感謝の気持ちを忘れずに。

今住んでる家は一軒屋で一階に大家さんが住んでいて、二階にうちら夫婦が住んでいる。契約主は私たちではなく、私が勤めている会社で社宅という事になる。ここを見つけるまでに数十件の家の資料を集めて、十件近くは自分で実際に見に行って、この家に入ったときにここだー!と思い決めた家なので自分的には相当気に入っている。
っが、さらにさらに気に入ってる事が大家さんが最高だ。既にお仕事を定年退職(実際は定年後数年間勤務)して悠々自適な生活をしている夫婦なんだけど、前にも書いたとおり既にパパさんママさんと呼ぶ関係だし、ゴミは前日の夜にガレージに出しておいたら朝出してくれるし、宅急便はいつも配達にくるお兄さんと大家さんが顔見知りだから私たちの分も預かってくれるし、昨日もサムゲタンを作ろうとしたら鍋に入り切らなくて鍋を貸してくださいーって訪ねたら美味しい卵と水菜のおつけ物までくれたし、まぁまだ住んで二ヶ月なのにすこぶる快適な暮らしをさせて貰っているのだ。
で、ずっと大家さんから一緒に夕食でもーと誘われていたのだけど、お互い忙しい生活をしている夫婦なのでタイミングが合わず、やっとこさ本日タイミングが合ったので大家さん家で夕食をご馳走になった。
んだば、すげーお肉と、濃縮された出汁と新鮮な野菜のしゃぶしゃぶを振る舞って貰いまして、まーそれだけでも恐縮なのに、一生に一度の事だからと結婚のお祝いまで貰ってしまった。
もうねぇ、ほんと頭が上がりません。袖振れ合うも多生の縁とはいうけれど、とはいえここまでして貰うとホント恐縮。なんかおばあちゃんの事を思い出しちゃったよ。結局、23時過ぎまで楽しく美味しく時間を過ごしました。これからもよろしくお願いします。

Diary | 2008-02-10 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧