音楽を続けるということ。

所属アーティストの11月に行われる全国ツアーの詳細が本日解禁。それに合わせてサイトでもグッズの販売や、先行予約の発表や、導線の確保など大忙し。特に情報はセンシティブなので外に気軽にだせるしろもんでも無く、この合理的さが求められるご時世に結構アナログな事をしております。
で、大分仕事が落ち着いたタイミングで幼なじみから、ツレが某超有名女性シンガーのツアーリハーサルに出てしまったので食事しましょと電話お誘いが有ったので食事へ。
彼女とはこれまた長い。合唱隊で一緒に海外を回った仲間であると同時に、会社のEラーニングコンテンツの講師をして貰ったり、須田の部屋というライブ企画では絶妙のトークと優雅な歌声を聞かせてくれたしり、誕生日にいきなりケーキを買って押しかけてくれたり、辛かったときには酒でも付き合うぜと、まあ彼女には悪いが良い兄貴分であり弟分な仲間だ。彼女のホームページはこちらへ→ホームページを見る
話は、最近の報告から、過去から今までの話。特に、私は音楽を自分が演奏する訳ではなく楽器メーカーとして演奏する人をバックアップする側に回ったのに対し、彼女は今でも声楽家として作詞作曲家として仕事をしているので、話は尽きない。
どの道にすすむのであれ、音楽を続けるということが私たちの人生なんだよなーと改めて確認。そんくらい自分たちの人生で音楽は計り知れない大きさをしめているんだよな。
たっぷりお話しをしたけど週頭なので日付変更線をまたがずに帰宅。ぽけーっとサイトを循環していたら、凄い動画を発見。


Amazing 11 year old!!!

世界は広いわぁ!11歳でこの歌唱力。林明日香ちゃんが出てきた時もびびったけど、申し訳ないが遙かに上を行く歌声だわ。是非ヘッドフォンをして見て聞いてくださいな。
しっかし、これ海外のオーディション番組なのかなぁ。審査員立ち上がっちゃうわ、お客さん盛り上がりまくってるわ。。同じような番組を日本で作っても、こんな盛り上がりは無いんだろうなぁ。審査員はむすーっとヘッドフォンして威厳たっぷりみたいな。
あと、母校の高校の同窓会ページに私が書いた文章が今日から載ってます。同窓会実行委員から頼まれて「卒業生、この人!」というBLOGに一筆。今日の友人との話の中心だった、音楽について書いてます。
月に1回更新らしいけど、初回が12月で私が二人目だから間半年空いてる。ちゃんと8月も更新されるのか不安。
ちなみに、昨年12月に書いた人は、現在上映中のタイヨウのうたの監督である小泉君なので、合わせて読んでみてください。
BLOG@SFC-JS 「卒業生、この人!」を見る。

Diary | 2006-07-10 | パーマリンク | コメント(0)

KULTBAGを購入。

ランチを食べたお店が、クーラーの故障で全く空調が効いていなく、熱くて苦しくなったために20分で退散。昼休み1時間の半分が余ってしまったので、折角なのでウインドウショッピング。
明治通りを歩いていると、「NO CONCEPT BUT GOOD SENSE」という、2ちゃんねるに叩かれそうな自信たっぷりの名前のお店を発見。(後で店員に聞いたら、本当に2chで叩かれてるらしい。)
SALEの札に導かれて中に入ると、須田好みの鞄を発見。FREITAGか?と思ったら、KULTBAGとの事。別のブランドだろうが、とりあえず気に入ったし、SALEで30%OFFだったので即購入。
IMG_5571.jpg
こんな感じ。須田っぽいでしょ。全然聞いたこと無いブランドだったので調べてみると、ドイツの会社でオフィシャルサイトも有った。
————————————–
KULTBAG (カルトバッグ)
1996年、ドイツのMUELHEIMにて夫婦で創業されたリサイクル素材を利用したバッグブランドです。
カフェテラスなどのサンシェードやトラックの幌等を生地として使用し、素材のデザインをそのまま生かしているのが特徴です。
そのため、使い古した風合いを持ち合わせると共に、同じデザインが一切存在せず、自分だけのオンリーワンのデザインを楽しんで頂けるのが大きな魅力となっています。
————————————–
うむ。。どっかで聞いたことある説明だ。多分、最初に思ったブランドだ。
————————————–
FREITAG
スイス チューリッヒ発、フライターク兄弟が創り出すオリジナルバッグブランド。
防水性バツグン、PVCコート加工された「トラックの幌(TRAPS)」をバッグの本体の生地に使用。BENZ、BMW等の廃車のシートベルトをそのままベルト、ストラップに。そしてフライターク兄弟の愛する自転車のインナーチューブを縁取りに。結果、リサイクルでない新品の素材といえばバックル、ベルクロ、そして縫製に用いる糸のみで事足りました。
 日本製オルファーのカッターが最高と言い切る彼らが幌の色、企業名、ロゴ、コピー、デザインや数字を吟味しながら裁断していくと、それは1枚1枚の新しいデザインとして生まれ変わり、独立していきます。もちろん汚れやキズさえもデザインの1部になり、完全にひとりにひとつのオリジナルになるのです。そして世界中の誰かとどこかでつながっているということも。
  かつては西ヨーロッパのどこかで、トラックの上でゴトゴト揺られて旅していた幌たちが、今は世界中の誰かしらの背中に乗って、以前よりはゆっくりの速度で揺られています。最初に感じた匂いこそヨーロッパから届けられたフライタークという概念そのものの匂い。そしてあなただけのフライタークの歴史を新たにひもといた記念すべき瞬間です。行き先はあなた次第。
————————————–
まあ、自分としてはブランド関係なく、気に入ったから買ったんだけど、オフィスに戻って隣のオフィスの友人に見せたら、FREITAGのパチモンじゃーんと言われた。どっちが最初に生まれたのか分からないけど、少なくとも日本に置いては一番最初に売れたものが本物で、後は全部偽物扱いなんだなぁ。寂しいわ。
IMG_5573.jpg
まあ、須田的にはこの色合いがTシャツ短パンに合うと思うのでお気に入り。多分夏は良くこの鞄を持っていると思われ。あ、自転車も買う予定だし。

Things | 2006-07-10 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧