理想的なホームパーティーにおよばれしました。

いやねぇ、先に今日言いたい事を書くと、
「こんなホームパーティーが出来る家と家族をもって素晴らしい友人が集まる旦那さんになりたい!」
これに限りますな。

7/10に友人が理事を務める研究会にて講演をしたんだけど、その時に紹介されたよーこさんこと坂之上洋子さんのホームパーティーにおよばれした。

今日のゲストは音楽関係中心で、New York Symphonic Ensembleの常任指揮者である高原さんと奥様、なんと話をしてみたら今後一緒に仕事をする可能性が特大な事務所経営者Yさん、よーこさんとも高原さんとも関わりがある衆議院議員の秘書をしていて且つ超偶然にも私の高校の後輩で前に面識があるYさんという方々。

よーこさんが高原さんをインタビューした記事を見る。
http://www.namikiteru.com/business/interview/backnumber/06/index.html

二部屋をぶち抜いたくらいの広さがあるリビングダイニングでよーこさんの手料理を振る舞って貰ったんだけど、タコのマリネから始まり、野菜の煮物、生春巻き、そしてタイカレーにデザートはバナナケーキとアジアンテイストな料理どれも絶品に美味しい!

特に生春巻きは、他のお店でよく食べる生春巻きとベースは一緒なんだけど、そこに塩味が強くそれでいて嫌みじゃないテイストの豚肉が入っていて、その塩味アクセントが凄く生きてるんだわ。たった一つ味が増えるだけでここまで変わるのね。

タイカレーもレモングラスだけではなく、実際にレモンを搾って入れてるらしく、辛いんだけど爽やかなテイストで、大至急お代わりさせて貰いました。ライスにはひよこ豆も一緒に炊いてあって、この豆もポイント高いです。

私とYさんでワインを5本持ってきたんだけど、凄い勢いで空いていった。しっかし皆さん頭の回転が早くて話も面白い。高原さんは日本の音楽雑誌には絶対記事を書かないでくれと言って居るんだって。ああいう記事は若手の為に使うべきだとおっしゃってた。

後は、子供のためのコンサートの話とか、インタビューの話とか。いやはや為になるお話を沢山していただきました。そして、よーこさんと旦那さんのホスピタリティーにも大感謝。本当に居心地が良い空間。

食後はよーこさんの愛娘さんと一緒にお庭で花火。今年初花火かも。3歳なのにできたお子様でびっくり。

ナンダカンダで1時過ぎまで長居してしまいました。よーこさん本当にありがとうございました。こんなホームパーティーを開ける家庭でありたいなぁと思いましたわ。

Diary | 2007-08-04 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2007/08/post_683.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧