F905i所感。 vol.2 音楽聴こうと思ったらWMPが使えなすぎ!

Windows Media Playerがクソすぎる。マジで。本気で。あり得ない。beBitさん、アメリカ行ってユーザビリティーを叩き込んできてください。マジで。現在午前3時半すぎですよ。何時間戦わせるんですか。マジで。
ふぅ、冒頭から毒を吐きましたが、事の発端は、須田が触ってるんだからF905iで音楽聴かなくちゃ駄目だよなぁと勝手に思ったところからスタート。
IMG_1321.jpg
何となく、本体メモリーに曲はそんなに入らないよなーというのと、平型コネクターをステレオミニに変換するコネクターは必要だよなぁと思い、原宿オフィスから高輪オフィスまでの移動時に5分で上の二つを購入。
オーディオテクニカの変換コードは発着信スイッチとマイク付き。ちなみにF905iでスイッチが使えるかどうかは分からん。勢いで購入。後、1GBのマイクロSDね。なんだかんだでこのモニター企画、追加のお金がかかるw
で、初めて説明書をみたところ、どうやらミュージックプレーヤーで再生できるのは着うたフルとWMAらしく、さらにはWMAファイルは直接マイクロSDに書き込んでも駄目で、Windows Media Player(以後WMP)を使って同期しないといけないらしい。
ん?同期?
ってことは、ケータイとパソコンをつながないといけないって事かな?そんなケーブルついてたっけ?と説明書を読むと、
—————-
・FOMA端末とパソコンを接続するには、FOMA充電機能付きUSB接続ケーブル(別売)またはFOMA USB接続ケーブル(別売)が必要です。
—————-
と書いてある。
Σ( ̄□ ̄ |||)
別売って、ってことは今日作業できないじゃん!!明日はiPodを持たずに出勤しようと思ったのに。
しかしここで須田はひらめく。ってか、もしかして携快電話ZEROについてたケーブルでいけるんじゃね?
IMG_1322_.jpg
つなげてみた。ちなみに奥に見える写真たてみたいなのはUSBハブ。既に生産終了しちゃったんだけどadaptecのXHub7+(AUH-7000Plus)というハブ。なかなか安定していてよいよ。
で、携快電話ケーブルの結果、問題なく使えた!説明書の通り、F905iをMTPモード(WMPで音楽データを転送する際に使用するモードらしい)に切り替えてWMPを立ち上げる。
こっからが大変だった。普段はiTunesを使ってるんだけど、もう本当に発狂するくらいWMPのユーザビリティーが悪く、そもそもプレイリストを作るまでに30分くらいかかった。ありえん。本気でいらついた。ってか、F905iの説明書も、
—————-
操作方法については、Windows Media Player 10/11のヘルプをご覧ください。
—————-
って丸投げしすぎ。そんなんじゃ、ミュージックプレーヤーをどんなに頑張っても使って貰えないよ。砂漠のど真ん中に素敵なリゾート作っちゃって、交通の便が徒歩しかないくらい使えないよ。
wmpfoma.jpg
っで、まぁ、どうにか同期開始。iTunesでは、MP3で管理しているので、同期前にWMPがWMAに変換してから送ってる模様。約40曲、10分弱で同期終了。
IMG_1323.jpg
無事再生出来ました。明日はこれで音楽聴いて行こう。んでもって、次に車運転するタイミングで写真左下にさりげなく出ている[FM送信オン]を試してみるべさ。
FOMA F905i徹底レビューまとめサイト【ケータイ会議 sponsored by 富士通】

Works | 2008-02-18 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2008/02/f905i_vol2_wmp.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧