人の振り見て我が振り直せとは良く言ったモンだ。

昨日書いたブログを日中冷静に読んでみて、あれあれ、、これ自分の事、棚に上げて何してんだぁと恥ずかしくなってみた。確かに、ブログとかパブリックな部分では昨日のブログの様な事をしているつもりは無いんだけど、もっと重要な部分で、ぱつんぱつんだとか忙しいとか、まあ実際忙しいんだけど、多分本気で踏ん張ればもっと頑張れる部分で自分を甘やかして逃げている部分が有ったなあと気付いてみた。
下のエントリーは、有る意味自分へのメッセージだな。人の振り見て我が振り直せと。偉そうな事を言ってすみません。
今日は編成会議。その後病院に行って高輪に出勤。再来週に配信開始予定の宣伝交渉で5人の人と一つの案件を進めるハブになっているので一人と繋がらなかった時点で、残りの人を待たせてしまったりとやきもき。皆さん忙しい人だから仕方ないんだけど、やっぱストレスにはなるんだよなぁ。
18時半から所属アーティストのライブに行く予定が上記の調整に時間がかかり、結果的には次の約束に10分程遅刻してしまうくらい手間取った。キイチいけなくてごめんよ。
21時前から、大学の同級生且つこの業界の先輩と会食。現在、20代女性のシンガーソングライターで多分日本一有名なアーティストの宣伝担当になっているのだけど、卒業後偶然文化放送で会って以来、色々業界の事を教えて貰っている。
元々、大学卒業時、就職するならレコード会社だ!と思っていたのだけど、教育実習と就職活動の日程がかぶりまくり、奇跡的に時間割の合間をぬって活動が出来ても落ちてしまったりと縁が無かった業界に勤めていた彼女の話はとても新鮮だった。
で、昨年の急な辞令により、急遽レコード会社に来ることになったモンだからさぁ大変。右も左も分からない世界で会社の中でぽつんとしていた時に、色々アドバイスをくれたり励ましてくれた頼りになる友人だ。
今日も色々仕事の話をしている中で、彼女の口から出た言葉、
「結局、この業界での私たちの仕事って、自分の意見を言うのはホント数パーセントで、後はひたすら調整するのが仕事だからね。」
という言葉にだなーーーーと共感。凄くレコード会社に憧れていたけど、輝いている人達はアーティストであって、あくまで私たちの仕事はアーティストの魅力を余すことなく様々な方法を使ってリスナーの方々に届けるパイプ役。その調整役なんだよねぇ。そりゃ、ストレスもたまるわけだ。
私の場合、制作宣伝部所属だけど、役割としてはウェブ周りの宣伝と配信窓口なので、戦略を考える仕事もたまにある。ただ、絶対的にやはりその時間は少ないので、この一年調整役の仕事が殆どだったなぁと振り返ってみて納得。それならそれで割り切ることも必要だ。うん、この気付きはでかい。
帰宅後、アメリカにメールをしなくてはいけないのだが、こういう時に限ってネットワークが不安定。Javaのバージョンアップしてからアプレットの調子が悪いなぁ。。なんでメールが送信出来ないんだ?何度かセキュアアプリケーションを立ち上げ直してやっとメールの送受信が出来た。この辺で今日は寝よう。

Diary | 2006-02-16 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2006/02/post_294.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧