グレゴリー・コルベール『ashes and snow』とナイトミュージアム

相変わらず咳は出るけど、それでも回数は減ったし食欲も戻ってきた土曜日。
休みなのにお昼前に起床して空気を入れ換える。今週は風邪菌を沢山部屋に蓄えたので、布団も干して、枕カバーからシーツ代わり使っている薄い毛布から全部洗濯。大分部屋がすがすがしくなった。
おやつの時間に家を出て、六本木ヒルズで開催されていたときに見よう見ようと思っていたのに見られなかったグレゴリー・コルベールの展示を見にお台場まで。
IMG_8393.jpg
先月、お台場にて勢いで観覧車なんぞに乗ったんだけど、上からこのコンテナ積み上げた物体をみて、東京デザイナーズウィークの名残だろーとか話してたんだが、全然違ったわw
グレゴリー・コルベールがなんだか分からん人は下記のページがわかりやすい。
フジテレビの説明ページを見る。
http://www.fujitv.co.jp/events/art-net/go/425.html

本家本元のサイトをみる。
http://www.ashesandsnow.org/jp/

とりあえず、中のプリントは素晴らしかった。
————————————————
グレゴリー・コルベールは人間と動物が交流する究極の瞬間を、フィルムに収めつづけるアーティストです。手つかずの土地と、人間と、動物。分かち合った瞬間の体験を鮮やかな思い出のように、すべて350×250cmの大きさで、いずれも一切の説明文などを設置せずに展示されます。
————————————————
ってサイトに書いてあるんだけど、全く説明文の必要が無い写真。この大きさが持つ説得力も有るんだろうなぁ。
写真集が欲しかったのでamazonで買おうかと思ったんだけど、mixiで今回の展示の日記を調べたところ、この会場で買うときに館長らしき人の前で悩んでるそぶりを見せるとおまけを付けてくれるらしいことが判明。
IMG_8401.jpg
結果、それぞれ6,800円のDVDとポスターがおまけで付きました。あり得ない。30,400円分を16,800円でお買いあげ。英語で色々言ってくれたんだけど、ストラテジーという単語が飛び出していた。どうやら、週末に人を集める為に、週末だけおまけを付ける戦略らしい。ようわからん。まあ、元々買うつもりだったものだから、DVDのおまけはとても嬉しい。ポスターは大きすぎで貼る場所がないわぁ。
IMG_8389.jpg
美術館を出ても良い天気。ゆっくりひなたぼっこでもしようかと思ったけど、風が出てきて少し肌寒い。こいつはどっかでゆっくりした方がいいなぁと急遽映画を見るモードに。携帯で調べたら30分後からナイトミュージアムがやるらしい。大至急移動。
nmusium.jpg
見た。笑った。
この映画の監督が仮に宮崎駿だったとしたら、何か裏に意味があるのかなぁとか考えて観ちゃうけど、全然そんな監督じゃないみたい。頭空っぽにして、素直にドタバタハチャメチャドーンを楽しんだわー。久しぶりに映画館で観て良かったと思う映画だったかな。
音楽が良かった。アラン・シルヴェストリという人が担当しているらしい。バックトゥーザフューチャーとかボディーガードとか手がけてるみたい。何となく、ジョンウイリアムスに通じるところがある。ま、映画館か音楽環境が良い部屋で大きな画面で見てくださいな。

Diary | 2007-04-14 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧