CANTUS Live@MANDARA→日vs豪→やけ酒。

小学校時代から合唱隊で一緒に世界を周り、合唱隊を卒隊後はバンドを一緒にやったりして、最終的には私の業務でコンテンツを担当して貰ったりと、まあなんだかんだの腐れ縁が仕事に繋がっちゃった友人がいるのだが、その友人が主宰をしているコーラスユニット「CANTUS」のコンサートにてスタッフ手伝いをしてきた。
———————————————
CANTUS  →ホームページへ
「グレゴリオ聖歌からルネッサンス期にかけての古楽」をメインのレパートリーとする「6人の少女」による「コーラス」である。歌うパートは決まっておらず、曲によって声部が入れ替わる独自のスタイル。誰一人としてクリスチャンではないが、聖歌の美しい響きに魅せられた彼女達は、「ボーイソプラノ」を彷彿させる歌声で、その旋律を愛し歌う。合唱長である太田美帆のプロデュースのもと「合唱」の素晴らしさをより多くの人の耳へと届けるため,「CANTUS」として2005年活動を開始した。CANTUSとはラテン語で「歌」という意味。 
———————————————
IMG_0262.jpg
ぶっちゃけメンバーも全員合唱隊時代の後輩達。お客さんも友達やお世話になった友人のお母様方が勢揃い。それでもマンダラは一杯に。
GI7L5826.jpg
21時半までには終わるはずだったのに、15分程押して終了。この後控えているワールドカップの為にメンバーに挨拶も出来ないで急いで会場を後にする。コンサートとしては色々課題は残るものの、懐かしく楽しめた。写真も沢山撮ってみた。良かったら見てみて下さい。(→写真ページを見る。
タクシーでCOPON NORPへ移動し、ぎりぎり試合開始に間に合うも試合は周知の通り胸くそ悪い結果。少し仕事の話を一緒にみていたディレクターとした後、明日からの合宿資料作成の為に、近所のVeritasにてやけ酒呑みながら作成しようとよってみると同じく胸くそ悪い顔をした地元の友人達が集結。
DSC00467.jpg
結局、午前3時過ぎまで語りつつ仕事もしつつで呑む。帰宅後明日に備えた準備でなんだかんだ午前様。太陽とおはようしてからおやすみなさい。

Diary | 2006-06-12 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2006/06/cantus_livemand.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧