バンドが息吹を止めるとき。

「目指す方向が違う。」
得てして、バンドが解散するときに使われる言葉が上記な気がする。しかしながら、上記の言葉を因数分解していくと、そりゃバンド数だけ理由は出てくる。
私もAquaTreeというユニットを7年間に渡ってやってきて、結局一昨年解散してしまったのだけど、人から何で解散しちゃったの?と聴かれたら、上記の言葉が一番適切かなぁと思ったりしているので使っている。っが、実際はすげー悩んだ結果な訳だ。
んでもって、そんなに大人数では無いけれども、私たちの音楽活動を応援してくれてる人たちは居てくれて、やっぱり中には何で解散するんだよ!と言ってきてくれた友人も居た。勿論そういう人たちにはきちんとお話をして納得して貰ったけど。
っが、コレがファンが数千人とかいるバンドとなると話は違う。一人一人に話をすることなんて無理だから、一方的に情報を伝える事しか出来ない。勿論、そんな結果にならないで、いつまでも歩みを止めないで走り続けてくれる事がファンからしてみたら一番望ましい事なんだけどね。
ベルシュカは、ドラマーが脱退しても、歩みを止めないで次のフェーズに行こうとしている。AquaTreeの相方ゆりは、今でも音楽活動を続けている。(2ヶ月以上更新されていないけど。。)
というわけで、私もシリーズ的に続けていきますと宣言したにもかかわらず、第二回の案内が一向に音沙汰がない音風雲流をちゃんと次やろうねーと相方と約束しましたわ。ってか、別に決まったユニットでもないので解散もへったくれもないんだけど。しかしながら、プライベートが4月下旬までスペシャル忙しいので、早くても復活は6月です。気長に待って下さいな。

Diary | 2007-11-09 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧