2006年皆様ありがとうございました!

というわけで、2006年も無事に終わりを迎えます。
自分的に大きかった事は、やっぱり音楽活動を再開したことかなぁ。
昨年4月末のAquaTreeラストライブから一年八ヶ月ぶりのライブ。まあ、その間に色々悩んだ訳よ。
まず、AquaTreeの解散と時を同じくして、それまでのインターネット関連の部署から1年限定でレコード会社に出向。それまでイメージだけで思い描いていた音楽業界の内部にいきなり入ることになり、音楽を直接数字で換算する世界に入った訳だ。
っで、今年の6月に元の部署に戻るかと思いきや、部署は同じなんだけど違うプロジェクトに入り、今度はプロダクション業務になった。ってか、この仕事をするまでレコード会社と事務所って全く一緒だと思っていたし、実際今の仕事をきちんと説明しないと周りは何が去年と違うの?と言われるくらい普通の生活をしている人には同じに見える仕事なんだわ。
っが、ふたを開けたら違う違う。全然違う。まじで違う。下手に説明すると色々突っ込まれそうだから説明聞きたい人は飲みに行ったときに熱く語らせて貰うけど、まあ本当にレコード会社がアウトプットされたものを商品とするならば、事務所はアウトプットする大元をプロデュースしていく仕事なんだと思う。
っで、ライブとか立ち会うじゃん?もうねぇ、今日のライブのドラマーなんて私の年下な訳よ。だけど、めっちゃくちゃ上手いわけ。もう、どんどんどんどん自分自身が表現をする立場に立つのが怖くなるんだわ。
そんな時に、やっぱツツと出会って音楽をやろうって思えたのは大きかったなぁ。ライブのMCの時に、上手い下手じゃなくてドンだけ好きかやろと言ってくれたけど、あーやっぱり音楽好きだよオレって再確認出来た。その気持ちを大事にするために真剣に練習したし。
後、勿論SoulSwitchも着々と動けた。会社的にそろそろわかりやすいアウトプットを出さないと存続が危ぶまれているけど、自分の中では大丈夫と思っているから大丈夫だと思う。実際に社内に着々と一緒に仕事しようぜ!って言ってくれたり動いてくれる人たちが出てきたことが何より背中を押してくれている。
で、反省。
今年で28歳。今年は体調を崩すことが本当に多くなってきた。やっぱり年って着実に身体に出てくるだなぁ。今まで腸の痛みなんて感じたことが無かったけど、出てきたら少しでも暴飲暴食をすると翌日ずきずき痛む。
来年、早い内に人間ドックに行くつもり。客観的に自分の身体の状況を数値化して見せて貰わないと。会社の健康診断とか内科の診断での血液検査上では全く持っての健康体である数値しか出てこないから痩せなくてもいいやと自分に甘えちゃうんだよね。
って、書けば書くほど出てきちゃうけど、何よりも2006年、今まで仲良くしてくれた人も、新しく知り合った人も、本当に全ての出会いに感謝しています。今の自分が明日も頑張ろうって思えるのは本当に本当にみんなとの出会いがくれるエネルギーのおかげです。
来年も今年の須田英之を超える須田英之で頑張ります。皆さんよろしく!

Diary | 2006-12-31 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2006/12/2006_2.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧