バーチャルとリアル。

原宿オフィスは来ていただければ分かるが、二つの会社がオフィスを利用している。後からうちの会社がこんにちはをした形。これからイベントなど含めて一緒にできないかというミーティングのキックオフを行った。
やっぱり、彼等は試行錯誤しつつ5年かけて体系立てて今の形を作っただけあって言葉に説得力がある。最初の3年はもう超お遊びでしたよーって言ってるけど、凄いプレッシャーだったんだろうなぁ。
原宿オフィスに配属になったのも神事なわけで、絶対理由があるはず。丸4年間バーチャルの世界で真剣勝負をして、その後レコード会社という超リアルな会社で働いてきた須田英之として何が出来るかをきちんと考えないと。

Works | 2006-06-26 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2006/06/post_382.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧