S50cといつものカメラの比較。

昨日のエントリーでひたすら撮影の為の準備を書いたS50cだが、勿論、撮影もきちんとしている。設定の方法が非常に分かりにくかったり、OKボタンと決定ボタンが違って、さらには決定ボタンがシャッターボタンであるという、既存デジカメのユーザーインターフェースを完全に無視している導線など、突っ込みどころは満載なのだが、今日の日記は出来上がりの画像に特化してみる。
まず、私が普段使用しているカメラの書いておくべき点を書いておこう。昨年の11月に購入して以来、最近では雑誌見開き用の写真ですら一眼レフを使わずにこのカメラで撮影した写真を使っているくらい相棒となっているCanon G7だ。
CCDも1/1.8と大きく、高感度の撮影でもノイズが少ないのでかなりお気に入りである。このカメラはボディーも大きく、コンパクトカメラとは言い難い製品だ。気軽に撮るというよりかは、きちんと身構えて撮るようなカメラである。この点からも、今回のS50cとはターゲットも中身も違う製品である事は前提として知っていて欲しい。
さて、まずは先日の花ちゃんのライブで撮影比べした写真達だ。上がS50cで下がいつものである。
DSCN0047.jpg
IMG_8483.jpg
DSCN0048.jpg
IMG_8484_.jpg
DSCN0050.jpg
IMG_8485.jpg
ホワイトバランスはどちらもオートなので、現像過程における色表現の違いで、S50cの方が茶色く現像されている。色味はホワイトバランスを適宜変えれば好みの色になるだろう。
3万円前半のコンパクトデジカメと考えれば、合格点をあげて良い画像かな。しっかし、オートフォーカスがシビアだ。ピント合うまでにいつものデジカメの3倍くらいかかる。ウィーンウィーンウィーンやっと合うみたいな感じ。
明日は、同じく今回のブログマーケティング会議に参加している友人とお散歩に行く予定なので、このカメラで自然を撮ってこよう。

Pictures | 2007-05-04 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧