮れる。フォーカス兼シャッターボタンのカメラだと、大体がセンターフォーカス(画面の中心でピントが合うようになっている)なので、こういう写真を撮ると、真ん中の電車にピントが合って、さらには露出も真ん中で適正にあわせられるので、手の指紋が全く写らないくらい暗くなってしまう。
しかしながら、このカメラはフォーカスを自分のあわせたいところであわせられるので、まず指で丸を作って、指の付け根あたりでフォーカスをあわし、その後指の真ん中を中心に構図をあわせてシャッターを押した。
正直、もう少し電車側が暗くて良かったので、AEロック(露出を固定する)が付いていたら、もっと指と電車を生かした写真が撮れたかも。この写真はF905iで撮影できる一番大きいサイズで撮ったので、画像の下にリンクを張りました。
会議が終わって、工場から駅までの帰りのタクシー、窓から見上げた空がすげー綺麗だったので、大至急撮影。
F107_small.jpg
2048*1536の大きなサイズの写真を見る

すげー綺麗でしょ。しかもこれも最大サイズで撮ったので、大きな画像を見てみてくださいな。かなり良く撮れてると思います。ウェブ媒体のレストラン取材とかだったら、ケータイだけでいけるかも。
というわけで、須田的にはピントを合わせたところで露出も決まっちゃう事以外は、大満足なカメラ。次は動画を試してみなくちゃ!!!

Works | 2008-02-21 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2008/02/f905i_vol4_ae.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧