ベッドが入らなかった事件。

というわけで、入らなかった事件のもう一つはベッド。
前述の通り、今回の引越は一切業者を使わず、全部自分たちの手でやった。運搬はほとんどが自分の車で、どうしても車に乗らない大きな物は友人のトラックを借りて運んだ。
一通り家電は買いそろえたけど、お互いサラリーマンだし、贅沢を出来る身分では無いので、使い回せる部分は使い回そうという話になり、ベッドは今年2月に盟友ノブから貰ったダブルベッドを新居でも使うことにした。
で、先日、友人が深夜ならトラックを使えるし手伝えるよと連絡をくれたので、友人二人と午前1時過ぎから自宅でベッドを積み込み新居へ。
自宅は246から一本入ったところなんだけど、その角でお巡りさん二人が窃盗チャリの取り締まりをやっていたんだわ。で、その後ろにハザードで堂々と車を止めてベッドとチャリ2台を運ぶ三人。
前の冷蔵庫事件で階段の狭さを知っていた私は、もしかしたらベッドもきついかもなぁと思っていたんだけど、大丈夫だよー!と言い切る友人。
二人に任せて高見見物の私。
階段の途中でにっちもさっちも行かなくなってフリーズする友人二人。
あまりにも深夜に訳のわからない事をやってるので、心配で見に来たお巡りさん。
しかも、元運送業者でバイトをしていたお巡りさんは、メジャーを私から借りるなり測りだして、コレはこの階段であげるの無理だから、あそこの窓から入れるしかないねーと超的確な意見をくれるお巡りさん。
結局、ダブルベッドはまたも実家に戻り、現在実家の元私の部屋で。(´・ω・`)。しております。
ベッドは気に入るか気に入らないか寝てみないとわからない部分が多いので、新品を買うのはリスクが高い。結局、入籍前日に奇跡的にベッドを手に入れてどうにか事なきを得た新生活でした。

Diary | 2007-12-20 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧