虚勢、見栄、知ったかで得たモノは偽物でしかない。

少なからず私は虚勢を張ったり、見栄を張ったりしている。なるべく素直に格好付けず話をしようとは思っていても、とっさの判断では格好付けてしまうのが私だ。まだまだ弱い。
今日もSoulSwitch Projectのスタッフと夜通しミーティング。結局最後のジョナサンを出たのが午前4時。それでも本当に実が詰まった会話が出来た。最後まで話をしたデザイナーは同じバンドでベースとサックスの関係だし、実は私のプライベートな相談をフラットに受けてくれるお兄ちゃんみたいな存在だ。ライブの機材片付けとか、まあ損な役回りをいつも私と二人でやる感じと言えば分かるだろうか。
その彼が、子供を授かった。それがきっかけの一つだとずっと言っていたけど、出会った頃の彼とは違い一つ一つの言葉に重みが有った。
前のエントリーで言葉は発した瞬間から責任が伴うというエントリーを書いたけど、彼は子供と対峙してから自分の言動ないし全ての行動を子供という鏡を通して見ることで、自分自身の存在に対する責任の重さを感じ、色々考えたと言っていた。その自分自身に対する再定義というか再確認のプロセスを経た彼が発する言葉は、今の彼のありのままの言葉なんだと思う。だから強い。少なくとも私には強かった。
ありのままの自分でいいじゃんってちまたに溢れかえってる言葉だけど、実際本当にありのままの自分を表現できるには、自分自身をきちんと見つめ直さなくちゃいけない訳で、そのプロセスは本気で自分自身と対峙すればするほど沢山の葛藤と反省に溢れた時間になるのが殆どだと思う。
なんで、虚勢を張ったり見栄を張ったりするのかって、虚勢の裏側にある自分自身に対するコンプレックスなんだろうけど、そこを克服するために必要な作用は、第三者から得られるモノではなくて、自分自身の力だけで最後は乗り越えなくちゃいけないわけだ。
結局、虚勢を張ったところで大体はその場で分かる相手には分かっちゃうし、仮にその場はやり過ごせても永続的に虚勢は続かないもんで、相手の気持ちはやがて離れていってしまう。その相手が、他人ではなく自分の子供だとしたらなおさらありのままの自分を見せなくてはいけない。それに気付いた彼の言動は、ひとつひとつの言葉にパワーがあった。
子供に対して、どれだけありのままの自分を見せられるか。それは今後の私の人生に於いて、とても大きな課題だと思う。ありのままの自分が恥ずかしくない、むしろ格好良いと思えるまで、妥協無く人生を過ごすのが一番の対策だけどね。
はい、そこ。子供の前に相手はとか突っ込まないように。

Diary | 2006-10-16 | パーマリンク | コメント(0)

bivattchee 九周年ワンマンライブ@下北沢cave be

久し振りにライブに感動した。
マジで感動した。ってか、感動って言葉がチープに感じるくらい、何かが降りてきたライブだった。
普段ライブは有る程度後ろで会場の雰囲気を見つつ俯瞰してライブを楽しんでいるのだけど、今日は最前列に突っ込んで他のお客さんと一緒にモッシュまでしてみた。
ドンぐらい盛り上がったライブかというと、こんな感じ。


終わった後、耳がぽわーーんとしている事すらwelcomeに思えるライブだった。つつ本当にお疲れ様!

Diary | 2006-10-15 | パーマリンク | コメント(0)

勝手にしやがれLive@日比谷野外音楽堂→フットサル。

朝早起きして、昨日修理に出した車をとりに二子玉川まで。帰宅後スダジオ奥の倉庫を片づけることに。
気が付いたら午後5時。Oh、、五時半に野音で待ち合わせをしていた!急いで出ようと財布を捜すも見つからない。発狂寸前。
なんでか玄関に置かれていた財布を発見して出発、15分遅れで友人と合流して野音内へ。今日は高校同級生のじゅんいちろうがキーボードを務める勝手にしやがれのワンマンライブ。
じゅんいちろうがチケットを用意してくれていたので、てっきり椅子席かと思ったら立ち見席。凄い人でステージが見えなかったので途中でお先においとま。でも、めちゃくちゃ格好良かった。シークレットゲストでエゴラッピンは見たけど、私が帰った後松たか子が出たらしい。
19時過ぎに野音を出て、帰宅して片付けの続きをしようかと思ったが、Tシャツにジーンズ生地の短パン+運動靴だったらフットサル出来るかもと判断し、誘われていたフットサルに急遽参加すること決定。千駄ヶ谷の東京体育館フットサルコートに参戦。
20061014204110.jpg
足は良かったが、ジーンズ生地の短パンでマジ走りをすると股ずれが起きることを学んだ須田英之28歳。お風呂にぬくもったらめちゃくちゃしみたわ。。。

Diary | 2006-10-14 | パーマリンク | コメント(0)

たまには家で夕食を。

今週も自宅で一回も夕食を食べなかったので、週末くらい早く家に帰ろうと21時過ぎに帰宅。
たまに食べる家の夕飯も良いモンだ。
しっかし、食べたら直ぐに眠くなったので23時前に就寝。
おやすみなさい。

Diary | 2006-10-13 | パーマリンク | コメント(0)

中華 南国酒家@原宿

原宿駅前にあるのに今まで行ったことが無かった南国酒家。そういえば小学校の連合同窓会打ち上げは昔ここでやったなぁ。
南国酒家
http://nangokusyuka.co.jp/
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア1F/B1F
TEL 03-3400-0031 0120-7592-15
営業時間 11:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 無休 (12月31日を除く)

IMG_6550.jpg
ランチコースの前菜達。なんかザーサイが美味しかった。
IMG_6552.jpg
もう一つの前菜の青菜炒め物。須田は青梗菜が苦手です。。
IMG_6558.jpg
IMG_6559.jpg
IMG_6560.jpg
メインディッシュ達。上から麻婆豆腐、牛肉と蓮根のオイスターソース炒め、豚肉と牛蒡の炒めもの。前述の前菜とこのメインディッシュのどれかとご飯と杏仁豆腐のデザートで1400円か1700円。
IMG_6557.jpg
担々麺は麺がしゃきしゃきしていて須田好み。
龍の子と殆ど値段も変わらないのに量はこっちの方が美味しいし、何より店員の質が高い。こりゃあ圧倒的に龍の子行く回数が減るなぁ。

Restaurant&BAR | 2006-10-12 | パーマリンク | コメント(0)

いつのまにか大人になったぁ。

昨年の1月に講師をしたAcademediA以来、私に興味を持って下さっている一つ上の友人と、その彼女さんと食事をすることになった。3人は数が悪いので、最近本当に久し振りに連絡をとった大学時代の後輩を昨日誘ったところ行きますーと良いお返事。彼女とちゃんとあったのなんて5-6年振りなのでどんな風になっているか楽しみだった。
で、お店はやっとこさ白レバーのお刺身が出るシーズンとなった楽の房@三軒茶屋。
IMG_6554.jpg
あい、お久しぶりの白レバー。チアキーー!やっと食べられるシーズンだよー。
IMG_6555.jpg
もも肉のたたきも超美味。ポン酢と紅葉おろしですよ。歯ごたえも嫌みじゃなくて美味しいわぁ。
で、友人との会話も盛り上がったけど、大学時代の後輩の大人になりっぷりにびっくり。そりゃ、会ったときは18歳だもんなぁ。いまじゃ25歳、考えてみりゃ妹と同い年だ。会話も大人になってるし、おじさん感動したよ。
IMG_6556.jpg
凄く盛り上がってしまったので、またこの面子で集まろうと約束。次はドライブだなー。

Diary | 2006-10-11 | パーマリンク | コメント(0)

どんなにツーカーでもログは必要。

・業務内容のドキュメント化。
・会議の議事録。
・電話で喋った内容でも確認のメールを送る。
とある部署と仕事をしていた時の相手の対応だったんだけど、今のプロダクション業務になってから、なんというかドキュメントに落とし込むことがとっても難しいセンシティブな状況が続いていたので、まあこういう事は怠っていた訳だ。それは、私も他のスタッフも含めて。
で、その結果何が起こったか。
楽しく青山で夕ご飯を食べていたのだけど、23時前にオフィスに戻り、作業をしてメールを送らなくちゃいけないハメになった。
まあ、誰が悪いとかあーだこーだとかではなく、ツーカーだから大丈夫はあり得ないって事だわ。人間なんだからミスはするわけで、ミスをするかもしれないという意識を持った上で大事なところは抑えておくことが本当に大事。まあ、今日はたまたま私がオフィスの近くにいたから良かったけど、こんなまぐれはそうそう起こらん。
ちゃんと明日からは、きちんとドキュメントを残そう。

Diary | 2006-10-10 | パーマリンク | コメント(0)

渋谷ガールズコレクション'06に行ってきた。

タケの家に宿泊させて貰い、お昼過ぎの新幹線で東京に戻り、一瞬家に帰って着替えた後、車で新木場はスタジオコーストへ。
とてもお世話になっているゼイウェルの方に誘われて、私とは似ても似つかない若い子達が沢山の渋谷ガールズコレクションに行ってきましたわ。
IMG_6546.jpg
インビテーションチケットで一応入ったんだけど、ホント凄い人。中でAAAのパスを貰わなかったら、間違いなく10分で帰ってたであろう集客数。VIP席ですら混んでたからなぁ。。
IMG_6547.jpg
16時スタートで21時終了予定だったのだけど、本来休日であるはずの三連休がまじフル稼働だったので帰りたーいと我が儘を言わして貰い、19時半頃撤収。何故か、同じ人に誘われた仲間達も一緒に会場を出た。結局、12人で恵比寿まで異動し夕食。
いやー、、ほんとこの三連休は疲れた。ってか、風邪が全くもって治らん。

Diary | 2006-10-09 | パーマリンク | コメント(0)

ケイゴ&ミキちゃん結婚オメデトウ!

結婚式ラッシュな10月における3発目。リバースエッジにてベースとドラムのリズム隊を組んでいたK5ことケイゴの披露宴@名古屋にお呼ばれしたのでタケと一緒に午前9時半の新幹線で一路名古屋へ。
昨日のまんま&ちえ結婚式→二次会→三次会の流れに乗っていたので新幹線は大爆睡。名古屋に到着後ゆっくり出来るかと思いきや、ヒルトンに直行して会場のライブ機材セッティング。なんとヒルトンの最上階にあるスカイラウンジで生バンドをやっちゃうらしい。しかもロック。
IMG_6484.jpg
15時から披露宴スタート。なんと、今回は堅苦しいスピーチなどを全て排除したらしく、乾杯→ケーキカット→新婦お色直し→新郎お色直しまで35分で終わった。
IMG_6490.jpg
同席したタケとK5の幼なじみはとっても細かったのだけど、なんと25kgも痩せたらしい。すげぇ。まじですげぇ。タケのご実家に帰った後昔のプリクラを見せて貰ったけど本当に痩せたんだーと思えるかわりっぷり。すげぇ。。
IMG_6511.jpg
披露宴最後の演目が、新郎がベースを弾くバンド。約5年振りに復活するエセリバースエッジ。しかもやる曲はMr.Bigのダディーブラザー。間違っても他の披露宴じゃ演奏できない曲だわ。ちなみに、K5のベースはメンテナンス不足で途中で音が出なくなるわ、バスドラのビーターははずれるわ、沢山の思い出を生んでくれた披露宴ライブになりました。さすがK5だよ。
IMG_6521.jpg
二次会は栄にあるHUB。東京には良くあるけど名古屋には少ないらしい。K5が大学時代バイトをしていた先の同僚がこのお店の店長。格安で沢山飲みました。
IMG_6523.jpg
っで、この後、前のエントリーで書いた伍味酉にて3次会を午前1時まで。
いやはや、まさかお前に先を越されるとは思わなかったよ!K5&みきちゃん本当に本当におめでとう!

Diary | 2006-10-08 | パーマリンク | コメント(0)

名古屋料理 伍味酉本店@名古屋

次のエントリーで書くとおり、K5の結婚披露宴出席の為、人生初の名古屋入りをした。二次会のHUB店長おすすめで三次会は名古屋料理が美味しいという伍味酉へ。
IMG_6527.jpg
伍味酉
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-9-13
TEL:052-241-0041
営業時間:17:00~06:00
定休日:無休
平均予算: 3,000円
総席数:250席

IMG_6536.jpg
名古屋コーチンのひつまぶしと奥が味噌カツ串。鶏や肉自体は普通だけど、味噌や出汁が東京では味わえない味。値段を考えると美味しい。
IMG_6538.jpg
名古屋コーチンの手羽先。ひたすら手が汚れる。でも美味しい。ビールが合う感じ。
IMG_6540.jpg
最後まで参加した精鋭面子。既に皆眠いはずだけど、何とも表現できないK5のほんわかオーラにみんな幸せ気分。
また、ゆっくり名古屋にきてグルメ旅をしたいわぁ。

Restaurant&BAR | 2006-10-08 | パーマリンク | コメント(0)

まんま&ちえちゃん結婚オメデトウ!

隣のオフィスでいけいけどんどんなお仕事をなさってるお姉様ちえちゃんが、私のビッグブラザーであるまんまちゃんとご結婚パーティー@エクスレルムカフェ。
IMG_6463.jpg
いやはや、ザ・エンターテインメントな二人の結婚パーティー。いきなり、ウルトラマンは出てくるわ、ブースカはでてくるわの盛りだくさん。カフェボスもいつもよりあげ目のDJチョイス。笑顔が絶えないパーティー序盤。


中盤は地下のステージでヤマハの半導体チームによる携帯電話バンドライブとまんまちゃんがドラムを叩くバンドKEITHのステージ。上の動画を見て貰えれば分かるけど、携帯電話の番号ボタンにそれぞれの楽器をアサインしてライブしてるの。結構練習が必要だし、かといって難しい訳でも無いので楽しそう!
IMG_6479.jpg
最後はスタッフみんなで集合写真。今月実は結婚式披露宴からパーティーまで含めて6本も有るんだけど、殆どがスタッフないしは演奏者なんだよね。ほぼ週末が無いけど、これはこれで幸せな二人を見れるからハッピーです。まんまちゃん、ちえちゃんご結婚オメデトウ!

Diary | 2006-10-07 | パーマリンク | コメント(0)

あかとんぼ by 大島花子 & ももかん

花ちゃんと連絡が取れて、昨日のライブ動画の掲載許可を貰ったので載せマース。


実は私にとって赤とんぼは超思い出の曲なのだ。小学校6年生の音楽会でみんなの前で独唱した曲がこれ。あの頃の思い出がぱーーーーっと思い浮かんで懐かしかった。
ももかんさんのギターもいいかんじ。こういうコードワークは勉強してないから、勉強しよう!
大島花子ホームページ
http://www.hanakocafe.net/

ももかん
丸山ももたろうさんホームページ
http://shonan.cside1.com/index.shtml

石井完治さんホームページ
http://www.ne.jp/asahi/guitar/kanji/

Songs | 2006-10-07 | パーマリンク | コメント(0)

良い天気は誰が決めたの?

昨日の暴風雨とはうってかわって良い天気。でも、風は強い。
で、なんでこんな時間にエントリーかって、昨日行われた花ちゃんのライブで、花ちゃんがMCで言っていた言葉、
「晴れの日がいい天気ときめたのは誰なんだろう」
が、凄く胸に残っていたから。
そーだよなー。晴がいい天気って誰が決めたんだろうな。干ばつ地域の人からしてみたら雨は超良い天気なんだろうし。
って、世の中、それが当たり前って思いこんでること多すぎるよな。
さて、実はただいま、隣のオフィスのちえちゃんとまんまちゃんの結婚パーティー真っ最中。原宿オフィスの一階カフェでやってるからオフィスで一休みをしております。あ、ウルトラマンだ。

Diary | 2006-10-07 | パーマリンク | コメント(0)

歌声喫茶。

おまえ台風だろこれ!と突っ込みたくなるような暴風雨の中、有明にて行われているレコーディングに立ち合い、神保町で打ち合わせをして、西麻布はHOUTOKUのショールームへ。
先日朝プロジェクトにて知り合った大島花子さんに誘われたので、十五夜パーティーと題されているイベントにて行われるライブを見に来た。
IMG_6456_.jpg
ももかんというユニットの方が伴奏をして、花ちゃんが歌うアコースティックなライブ。上を向いて歩こうや見上げてごらん夜の星を等、お父様の名曲をおおらかに歌う花ちゃんに感動。花ちゃんが歌った赤とんぼを動画で録ったので花ちゃんのOKが出たら公開します。超良いよ。
IMG_6459.jpg
終わった後は、地元に戻って、私のお師匠さんであるNY在住のカメラマンたかはしじゅんいちさんと、フィラデルフィア在住の家具デザイナー塚田恵三さんと、私と友人の4人でVeritasにて軽く食事。
みんなホワイトマンという団体に属していたりそれを介して知り合ったんだけど、なんだかんだで知り合ってから3年近く経ってるんだねーと会話。じゅんさんは急遽入った仕事をしに自宅に戻って作業、その間に反省会を終えた花ちゃんが合流してくれて、じゅんさんも戻ってきて、談笑をした後、最後に私がギターを弾いて花ちゃんと見上げてごらん夜の星をと翼をくださいをデュエット。すっっげーーーーー気持ちよかった。次回は歌本持ってくるー!と花ちゃんも言ってくれたので楽しみ!是非次回は来てくださいな。

Diary | 2006-10-06 | パーマリンク | コメント(0)

発した言葉はそのまま自分に返ってくる。

SoulSwitchのメンバーと会食。もうスタートしてから2年近く経っているのにガチンコで話したのは初めて。今まではディレクターに頼っていた部分も有ったし、借り物の言葉じゃなくて自分の言葉で喋る自信が無かった部分も有ったので直接話をすることは業務上必要な事以外少なかった。
ただ、自分自身がやりたいこと。会社に属している人間としてやるべきこと。そして、何よりも動き出しているSoulSwitchのプロジェクトメンバーの統括として想いを伝えることは重要だと想い話をすることにした。
SoulSwitchのコアメンバーは、社内を除いてそれぞれのポジションにスペシャリストをそろえている。肩書きで言うとディレクター・コンセプター・編集全般・ライター・デザイナー・レタッチャー・カメラマンだ。それぞれがそれぞれの分野の第一線で活躍している。コンセプターで言えば国レベルの仕事をしているし、編集全般の人は誰もが知っている映画にもなった本を日本に持ってきた人だし、カメラマンの人は今をときめく俳優から大手企業のカレンダーまで幅広く仕事をしている。普通に仕事を頼めば、正直支払いきれない額で普段の仕事をしている方々だ。
それでも、そんな方々の熱い想いを共にしてSoulSwitchは動いている。ってか、SoulSwitchってそもそもなんなの?って良く聞かれる。それに関しては、本家のSoulSwitch Blogで書こうと思う。約2年を費やして、やっと借り物じゃない自分自身の言葉で人に話しても大丈夫と思えるようになった。
今日は、この約2年をきちんと振り返り、反省をし、さらに私自身が今後どう動きたいかを逃げずに本心で話した。
自分自身で発した言葉は、発した瞬間に責任が伴う。コンセプターが良く言っているのは、
「発した言葉はそのまま自分に返ってくる。支配をすれば支配されるし、攻撃すれば攻撃される。本当に愛せばきちんと愛される。」
という言葉だ。いつも念頭に置いている。人を支配するのではなく、尊重して想いを伝える。社会的な上下関係とか年功序列とかは勿論あるけど、そんなベクトルではなく立場関係なく相手を尊敬して想いを伝えることが重要なんだと思う。
自画自賛になっちゃうかもしれないけど、私にとっては社内の上司や同僚含めて、SoulSwitchに関わってくれているスタッフは本当に最高の人達だと思う。
私がやりたいことは凄く単純。今つとめている会社は素晴らしい楽器を作るメーカーなのに、中高生から若手社会人までのいわゆるトレンドを作る世代にほとんど使って貰えないブランドにおいて、若者が胸張ってこの楽器は最高の楽器なんだぜ!って言える楽器を作ること。メルセデスベンツにAMGやケーニッヒやロリンザーが有るみたいに、うちの会社にカスタムデザインブランドがあってもいいじゃんよ。もともと凄く良い楽器作ってるんだから。
手段は沢山ある。ネットも有るし、コミュニティーも有るし、リアルな媒体も有るし、スクールも有る。実際、表に出てないけど同じような想いを持って楽器作ってる人達は沢山いるんだよ!まじで。
こうやってブログに書くことで、私が発した言葉に責任が伴うようになる。おまえ何してんだよって言われるかもしれないし、是非一緒になにかやりたいんだけどって言ってきてくれる人もいるかもしれない。でも、今日の言葉は嘘偽り無い私の正直な気持ち。
アコギ弾いていてギブソンとかマーティン使ってる奴で実際ちゃんとうちの会社のギターを触ったことある人何人いるの?本当にちゃんとうちのギターを弾いてないで、それよりも1.5倍とか高いギブソンとかマーティンとかオベーションとか使ってない?
雑誌とか誰かの受け売りとかで自分が持っているギターがいかに良いか説明しないで、本当に自分の言葉で世の中に発信できる様な時代になってほしいし、そうしたいと思っています。
詳細が詰まったらきちんと書きますが、皆さん12/22の金曜日夜のスケジュールを明けておいてください。須田英之が本当に久しぶりに自分主宰のライブ「須田の部屋 Part2(仮称)」をします。全部で3バンドくらい。既にライブハウスのオーナーとも話をしたし、一緒にライブをやろうといっている友人とも話が付いているので、他のバンドが出なくても二人っきりで2時間歌いきるぐらいの覚悟でブッキングしました。
その友人が良く言うのは、守られてるところからいくら喋ったって何も伝わらんよ。本気でやんなくちゃ人も何も動かんよって言葉です。勿論今までも本気でやってきたけど、今日から2ヶ月半、仕事もライブ準備も本気の本気で頑張ります。実際、このブログもギターを膝の上に書いています←単純な私。

Diary | 2006-10-05 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧