けいちゃん&まつも 結婚おめでとう!

土砂降りの雨がとっても残念な日曜日。しかしながら、今日は友人であるまつもとけいちゃんが結婚する大事な日。須田にしては珍しく幹事ではなく純粋に二次会に誘われている結婚式なのだが、実は当人達にサプライズで最後の出し物にギターとコーラスで参加することになっていた。
IMG_0004.jpg
オフィスから徒歩2分くらいにある表参道レストランにて二次会。19時スタートで新郎新婦もオンタイムで到着。
IMG_0005.jpg
乾杯までスムーズな流れで、歓談重視の二次会スタート。私も久しぶりに会う友人達と話しながら、ぱしゃぱしゃ写真を撮る。
途中のゲームは、新婦の友人が仲良くしている会社のエンジニアが作った顔ルーレット。これ凄い!是非このソフトを頂きたい。。
そして、幹事のキックユーが作ったビデオの後、サプライズ演奏。893と呼ばれる新婦の仲良し4人組とその仲間達が三線で演奏。とりあえず上手い二人にコンデンサーマイクを向けてSR作業。お客様も盛り上がってくれて良かった良かった。
586602844_187.jpg
んでもって、私も参加してBOOMの島唄。無事二次会終了。
っでもって、三次会@渋谷。
IMG_0022.jpg
いやーーー濃いメンバーだ。本当に楽しかった。
IMG_0033.jpg
けいちゃん&まつも!本当におめでとう!

Diary | 2007-09-30 | パーマリンク | コメント(0)

「彼のことを知る旅に出る」byペテカン 2007 2nd Act.

時差ぼけまっただ中の帰国翌日、必ず毎公演お誘いを頂いているペテカンの舞台を見に新宿TOPSへ。
senzai_r.jpg
今までの私のブログでペテカン舞台の感想を書いているが、一貫しているのはペテカンがペテカン以外のメンバーと一緒にやる舞台はあまり好きではないという感情を持っているということ。
最初に彼らと知り合ったのは、私も何故か演技者として出演した青山円形劇場の舞台。
その時のペテカンのエチュードは素晴らしかった。テンポというか空気感というか間というか、、、なんにせよ、ペテカンが本当に(勿論色々お互い思うところはあるとは思うけど)仲が良いメンバー達なんだなと体感できる舞台だった。
だからこそ、他のメンバーが入ってきて、勿論きちんと稽古をしているのだろうけど、それでも、あの青山円形劇場での阿吽の呼吸が、他のメンバーが入ることによって欠落してしまうのが残念だった。
だもんで、今日もそんなに正直期待はしてなかった。
良かった。
っていうか、脚本演出勝ちかな。あくまで一人芝居や二人芝居がベースで、その組み合わせでの舞台だったんよ。こういう演出なら、ペテカンらしさも活きつつ、他のメンバーとペテカンとの共同舞台としての魅力もでるんだなーと体感。
今回主役を演じた四條に泣かされそうになった。ってか泣いた。舞台で泣くのって悔しいんだわ。映画とかテレビとか、そこにプラスアルファの魅力を後から加えられるじゃん。効果音とか、処理とか。でも、舞台はその場の一瞬の勝負じゃん。だからこそ、泣かされるのが悔しいんだよね。まあ、でも今日は白旗でした。
ペテカンお疲れ様。今日はとっても楽しかった!

Diary | 2007-09-29 | パーマリンク | コメント(0)

出張最終日、やっぱりエコノミーは駄目だ。

いや、別に、贅沢な意味じゃない。
でもさー、トイレに立つ度に隣の席との間の肘置きが持ち上がるのは顰蹙でしょ。
隣のブロンド女性が明らかに不機嫌だったもん。
ただ、その不機嫌の理由が、肘置きが上がったからか、はたまたいびきが凄かったのか、それ以外の何かが関与しているのかは分からん。だって、会話しようにも、彼女英語喋れないんだもん。ドイツ人だった。
とまぁ、こんな感じでイギリス出張終了しました。社会人になって初めての海外、中々有意義でしたよ。

Diary | 2007-09-28 | パーマリンク | コメント(0)

出張5日目、イギリス最後の日はスタジオで。

イギリスで迎える最後の朝。
生憎の曇り空。
持ってる現金は15ポンド。これじゃタクシーにも乗れないので、チェックアウト時にクレジットカードが使えるタクシーを呼んで貰う。
タクシーに乗り込みスタジオの名前と道を伝える。リアルドラゴンクエストで知り合い昨日熱く語り合った友人がエンジニアを務めるメイフェアスタジオという名門スタジオを見学させて貰う約束をしていたのだ。
IMG_9920.jpg
タクシーで20分ほど走って到着。Chalk Farmという駅の近くであるこの辺りは超高級住宅街らしい。
IMG_9921.jpg
中には沢山のゴールドディスクやプラチナディスクがかかっていた。ティナターナーは殆どここでレコーディングし、ブライアンアダムスの1000万枚以上売ったアルバムもここでレコーディングされていた。日本人だと元ジュディマリのタクヤさんがレコーディングしたらしく、ポラロイドが貼ってあった。
IMG_9935.jpg
友人は、最近だとマドンナやポールマッカートニーの仕事をしていたとの事。すげービッグネームだなぁ。。。
見学後、Camden Townを案内してもらい、ヒースロー空港へ。12時間フライトで日本へ。バイバイイギリス。

Diary | 2007-09-27 | パーマリンク | コメント(0)

出張四日目、正直調子に乗ってた・・・。

イギリス4日目。
私が泊まっているホテルは「Holiday Inn LONDON-OXFORD CIRCUS」というホテル。
london-undergound-tube-map.jpg
TUBEのマップでみるとど真ん中に左から右に通っている赤い線とちょっとセンターから左に縦に灰色の線が通っている。この交差している駅がBOND STREETで、ここから徒歩5分ほどのところにある。色が白い部分がZONE1で、とりあえずこの辺の家賃はとんでもないらしい。
IMG_9876.jpg
IMG_9877.jpg
部屋はこんな感じ。これで税金を含めると一泊4万円を超える。日本だったら高くて14000円位の部屋だよ。。
さて、昨日は沢山の外国人と喋りまして、それなりに私の英語も伝わったので、結構いけんじゃんと思ってしまいました。っが、今日は午前中で叩きのめされた。
きちんと8時に起きて、支度をして電車に乗り込み、olympiaに向かう。
IMG_9795.jpg
TUBEは地下鉄じゃないみたい。地上に出たり入ったり。
しっかし、途中で乗り換え時に電車が来ない。30分待っても来ない。時刻表とか無いので泣きそうになる。地図を見てみたら、どうにか歩けそうな距離。結局2駅分を気合いで歩いてオリンピアへ。
IMG_9822.jpg
中ではこんな感じに産業見本市が行われており、テーマはアドバタイズ、つまり広告の見本市が行われていた。今回の出張の大きな目的の一つがコレに出席すること。
っで、事前申込みが必要で、勿論サイトは全部英語だったので一通り書いたところ、、なんか、偉い肩書きになっていて、皆さんプレゼンを積極的にしてくださる。日本のPC EXPOとかで歩いていて押し売りみたいに1ブース1ブースから声がかけられることはないのに、今日は1ブースから二人くらい出てきて話しかけてくる。
しかもねー、全然わかんねーーーー。まじで。
一応頑張って話を聞くようにはしてるんだけど、多分メールマーケティングの話をしてくれてたり、動画コンテンツの話をしてくれてたりしているんだろうけど、わからんのよ。
だもんで、沢山資料を貰って終了。。目についたところはhtmlメールをベースにしたメール広告がかなりのパーセンテージを占めていた。携帯はそこまで多くなく、ブース数的にも10程。それよりも動画コンテンツのブースの方が多く、日本に比べて大分遅れてる感を感じたかな。
一回ホテルに戻り、エンジニアと会う約束の時間まで2時間程会ったので名所を見ることに。結論として足が棒になるほど歩いた。
IMG_9831.jpg
IMG_9840.jpg
IMG_9843.jpg
IMG_9860.jpg
IMG_9864.jpg
IMG_9868.jpg
上から、まずセントポール寺院を見て、ミレニアムブリッジを渡りながら左手にロンドン橋(奥の小さいヤツ)を見て、無料で見れるときいていたTATE MODERN COLLECTIONまで行ったのに展示物入れ替えでやって無くて凹んで、気合いで川岸を西にあるいてロンドンアイ(でっかい観覧車)を見て、たまたまやっていたダリ展の彫刻に感動して、逆光のビッグベンをみて調度2時間。殆どを歩いた。日本じゃ考えられない距離。絶対タクシー乗ってるよ。
IMG_9879.jpg
IMG_9884.jpg
IMG_9894.jpg
夕方、約束の人と会ってうち合わせ兼ヒアリング。その後、最近のロンドンで粋な若者が集まるらしいOld StreetやHoxston Squareを見学。ロンドンファッションウィークが終了した直後なのでファッション業界の方が特に多く滞在。何人か日本のデザイナーの名前を聞いたが誰一人知らない。ロンドンで活躍していても日本には伝わらないんだなぁ。
IMG_9911.jpg
最後は24時間営業のベーグルショップでベーグルを購入してホテルに戻る。いやー、今日は沢山歩いた。。

Diary | 2007-09-26 | パーマリンク | コメント(0)

イギリス出張三日目、大ボス帰ってひとりぼっち。

イギリス三日目だ。やっとこさ慣れてきて、飛行機着陸時から上手く抜けていなかった耳も大分聞こえるようになってきた。
今日のお昼で大ボスは異国に旅立つので、午後から金曜日までリアルドラゴンクエストが今年三月の山口県は下関以来復活する。
ちなみにリアルドラゴンクエストというのは、その日その場で会ったり聞いたり得た情報で目的を達成する旅の事を言う。まだ下関では会ったり聞いたり得たりする情報が日本語だったから良かったが、ここはイギリス。TOEIC300点台の実力を存分に発揮しないと。
午前中は大ボスと市内の家電ショップやデパートアップルストアなどの見学。
IMG_9737.jpg
のっけからディスプレイの中のこいつにガンをつけられ不機嫌。なんか目つき悪くね?
IMG_9740.jpg
これがアップルストア。さすがにイギリスだから外は周りとの調和を考えた建物。平日の昼間なのにアップルストアには凄い人だかり。
IMG_9746.jpg
IMG_9747.jpg
途中たまたま開放されていた教会を見学。パイプオルガンが荘厳だった。人生で一回は弾いてみたい楽器だなぁ。
IMG_9749.jpg
世界最古のオークション会社、サザビーズのオフィスの前を通って、
IMG_9754.jpg
背広の語源であるSAVILE ROWへ。道の名前なんだね。ここは沢山の仕立屋さんが並んでいた。ここで作るとそのお店がつぶれるまで型をとっておいてくれるらしい。メーカーとして勉強できること沢山あるんだろうなぁ。
IMG_9760.jpg
大ボスとのイギリスでの最後のランチを和食で終えて、大ボスとお別れ。いよいよ社会人になって初めての海外でひとりぼっち。しかも、遊びに来たわけではなく仕事で来ているのできちんと業務を遂行しないといけない。すっげーー不安だ。
とりあえず、小学校の同期生の紹介でメールのやりとりをさせて貰った英国在住の日本人ギタリストに電話をしバスで会いに行くことに。
IMG_9761.jpg
3.5£と自動販売機に書いてあったので、2£投入してチケットを買ったらお釣りが出てこない。後で判明したのだけど、お釣りはでない物らしい。凄いぞイギリス。
バスで1時間ほど揺られて終点で降りる。再度電話をしてギタリストな彼と合流。すげー感動。今日は、彼の友人のエンジニア宅でレコーディングをしているらしい。
IMG_9772.jpg
曲を聴かせて貰った後、さらに何人か合流し、イギリスでの音楽活動や、何故楽器を始めたのか等のヒアリング。全てギタリスト的な彼が通訳をしてくれて、1時間以上に及ぶヒアリングが滞りなく終了。
一回ホテルに戻り、夜は合唱隊時代の友人が銀行に勤めているのだが、この度イギリスに転勤になったので、その友人にイギリスの普通のサラリーマンの人を集めて貰いヒアリング。
一回ホテルに帰った際、メモリーカードをパソコンに入れっぱなしのままカメラだけ持ってくるというありがちなやってはいけないミスをしてしまい、写真が全くとれなかったのホテルまでの帰り道がとっても雰囲気が出てて悔しすぎた。
IMG_9786.jpg
IMG_9791.jpg
IMG_9792.jpg
わざわざホテルに帰って、メモリーカードを差してお散歩してきましたよ。なんか、素敵な町並みでした。
こんな感じで三日目が終了。

Diary | 2007-09-25 | パーマリンク | コメント(0)

イギリス出張二日目、街は何処を切り取っても絵になる。

生憎の曇り空が広がるイギリスで迎える初めての朝。
フロントに降りると大ボスが既に待っていた。上司を待たせる駄目な部下ですわ。
地下鉄を30分ほど乗り継いで、ロンドンにあるオフィスに向かう。イギリスの天候は一日に四季が詰まっていると言われるほど天候が変わりやすいらしい。そういえば目が覚めた時は、窓を叩く雨音がしていた気がした。
打ち合わせを終え、大ボスは先に次の会議会場へ。私は一人ロンドンオフィスの方に連れられてパブでランチ。
IMG_9699.jpg
こんなに味が濃そうなのに味が薄いハンバーガー。これにドリンクで15£を超える。つまり、3,000円近いって事だ。人生でハンバーガーに塩をふるという経験は初めて。
オフィスに戻り、オフィス内を案内して貰った後、大ボスが会議をしている会場に移動。
ロンドンの地下鉄はZONE1,2,3,4….とZONEで区切られており、ZONEをまたぐと高くなる。往路で使った駅はZONE3だったのだが、ここから15分くらい歩けば、次の会場に近いZONEの駅に行けるからそこまで頑張れば?と提案をいただいたので歩くことに。
IMG_9696.jpg
オフィスを出ると、朝の曇り空が嘘の様な快晴。
IMG_9705.jpg
こんな気持ちが良い道を、右手に銀行が有って左手に写真の現像屋がある道を左に曲がってさらにまっすぐというだけの情報を頼りに歩いていく。
ロンドンの街を歩いていて気が付いたこと。駅の近くには必ずと言っていいほど花屋さんがある。しかもこじんまりとしている訳ではなく、どっしり花を売っている。そして、大きな道に面しているお店は花をふんだんに利用してデコレートしている。
IMG_9688.jpg
IMG_9701.jpg
IMG_9704.jpg
こんな感じ。ツレがお花を習っているので、テーブルの花とか日本で良く気にするようになったけど、こっちの花の使い方は自己主張が強い。でも、歩くのが楽しくなる。
IMG_9706.jpg
どうにか駅に到着し、TUBE(こっちの電車のことかな?地下鉄なんだけど地上も走ってた)に乗り会議会場へ。
IMG_9707.jpg
約束の時間まで時間があったので、大ボスから教えて貰った駅よりも一駅手前で降りる。駅から出たときに青空が広がっているのはとっても気持ちがよい。地図も持っていないのに、歩き出す。会場がどの道に有るのかを知っているので多分着くだろうと思ってのこと。
IMG_9711.jpg
なぜならば、ロンドンは全部の道にこうやって名前をつけて案内してくれている。どんなに細い道でも、たとえ見た目50メートルくらいしか無い道でも、きちんと名前が付いている。
IMG_9710.jpg
このシアターの隣にアポロシアターもあるんだけど、ほぼ毎晩ミュージカルをやっているみたい。この劇場はマクベスをやっている模様。
会場に到着したけど約束の時間よりまだ早いので、SoulSwitchでも特集した会社同期の西堀氏が作ったTENORI-ONがイギリスで先行発売され、とあるレコード店に展示されているという情報を聞きつけたので取材にいってきた。
IMG_9715.jpg
小さなレコード店だけど、一人の若者が熱心にTENORI-ONで遊んでたわー。本当に頑張って作っていたので、こういう姿をみると感無量ですな。
IMG_9716.jpg
お店の入り口にもTENORI-ONのポスターをどんどんと貼ってくれていました。まだ、全世界でイギリスのみ、しかも数百台しか出回ってないこの楽器。これからどうなるのか楽しみ。
大ボスと合流し、会議会場でもある楽器店チャペルの中を見学。
IMG_9720.jpg
これまた世界で10台しか無い、エルトンジョン直筆のサインが入った真っ赤なピアノを撮影。これ、やっぱり可愛いなぁ。
その後、大ボスとロンドン市内の楽器屋を視察。10店舗ぐらい回ったかな。最後に行ったturnkeyが一番日本の楽器屋に近い品揃えだった。後は高い、メンテナンスされてない、とちょっと残念。
IMG_9728.jpg
楽器は高いのだけど、メンバー募集は沢山!この壁の後ろまで全部メンバー募集の紙が貼ってあった。どんなバンドなんだろう。
一回ホテルに帰って荷物を置き、大ボスと共に夕食へ。
IMG_9734.jpg
かなりお店を選んで、お客さんがそれなりに入っていて良さそうなイタリアンに入ったんだけど、出てきた料理がこれ。奧が大ボスが頼んだパスタ。私のはチーズの牛カツレツみたいなやつ。これで、ドリンクと合わせて25£近く。6000円ぐらい?高いわー。。
IMG_9735.jpg
ロンドンナイトはミュージカルという言葉を何度か聞いたので、前に日本でも新宿コマ劇場にて行われていたWe will rock youを見る。
いやー、台本はひどかったけど、最後の15分でもってったわー。途中何度か意識が飛びそうになった。でも、内容大体分かった。私ってば英語いけるかも。

Diary | 2007-09-24 | パーマリンク | コメント(0)

イギリス出張初日、地下鉄初乗り972円。

大ボスと共にイギリス出張が決まったのが今月頭。
サラリーマンになってから海外には行ったことが無い。パスポートを探すのも一苦労だったけど、日本以外の気候とか勝手もわからんし、何より英語が皆さんご存じの通り殆ど喋れない。
しかしながら、最近英語嫌いから、英語勉強しようモードになってることは確かなので、空からそろそろ英語やりなさいという指令が降ってきたんだなぁと前向きにとらえイギリス出張へ。ちなみに日程的にほぼ丸3日一人行動。 まぁ、生きていけるだろう。
イギリスと日本の時差は8時間。日本の午前8時がイギリスの午前0時。だから、23日の11:40に飛行機が出発して、11時間半フライトして日本時間の23時に到着、そこからマイナス8時間なのでイギリス時間的に23日のお昼の3時に到着。
飛行機の中では、とりあえず靴と靴下を脱いでスリッパに履き替え、前の座席の下に置いたら、最初のドリンクサービスで見事に前の方がリンゴジュースをこぼして下さり、僕の靴下は何とも言えない甘いリンゴ臭がただよっている。
IMG_9672.jpg
なんか周りでくすくす言ってる人がいるなーと思ってたら、ビデオプログラムの中に松本人志のすべらない話が入ってた。何回か見たビデオだったけど、もう一回見たらやっぱりくすくす笑っちゃったわ。お笑いってすげーなー。
空港から駅は地下鉄。4£(ポンド)。
IMG_9673.jpg
成田空港で両替した時は1£=243円だったので、地下鉄初乗り972円ですよ。ま、コレで20分ぐらいの距離乗れたのでこっちは良しとしよう。
IMG_9674.jpg
駅はなんか昔の建物感が漂っていて良かったのですが、立ち食い回転寿司が出来てましたよ。しかも駅の構内のオープンエアーな場所に。日本でもこんなスタイル見たこと無い。
一回ホテルにチェックインして、大ボスとイギリスデート。数十年前にイギリスに住んでいた大ボスはスタコラスタコラ歩くのですが、東京でラブリーTAXIな生活をしている私には発狂死そうな歩数。
多分、地下鉄の駅で言うと、5駅間分くらい歩いたはず。しかも、飛行機降りてから左耳が耳抜き出来ておらずずっと詰まった感じ。
日曜日は何処のお店も18時に閉まってしまうので、中華街に行こうと地下鉄へ。こちらも4£。しかも、乗った距離は中目黒→恵比寿位。徒歩で行けるぜ。
IMG_9684.jpg
迷いまくって中華街に到着。夕食は一人20£。大戸屋の定食を少しパワーアップした位なのに5,000円。すげーぜイギリスの物価。
帰りはタクシーを拾ったのだけど、6.8£。間違いなく交通手段としてタクシーが一番安いな。

Diary | 2007-09-23 | パーマリンク | コメント(2)

ライブハウスの人って普段何してるんだろ。

今日は休日出勤。原宿オフィスの地下スペースでシューティングがあるので立ち会い。
とはいえ、ずっと立ち会ってる訳でも無く、オフィスに戻って考える系の仕事をする。
っが、それも集中力は続かない。だって、本来休むべき土曜日だもん。
っが、出勤時間は午前9時から午後9時半まで。
クーラーつけてたら風邪ひいたみたい。失敗。
ってか、ライブハウスの人って毎日こんな感じなんだろうなぁ。私みたいに他の仕事が有る場合はともかく、ライブハウスの人の仕事ってなんなんだろう。だいたい副業とかあるのかな。
今度聞いてみよう。

Diary | 2007-09-22 | パーマリンク | コメント(0)

後輩にランチをご馳走して貰う@原宿 南国酒家

直接大学はかぶってないが、友人を介して知り合ったThe資本主義な金融人な後輩と仲良くしている。仕事の世界は殆どかぶらんけど、中々考え方が柔らかくオフィスが相当近くにあるので時々ランチをしている。
久しぶりにランチのタイミングが合ったので中華を食べに。真っ昼間からコースを食べるテンション。その名も、「紳士・淑女に贈るお昼のコース」。
いやー、満足。細かく書いてあるメニューを貰ったんだけど無くしちゃったので、写真と一言。
IMG_9661.jpg
前菜。鶏肉とニンニクの芽とピクルスだったかな。The前菜でしたよ。
IMG_9662.jpg
スープ。でら美味い。このスープの時は無言ですがな。蟹肉とえのきとフカヒレかな。
IMG_9663.jpg
ホッキ貝と季節野菜の炒め物だったはず。ちょっと油分がつよかった。
IMG_9666.jpg
シュウマイと餃子。一個ずつじゃたりんわー。
IMG_9667.jpg
牛肉とエリンギとタケノコの炒め物。この味付けは好きだなぁ。醤油ベースなはずだけど。。なんじゃろ。
IMG_9668.jpg
固焼きそば。正直この前の料理でお腹一杯。。っが、頑張って食べてみた。この後、デザートの杏仁豆腐が来て、
IMG_9669.jpg
最後にお茶が来てご馳走様。これで3,150円。コストパフォーマンスは良いと思う。非常に満足。
後輩ってば私が誕生日なのをmixiで知ったらしく、電話で外に出たタイミングで支払いを済ませてくれていた。ご馳走様でした。

Restaurant&BAR | 2007-09-21 | パーマリンク | コメント(0)

誕生日プレゼント。

誕生日プレゼントを選ぶのは楽しい。
なんかねうきうきどきどきで、相手が喜ぶであろうモノを想像しながら購入する。
っが、渡したときの反応が微妙だったりすることもある。下手すると同じモン持ってたりすることがある。特にCDとかね。
っで、もう勝手知ったる関係なら、誕生日プレゼントは財布が自分で欲しいモノを相手に選んで貰うのが一番いいんじゃねえかという結論を出し、今回誕生日プレゼントを自分で選んでみた。
で、誕生日当日に購入し、本日完成したので取りに行ってきた。
IMG_0035.jpg
マジかわいくね?
須田的には久しぶりに色が入っていない眼鏡です。この眼鏡が完成したので、同時に前に使っていた999.9の眼鏡のレンズを交換。冬スキー用に濃いめの色に変更。これまた出来るのが楽しみ。
しっかし今年は長く使えるモノをプレゼントに頂きました。皆さん本当に本当に有難うございました。いよいよ来年30歳ですわー。

Diary | 2007-09-20 | パーマリンク | コメント(0)

熱い大人。

SoulSwitchプロデューサーに紹介された偉い立場にいるのに熱く且つ動きが超機敏な大人な先輩と初めて夜の席を共にした。
やべー。
帰宅しても興奮冷めやらず。
多分、仕事で絡むことが近々出来そうなので凄く楽しみだ。

Diary | 2007-09-19 | パーマリンク | コメント(0)

根本美緒写真集と同期とサシ飲み。

仕事が遅くなったり、はたまた平日から朝までコースで呑んで帰宅して、風呂入って寝る前にテレビをつけると、朝から元気に天気予報をしている同期生がいる。小学校の同期生で、且つ、合唱隊で世界を一緒に回ってた友人だ。
大学卒業と同時に、東北のテレビ局アナウンサーになったのだが、気象予報士の資格を取って独立し、現在は朝ズバ!をはじめとして多方面に活躍している。
って、堅苦しい紹介だが、私からしてみたら小学校からの仲間であり、さらには親同士が同期生だったりするもんだから、付き合いは相当長い。
彼女は午前2時に起床して、午後8時に寝る生活なので、ミーティングをするのはお昼時しかない。私たちにとってのランチが彼女にとってのディナーみたいな物である。
赤坂でランチミーティングの約束が有り、早めに着いたので近くの本屋でぶらぶらしていると、蒼々たるメンバーの写真集の中にこれからミーティングする相手である美緒の写真集が売っていてただただびっくり。まさかこの年になって同期生の写真集が売り出されるとは思ってなかったので思わず購入。

根本美緒フォトブック「ソウルスケッチ」 (DVD付き) (ねもたび 1)
根本美緒フォトブック「ソウルスケッチ」 (DVD付き) (ねもたび 1) 長屋和茂

ワニブックス 2007-09-06
売り上げランキング : 47746

Amazonで詳しく見る by G-Tools

合流後、写真集出すなんて言ってなかったんじゃんよーと文句を言ったら、ちゃんとブログに書いてあるわよと返事。ってか、美緒がブログをやっていた事すらしらん。
根本美緒のブログを見る→http://ameblo.jp/nemolog0210/
しっかし写真集の名前が「ソウルスケッチ」なのにはびっくり。一瞬、ソウルスィッチに見えなくもないべ?
IMG_9653.jpg
中を見るまでびくびくだったけど、中身は肌の露出が有るわけでもなく、美緒と一日韓国をデートした気分になれる写真とエッセイが詰まった本ですわ。普段私や他の同期生が見ている美緒とは全然違う表情だったりいつも通りの表情だったりですが、良かったら見て上げて下さいな。
で、オフィスに戻って仕事後、浜松から同期が出張に来ていたので夕食を一緒にとることに。何食べたい?と聞いたら「鳥!」と返事が来たので、偶然にも美緒のお父さんがオーナーのお店、「乃木坂 草庵」を予約して貰い一路乃木坂へ。
鳥料理 乃木坂 草庵
http://www.nogizakasouan.com/
〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-29-B1F
TEL 03-5413-7661

IMG_9655.jpg
美味しい鳥鍋を同期にご馳走になり、
IMG_9656.jpg
美緒パパであるオーナーからワインをご馳走になり、幸せなディナーを楽しみましたわ。結局、話は尽きず、西麻布に移動して終電終わるまで呑んでたけど。
ごんちゃん、美緒パパ今日はごちそうさまでした!

Diary | 2007-09-18 | パーマリンク | コメント(2)

29歳になりました!

皆様、暖かいメッセージを、Greeやらmixiメッセージやら携帯メールやらPCメールやら直接電話やら、ホントに多種多様な伝達手段で頂き有難うございました。
間違いなく1年で一番携帯のメールを受信する日なのですが(多分、2番は年越し)、今年は例年から携帯メールが減り、Greeの寄せ書きも減り、圧倒的にmixi直接メッセージが多かったです。皆さん、ミクシーの住人ですなぁ。
誕生日当日は、凄く平和に過ごしましたわー。
IMG_9637.jpg
イルカみて。
IMG_9643.jpg
マンタみて。
IMG_9644.jpg
爆睡してるマンボウみて。
IMG_9648.jpg
変装してるアシカみて。
IMG_9650.jpg
お寿司屋さんでほおずき食べて。
IMG_9651.jpg
たまたま恵比寿にいたマブダチ修&晶&ヒトミッチェルにサプライズお祝いをして貰って。
こんな誕生日でした。
そう、ほおずき!!!!
オレってば、ほおずきが食べれるモノだと知らなかったですわ。むちゃくちゃ美味しかった。なんか、新手の果物ですよ。アセロラみたいな感じ。はまりそうだわー。
というわけで、来年には30歳になりますが、今後ともよろしくお願いします!

Diary | 2007-09-17 | パーマリンク | コメント(4)

フレンチ Ohara's@五反田

誕生日イブである。
オカンがご馳走してくれるというので、五反田にあるフレンチ「Ohara’s」を予約。幸いなことに二日酔いからも無事卒業できていたので楽しみ楽しみ。
レストラン名 Restaurant Ohara’s
TEL 03-5436-3255
FAX 03-5436-3255
料理タイプ フランス料理
住所 東京都品川区大崎5-4-18朝日プラスチックビルB1F
お店は携帯が圏外なビルの地下一階。白を基調とした中々清潔な感じ。
私はシェフオススメのコースにコンソメスープを追加し、オカンは旬のコース。
IMG_9622.jpg
チャームはサザエ。アルコールが無かったらちょっと味が濃いかなという感じ。しかしちゃんとシャンパンを頼んでいたのでぴったり。
IMG_9623.jpg
オカンのコースの前菜。ホタテとキノコのソテー。普通にこれとライスでお腹一杯になるくらいの前菜。現にオカンはお腹一杯になっていたw
IMG_9625.jpg
私の前菜はフォアグラとイチジク。フォアグラは新鮮だったけど味に深みが無かったかな。でも、イチジクとその上のソースとの相性は良かった。
IMG_9626.jpg
これ一杯で2,100円のコンソメスープ。そんだけの値段を取るんだから美味しいのだろうと思ってコースとは別にオーダー。オカンのコースにはニンジンの冷製スープが入っていた。
で、味は、、期待以上に美味しかった。これは本当にお気に入り。
IMG_9627.jpg
私のコースは魚と肉が両方でる。魚は鯛のソテー。上にのっているゴボウが中々味を主張していて、結構大味。手は混んで居るんだけど、これでお腹は相当ふくれる。
IMG_9628.jpg
オカンはメイン一皿で太刀魚のソテー。
IMG_9629.jpg
で、最後がカイノミのステーキ。お肉はとっても美味しかったのだけど、魚と煮た感じのソースでちょっと残念。
トータル美味しかったし、フランスで出会って北海道で13年そして五反田で6年一緒に公私ともに寄り添っているドイツ人の奥様が心地よいサービスをしてくれていて暖かい気持ちになれましたわ。シェフは還暦を超えたらしい。
若いシェフが作る創作的なフレンチに慣れていると、Ohara’sの料理は物足りないとか繊細さが足りないとか感じるかもしれないけど、これはこれでとっても楽しめるフレンチだと思う。オカンごちそうさまでした。

Restaurant&BAR | 2007-09-16 | パーマリンク | コメント(2)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧