最近買った本と読み返している本。

今日は一日お仕事Dayだったので、最近買った本と、前に読んで最近読み返した本を紹介。
—————————————-

現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来
現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来 見田 宗介

岩波書店 1996-10
売り上げランキング : 5712

おすすめ平均 star
star知性と考察力が試される?
star資本主義の未来はどうなる?
star地球は、今の生活を持ちこたえることができるか?

Amazonで詳しく見る by G-Tools

かなーり日本語が私にとっては難しい本なんだけど、現状の消費とこれから有るべき消費に関して論じている本。もう少し読み込まないときちんと理解出来ないかなぁ。それでも参考になる部分は多数。
—————————————-

ぼくたちの洗脳社会
ぼくたちの洗脳社会 岡田 斗司夫

朝日新聞社 1998-10
売り上げランキング : 10446

おすすめ平均 star
star奇抜な未来予測
star正しい卓見であった
star美しい論理構成と見事な未来予測

Amazonで詳しく見る by G-Tools

上の本の入り口部分をかなり分かりやすく表現してくれた本だと思う。これも1995年に書かれた本だけど、mixiやblogというツールを使って万人が万人として表現をし、その表現を読みたい人だけが読むことによって作り上げられる細かいコミュニティーが沢山あるという現状を予見している本。下のインターネット的と一緒に買った。
もう、絶対多数が一つの商品を買う時代じゃないですよーと。本当に欲しいモノに対しては人はお金を惜しまない代わりに、自分だけとか、ここにこだわっているという商品しか興味が無くなりますよーって本。
—————————————-

インターネット的
インターネット的 糸井 重里

PHP研究所 2001-07-14
売り上げランキング : 81726

おすすめ平均 star
star日本は「フラット」に向かうのか階層社会に向かうのか
star危機感が自分を救う
star自分はクリエイティブな体質であるか、どうか。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ほぼ日の糸井さんの本。最近web2.0という言葉が流行っちゃったもんだから、急に売れ始めたらしい。2001年発行の本だから私が入社した時に売り出されたんだな。確か、入社一年目終わりの仕事が八方塞がりの時に買った気がする。
私が初めて自分のホームページを作ったのが大学1年生の終わり。一応あの頃から毎日webで日記をつけていた。まあ最初の頃は本当にその日の日記を感想文の様に書いていただけだけど。
で、この本では、ちゃんと世界観をもてよーと。で、それは発信する側だけでなくて受ける側、つまり時間やお金を消費する側の人間もきちんと世界観もてよーと。で、きちんとその世界観を主張しろよー(糸井さんは立候補と表現している)と言っている本。
須田的に思うに、この上の本3冊はどれも同じベクトルの本だと思う。難易度的にいうと、岡田先生<糸井先生<<<<<見田先生という感じ。まずは岡田先生の本を読むことをおすすめします。
—————————————-

80対20の法則を覆す ロングテールの法則
80対20の法則を覆す ロングテールの法則 菅谷 義博

東洋経済新報社 2006-02-24
売り上げランキング : 12749

おすすめ平均 star
starマーケティングフローは役立ちます
starコペルニクス的発想
starロングテールの本質を外している

Amazonで詳しく見る by G-Tools

一応、ロングテールって何だろうと思って、梅田先生の本と一緒に購入。だけど梅田先生の本だけで良かったわ。あー、一つだけ前にお仕事を一緒にさせて頂いていたDAJ(デジタルアーカイブジャパン)が載っていたのは良かったな。
—————————————-

禅的生活
禅的生活 玄侑 宗久

筑摩書房 2003-12-09
売り上げランキング : 54825

おすすめ平均 star
starん~
star禅の言葉をわかりやすく解説
star母にもプレゼント

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちょうど去年の今頃買って凄く読み込んだ本。最近疲れていたので久し振りに斜め読みをしたけど、禅の世界観を宗教丸出しではなく日常生活に落とし込める表現で書いてくださっているのでなんか知らんが落ち着く。疲れている人にプレゼントしたい本だわ。
—————————————-

使える 弁証法
使える 弁証法 田坂 広志

東洋経済新報社 2005-11-25
売り上げランキング : 44524

おすすめ平均 star
star内容は薄いが
star現在の動きは、必ず『反転』する
star新しい見方ができますね!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

5月に買った本。そういえば感想を書いてなかった。読んじゃえば、んなもん分かってるよ!って思うことなんだけど、改めて文章にされる事で気づけることが一杯な本。
時代は螺旋階段的に発展していくぞと。螺旋階段っていうのは上から見ていたらぐるぐる同じところを回ってるだけだけど横から見れば必ず上に上がってるぞと。だから、同じところに戻っても何らかの進歩がそこには有るんだぞという事を具体例を挙げて丁寧に説明してくれている本。物作りに携わっている人は読んで貰いたい本だなあ。
—————————————-
あと何冊か有るんだけど、まだ目を通してなかったり、ここに載せても仕方がない本だなあと思ったので又の機会に。
ただ、本を読んだところで、それをかみ砕いて自分の言葉にしない事には結局上っ面だけになっちゃうんだよなぁ。読んでいるときは凄く印象に残っているのに次の本を読んでるうちに抜けてっちゃう。まあ、本当に自分にとって参考になると思ったところは手帳とかにメモってるけど。
とりあえず、最近読んだ本はこんな感じ。そいではおやすみなさい。

Things | 2006-07-18 | パーマリンク | コメント(0)

いまさらFF12をクリアしてみた。

昨日の誕生日会で飲み過ぎた為に二日酔い。
頭がぐわんぐわんするので、今日は久し振りにプレステやろうとスダジオに籠もる。
結果、午前2時過ぎにクリア。
しっかし、これ、かなり長い映画だよなぁ。シナリオもきちんと考えられてるし。凄く楽しめたわ。何はともあれ、久し振りに最後までやりきったゲームでした。
ff12poster.jpg

Diary | 2006-07-17 | パーマリンク | コメント(0)

秘馬さん誕生日おめでとう!

SoulSwitch的ディレクターが14日に誕生日を迎えたので、誕生日パーティー。本人に誰が来るかを伝えていなかったので、一人又一人と増える度に本人サプライズ。
最近、仕事でしか会っていなく、プライベートで過ごす時間が疎かになっていたので、今日はとても貴重な時間。美味しい料理と楽しい仲間達とたっぷりお話しをした結果、ディレクターは一次会で既に就寝。
IMG_5602.jpg
結局、二次会もディレクター宅にて朝まで行われたけど、主役は楽しい時間の続きを夢の中で迎えていた模様。何はともあれ、秘馬さん誕生日おめでとう!

Diary | 2006-07-16 | パーマリンク | コメント(0)

焼肉 北京@平間

IMG_5583.jpg
須田の記憶だと、
・一見さんお断り
・入店時に全員そろってないと入店NG。
・フード注文は始めの1回のみ。
・鉄板交換はナシ。
という、すこぶる敷居の高いお店だった北京だが、たまたま前を通ったら改装されていて、今入れますかー?と聞いたら問題なく入店できた。
というわけで、突発的に北京を食すことに。
焼肉 北京
最寄: 平間
電話: 044-544-1538
住所: 神奈川県川崎市中原区上平間1700-36
定休: 木曜
平日: 18:00 – 23:00
土曜: 18:00 – 23:00
日祝: 18:00 – 23:00
前に、親父と親父の友人に連れてきて貰った以来だけど、名物おばちゃんがいなくて店員が若いお兄ちゃんになっていた。不思議だ。
IMG_5585.jpg
まずは前菜。名物キャベツ。山盛りで来たキャベツにタレをかけてお皿でつぶす。後はオイキムチとお通しのもやしと奥がナムル。どれも味付け最高。
IMG_5586.jpg
左上がハツ、下がハツモト、そして焼いてある小さいのがタン塩。この辺は別に普通。
IMG_5588.jpg
そして、ここのメインがこのお肉達。上が極上カルビ、左下が牛トロ、そして右下が上ロース(ハラミ)。この上ロースと上ミノがこのお店の超有名メニューなんだけど、今日は良いミノが入っていなかったので上ロース。いやーーーーーまじで美味い。
これとご飯を食べて大体一人5000円。いやーー本当に美味しかった。
食後川崎でミッションインポッシブル3を見てきたけど、エンターテインメント映画としては楽しめた。後、チネチッタ川崎に初めていったけど噴水ショーやってた。
IMG_5597.jpg
下で見てる人ぬれないのかなあ。

Restaurant&BAR | 2006-07-15 | パーマリンク | コメント(0)

オールナイトカラオケ。

華金。
一年間お世話になったレコード会社で一番お世話になっていたお姉様の送別会。
3次会ともなると、終電で帰った人が殆どなのでこの人数。
それでも、さだまさしから始まったカラオケは皆さん熱唱。
本当に姉さんお疲れ様でした!
IMG_5582.jpg

Diary | 2006-07-14 | パーマリンク | コメント(0)

プチフェスみたいだった。

所属アーティストが出演するライブ@AXにて、相変わらずの物販マンをしてきた。
前回のワンマンライブとは違い、複数のアーティストが出演するライブ。というわけで、物販ゾーンも前回の机二つ体制から机一つで開始。
隣の机で物販をしていたバンドが、8ottoという関西のバンドだったんだけど、むっちゃくちゃ格好良かったわ。CDも聴いたんだけど、圧倒的にライブおすすめバンドだわ。ドラムボーカルとベースとギター二本。超ロック。今まで、頑張ってお客さん10人とかだったのに、急に声がかかり、いきなり今日1500人の観客の前でライブ。それでも堂々とステージで演奏していたよ。
IMG_5580.jpg
基本的にライブ演奏中でも、誰かが買いに来るかもしれないから物販ゾーンは離れられない。だもんで、色々他のバンドのスタッフの方とお話。こうやって裏でバンドを好きで支えてるスタッフがいるバンドは大きくなってくんだろうな。次東京でライブやるとき絶対にいきますー!

Diary | 2006-07-13 | パーマリンク | コメント(0)

高校時代の先生を囲む会。

先々週、高校時代の同級生からメールが入った。高校時代にお世話になった先生と何月何日に食事をするから空いてる?という連絡だ。基本的に私のスケジュールは当日いきなり仕事が延長することも多いので確約をすることが難しいのだが、なるべく空ける努力をすることは出来る。
明日のライブの準備が早めにすんだので、恵比寿へ。皆と合流し久し振りの玖温にて同窓会。2年前に高校で授業して以来の先生とご対面。
IMG_5579.jpg
私が通った学校は小学校から大学まであるモンスターエレベーター校だ。私自身、いつかはこの系列の小学校で教師になれたらいいなあと思い、いまでも通信で大学に通い小学校の教員免許を所得している日々である。
後輩の一人がその小学校で教師をしている事もあり、今日の話は教師論や現状の話が主だった。
色々物議を醸し出しそうなエントリーだったので、一応ふせておく。今度、またゆっくり話さないと。なんか、上手い落としどころは無いのかなぁ。ちゃんと考えれば有ると思うんだけどなぁ。

Diary | 2006-07-12 | パーマリンク | コメント(0)

久し振りのI'sCUBEライブ。

GI7L6121.jpg
先日宣言したとおり、カメラ片手に新宿はLive FreakへI’sCUBEのライブを見に。24-70mmのレンズ一本で参戦したのだけど、椅子が出てるわ、サイドは人が立ってるわで写真は不作。マネージャーに怒られないように、二枚だけ。
久し振りのバンドスタイルでのライブ。多分、前に高田の馬場で見た以来。あのときはベースがキイチでドラムがマイちゃんという現役プロコンビだったので、土台が安定していたけど、今日は安定していない訳じゃないけど若々しさが伝わるライブだったな。これから、この面子でちゃんとやっていけばどんどん安定すると思われ。
まあ、今日一番良かったのは、やっぱりボーカルの愛ちゃんが楽しそうに歌ってる姿だわ。あんな飛び跳ねる愛ちゃんを見たのは久し振り。やっぱりアコースティックの時に飛び跳ねたりはできねーもんな。
GI7L6114.jpg

Diary | 2006-07-11 | パーマリンク | コメント(0)

音楽を続けるということ。

所属アーティストの11月に行われる全国ツアーの詳細が本日解禁。それに合わせてサイトでもグッズの販売や、先行予約の発表や、導線の確保など大忙し。特に情報はセンシティブなので外に気軽にだせるしろもんでも無く、この合理的さが求められるご時世に結構アナログな事をしております。
で、大分仕事が落ち着いたタイミングで幼なじみから、ツレが某超有名女性シンガーのツアーリハーサルに出てしまったので食事しましょと電話お誘いが有ったので食事へ。
彼女とはこれまた長い。合唱隊で一緒に海外を回った仲間であると同時に、会社のEラーニングコンテンツの講師をして貰ったり、須田の部屋というライブ企画では絶妙のトークと優雅な歌声を聞かせてくれたしり、誕生日にいきなりケーキを買って押しかけてくれたり、辛かったときには酒でも付き合うぜと、まあ彼女には悪いが良い兄貴分であり弟分な仲間だ。彼女のホームページはこちらへ→ホームページを見る
話は、最近の報告から、過去から今までの話。特に、私は音楽を自分が演奏する訳ではなく楽器メーカーとして演奏する人をバックアップする側に回ったのに対し、彼女は今でも声楽家として作詞作曲家として仕事をしているので、話は尽きない。
どの道にすすむのであれ、音楽を続けるということが私たちの人生なんだよなーと改めて確認。そんくらい自分たちの人生で音楽は計り知れない大きさをしめているんだよな。
たっぷりお話しをしたけど週頭なので日付変更線をまたがずに帰宅。ぽけーっとサイトを循環していたら、凄い動画を発見。


Amazing 11 year old!!!

世界は広いわぁ!11歳でこの歌唱力。林明日香ちゃんが出てきた時もびびったけど、申し訳ないが遙かに上を行く歌声だわ。是非ヘッドフォンをして見て聞いてくださいな。
しっかし、これ海外のオーディション番組なのかなぁ。審査員立ち上がっちゃうわ、お客さん盛り上がりまくってるわ。。同じような番組を日本で作っても、こんな盛り上がりは無いんだろうなぁ。審査員はむすーっとヘッドフォンして威厳たっぷりみたいな。
あと、母校の高校の同窓会ページに私が書いた文章が今日から載ってます。同窓会実行委員から頼まれて「卒業生、この人!」というBLOGに一筆。今日の友人との話の中心だった、音楽について書いてます。
月に1回更新らしいけど、初回が12月で私が二人目だから間半年空いてる。ちゃんと8月も更新されるのか不安。
ちなみに、昨年12月に書いた人は、現在上映中のタイヨウのうたの監督である小泉君なので、合わせて読んでみてください。
BLOG@SFC-JS 「卒業生、この人!」を見る。

Diary | 2006-07-10 | パーマリンク | コメント(0)

KULTBAGを購入。

ランチを食べたお店が、クーラーの故障で全く空調が効いていなく、熱くて苦しくなったために20分で退散。昼休み1時間の半分が余ってしまったので、折角なのでウインドウショッピング。
明治通りを歩いていると、「NO CONCEPT BUT GOOD SENSE」という、2ちゃんねるに叩かれそうな自信たっぷりの名前のお店を発見。(後で店員に聞いたら、本当に2chで叩かれてるらしい。)
SALEの札に導かれて中に入ると、須田好みの鞄を発見。FREITAGか?と思ったら、KULTBAGとの事。別のブランドだろうが、とりあえず気に入ったし、SALEで30%OFFだったので即購入。
IMG_5571.jpg
こんな感じ。須田っぽいでしょ。全然聞いたこと無いブランドだったので調べてみると、ドイツの会社でオフィシャルサイトも有った。
————————————–
KULTBAG (カルトバッグ)
1996年、ドイツのMUELHEIMにて夫婦で創業されたリサイクル素材を利用したバッグブランドです。
カフェテラスなどのサンシェードやトラックの幌等を生地として使用し、素材のデザインをそのまま生かしているのが特徴です。
そのため、使い古した風合いを持ち合わせると共に、同じデザインが一切存在せず、自分だけのオンリーワンのデザインを楽しんで頂けるのが大きな魅力となっています。
————————————–
うむ。。どっかで聞いたことある説明だ。多分、最初に思ったブランドだ。
————————————–
FREITAG
スイス チューリッヒ発、フライターク兄弟が創り出すオリジナルバッグブランド。
防水性バツグン、PVCコート加工された「トラックの幌(TRAPS)」をバッグの本体の生地に使用。BENZ、BMW等の廃車のシートベルトをそのままベルト、ストラップに。そしてフライターク兄弟の愛する自転車のインナーチューブを縁取りに。結果、リサイクルでない新品の素材といえばバックル、ベルクロ、そして縫製に用いる糸のみで事足りました。
 日本製オルファーのカッターが最高と言い切る彼らが幌の色、企業名、ロゴ、コピー、デザインや数字を吟味しながら裁断していくと、それは1枚1枚の新しいデザインとして生まれ変わり、独立していきます。もちろん汚れやキズさえもデザインの1部になり、完全にひとりにひとつのオリジナルになるのです。そして世界中の誰かとどこかでつながっているということも。
  かつては西ヨーロッパのどこかで、トラックの上でゴトゴト揺られて旅していた幌たちが、今は世界中の誰かしらの背中に乗って、以前よりはゆっくりの速度で揺られています。最初に感じた匂いこそヨーロッパから届けられたフライタークという概念そのものの匂い。そしてあなただけのフライタークの歴史を新たにひもといた記念すべき瞬間です。行き先はあなた次第。
————————————–
まあ、自分としてはブランド関係なく、気に入ったから買ったんだけど、オフィスに戻って隣のオフィスの友人に見せたら、FREITAGのパチモンじゃーんと言われた。どっちが最初に生まれたのか分からないけど、少なくとも日本に置いては一番最初に売れたものが本物で、後は全部偽物扱いなんだなぁ。寂しいわ。
IMG_5573.jpg
まあ、須田的にはこの色合いがTシャツ短パンに合うと思うのでお気に入り。多分夏は良くこの鞄を持っていると思われ。あ、自転車も買う予定だし。

Things | 2006-07-10 | パーマリンク | コメント(0)

幼なじみが結婚するということ。

小学校同じクラス、同じ部活(演劇部と剣道部)、中学校も同じクラス。うちの学校は小学校も中学校もクラス替えが無い学校だったので、合計9年間ずーーーっと同じクラスだった友人が居た。今回その友人が12月に結婚することになった。そして、何を考えたのか披露宴二次会含めて幹事を私に頼んできてくれた。
で、今日は幹事の顔合わせ会@恵比寿。彼の会社の同期二人と、奥さんの元同期一人。うむ、、、小学校からの友人は自分だけの模様。これはこれで困った。後で彼と相談して誰かもう一人メンバーを入れさせて貰おう。
顔合わせ会が終わり、ワールドカップ決勝まで時間が有ったので、彼の新居へお邪魔する。途中からリアルに私のケツまで拭いてくれるであろう親友も合流。
IMG_5570.jpg
しっかし、6歳からの友人。もう今年で22年目になる。あまり良いイメージがないクラスの中でも、仲良くしてくれた友人なだけに感慨深い。12月まで残り5ヶ月。ちゃんと考えて思い出に残る式を作ってあげれたらいいなあ。

Diary | 2006-07-09 | パーマリンク | コメント(0)

高枝切りばさみと首痛。

今年の夏は暑い。
熱い。
あつい。
だもんで、庭の樹木や雑草が良く茂る。去年がそんなに熱い夏じゃなかったので、去年の分含めて大変な事になっている。
で、今日の天気は曇りだ。外で作業をするのには悪くない天候。そして、お昼過ぎに起こされて起床4分後に今日の予定が急に無くなり、予定に無かった庭の樹木雑草伐採ツアーwith お袋が決定。
最終的には70リットルのゴミ袋10袋近く切ったんだけど、電線に引っかかってる白樺の枝や、隣の家に侵入しちゃってるマツの木とかを高枝切りばさみでずっと切っていたわけだ。ずーーーっと上向いている状態。
首が痛い。
まじで首が痛い。
後、腕も肩も痛い。
外から見て、少しはすっきりしたけど、多分また1ヶ月くらいで伸びちゃうんだろうなぁと思うと憂鬱。今日はよく働いた。ってか、週末なのに全然休めてねぇ。。

Diary | 2006-07-08 | パーマリンク | コメント(0)

これがロックだ!というライブ。

夕方、新宿はLOFTに到着。前回、ビバッチェのツアーファイナルを見に来て以来のLOFTだったけど、数々の伝説を作ってきた(移転前含む)LOFTは、やっぱり他のライブハウスとは違う空気感がある。
勿論、今日も遊びに来たわけではなく、所属アーティストのワンマンライブだったので物販お手伝い。前回のAXの反省を活かして、事前のスタッフ打ち合わせも完璧。在庫数も完璧。かなり早い段階で準備終了。
IMG_5559.jpg
リハーサルも終わって、メンバーは楽屋にて本番開始を待ち、私たちもゲスト対応の準備をする。ステージはこれから始まるステージを楽しみにしているかのように秘めたるオーラを少しずつ見せている。ステージのあちら側に立ったのは一体いつが最後だろう。AquaTreeのラストライブが去年の4月30日だからそれが最後かな。いずれにしろ、あちら側には1年以上立っていない。
IMG_5556.jpg
外にお客様が溢れてきたので、予定より早く開場することに。本日の物販及び事務所側スタッフで初めての集合写真。全員同じTシャツを着ているけど、これが今日のメイン物販品。私が着ているのだけ世界で一枚のXXXLサンプル。スタッフTシャツだから仕方ない。
ライブは、全く会場に入れない。超満員。Mixiの日記を検索してみたけど、泣いてる人とかも居たみたい。アンコール含めて演奏の上手い下手じゃない別のベクトルのすごさを感じたわ。もうね、これがロックだ!って感じ。モニター越しに頭振ってたし。これがフジロックのメインステージを超満員にしたアーティストのステージなんだなあ。
終わった後は、打ち上げ。親父やお袋の方が年齢が近い大先輩方なので話しかけれない。スタッフと談笑をしつつ、アーティスト達の様子を見てる感じ。今日もお疲れ様でした。
そういえば七夕だ。今日。織り姫様と彦星様は会えたのかなぁ。

Diary | 2006-07-07 | パーマリンク | コメント(0)

I'sCUBEの新譜が届いた。

GI7L8450.jpg
あら、もうこんな時間。
前のレコード会社でジャケットデザインやらアー写やら色々手伝ったバンド「I’sCUBE」のメンバーと久し振りに電話で話した。やっとこさレコーディングが終わったらしい。マスタリング前ですけど聴いてくださいーと全曲貰ったので、静かな深夜に堪能。
まだ曲順決まってないんですよーと言っていたけど、こりゃあ悩みそうな位、一曲一曲粒が揃った曲ばかりだなぁ。マスタリング前だから、こっからどうすっきりまとめられるのか楽しみだけど、シングルで出してもいいんじゃん?て曲が半分以上だな。裕二のキーボードも丁寧になってるし、CD完成が楽しみ。全国で9/6に発売予定なので、皆さん出来たら買ってくださいな。
後、久し振りに彼等のバンドスタイルでのライブが新宿で来週火曜日7/11に有るみたい。須田はカメラもって行くと約束したので絶対行きます。良かったら一緒にみんないこーぜ。
追記に、前に撮って公開していなかった、ボーカル愛とキーボード裕二の写真を公開。

Read more »

Diary | 2006-07-06 | パーマリンク | コメント(0)

物語を持ったプロダクト。

やっぱねクリエーターで居たいんだわ。
曲作りも、そりゃ歩いてたら出来たんだよって曲も有るけど、大体は結婚式とかレコーディングの当日午前5時とかまで、下手したら式が始まった後も考えてピアノの前に座って完成する位、ぐっと考え込んで曲作ってるんだし。
それは、やっぱり熱い想いと妥協したくないのと、歌にそのぐっと考え込んだ時間も全部込めて歌いたいからなんだよ。その歌を聴いて、私も楽器弾いてみようかなってなったら嬉しい訳で。
まだプロダクツを作ったことは無いけど、やっぱり自分の持っているモノには物語が欲しいわけで、その物語を一緒に作れるSoulSwitcherの方々を大事にしていきたいんだ。
大分考えはまとまった。後はトライ&エラーだよ。動くぜ。

Diary | 2006-07-05 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧