共立女子大学で授業してきた。

というわけで、先週くらいに告知した通り、共立女子大学にて授業をしてきた。授業の演目は「マスメディアから次のメディアへ」というタイトル。基本的にはSoulSwitchを中心に、なんでフリーペーパーというメディアを選んだのかという話をした。
IMG_4915.jpg
最初は20人くらいしか居なかった教室も、いつの間にか人が増えて、最終的には100人以上いたらしい。
とりあえず感想。本当にやりにくかった!ものの見事にリスナーに男性がいないわけですよ。教授以外全く男性がいないので、場の空気を最後まで作りきれなかったのが本当に悔いが残る。是非次回、又チャンスを下さい。
IMG_4919.jpg
授業が終わった後は研究室で生徒数名とお話。会場では質疑応答の時間を作っていたいのに一人しか質問してこなかったけど、研究室では色々と話すことが出来た。
IMG_4916.jpg
きちんとノートも取ってくれていてビックリ。でも、書いてあるポイントと書いて欲しいポイントがずれてるんだよなぁ。どうやったら大事なところを大事なところだと分かって貰えるんだろ。これからも精進しないと。
終わった後は、教授方と一緒に打上げへ。親よりも年上の先生と熱く夜が更けるまで語り合った。

Works | 2006-04-22 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2006/04/post_337.php/trackback

コメント

Comment from まえだしょうへい
4月 23, 2006 at 10:04 am

授業おつかれさまっす。
メールはなるほどそういうことでしたか。

Comment from hayashi
4月 23, 2006 at 10:18 am

共立女子大学文芸学部文芸メディアコース、今年度最初の研究集会でした。熱のこもった講演をありがとうございました。須田さんにお願いできてよかったと、紹介者は胸を撫で下ろしています。私の講義などに比べると、学生のノリは(須田さんの期待を裏切ったようですが)、あれは上々の部類、否、とても反応がよかったといえます。質問がでなかったことについては、司会の責任大と反省しています。申し訳ありません。これに懲りず、機会がありましたらまたどうぞよろしくお願いします。一言御礼まで。

Comment from 須田英之。
4月 23, 2006 at 2:30 pm

しょーへい→
そうなんよ。このノートをきちんと取ってくれた子が、しゅんすけくんの元カノですw
hayashi先生→
今回はお誘い本当に有難うございました。人前で話すことで自分の考えを精査できる事を改めて確認しました。いつでも馳せ参じますので、是非またお誘い下さい。

Comment from Johney!
4月 24, 2006 at 2:50 am

恐ろしい人数に見えるのは僕だけじゃないはず。
そう考えると教職の方々は偉大だな、などとおもう。
いまならちゃんと授業受けられるな〜。

Comment from 須田英之。
4月 29, 2006 at 12:56 am

→Hohney!
いっつも書き込み有難う!本と、いまならもっと真剣に授業きけるよw

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧