ぽっぽパパ、いってらっしゃい。

月曜日、仕事が終わって家に帰って寛いでいた23時頃、番号知ってる人が殆どいない自宅電話がなった。急いで車に飛び乗って新宿へ。23時14分、母方の祖父が亡くなった。
実は、母方の祖父をおじいちゃんと呼んだことが1回も無い。明治大学名誉教授という肩書を持つ祖父は、孫の私に対しても厳格だったのでずっと敬語で喋っていた。それでも、多分孫の中で唯一麻雀を共にしたり、英語を習ったりした関係だったと思う。
昨日から忌引休暇を貰い、今日がお通夜で明日がお葬式。祖父の人生はどんな世界だったのだろう。大学1年生の時に語学で使われた教科書がラッセルの幸福論だった。そして、その幸福論の対訳本を出していたのが祖父だった。贅沢にもその祖父から直接英語を習い、そして不幸者の私はその単位を落とした。この事実が私の英語コンプレックスをさらに強固にしたと思う。

対訳ラッセル 2 (2)
対訳ラッセル 2 (2) ラッセル 坂本 和男

南雲堂 1964-12
売り上げランキング : 895436

Amazonで詳しく見る by G-Tools

対訳ラッセル 3 (3) (現代作家シリーズ)
対訳ラッセル 3 (3) (現代作家シリーズ) ラッセル 坂本 和男

南雲堂 1964-10
売り上げランキング : 239474

Amazonで詳しく見る by G-Tools

私の記憶では、母方の祖父と、父方の祖父母は交流が有ったと思う。天国で仲良くしてくれたらいいなぁ。
IMG_0790.jpg
2005年の元旦。祖父ときちんと話した最後の日。今までお疲れ様でした。ぽっぽパパ、いってらっしゃい。

Diary | 2008-02-14 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧