某会社の副社長を励ます会→会社の先輩と夜中の夕食。

19時過ぎに友人から昨日も夕食を食べた恵比寿はcalceにて夕食会が有るから来てよと誘いのメール。行くよーと返事をしたものの、結局仕事が終わったら午後22時過ぎ。急いでお店に向かうものの、見事に皆さんデザート中。結局、名刺交換だけしてオフィスに戻る。
しかしながら中々贅沢なメンバー。最近ニュースを騒がしているヒルズにある会社の副社長を筆頭に、資本主義においては成功とされる方々の集まり。そんなにお金持っていてどうするんだろうと思いつつ、とりあえず私はやりたいことをやっていこうと強く思った所存。ユーグレナの出雲君は熱かった!家も近くらしいので、今度ゆっくり少人数で会うことに。
会社に戻ると、先輩がまだ作業をしていたので、私も一緒に作業。1時前にお互い作業が終わったので夕食を食べようとVeritasに電話。閉店時間を2時間過ぎているのに来ても良いよといわれたので言葉に甘え、パスタとサラダを軽く食す。
先輩は元々別のレコード会社で、101回目のプロポー。ズ的主題歌を歌った二人組の担当をしていた敏腕制作ディレクター。きちんと二人で話をしたことが無かったので、沢山お話を聞かせて貰う。
レコード会社に来てみて感じたことは、制作ディレクターは人によって仕事の仕方が多種多様だということ。人によっては宣伝営業まで考えるし、人によっては音作りにのみじーっと専念する。今日ご一緒させて貰った先輩の仕事は、全体をきちんとディレクションする制作スタイル。凄いなあと思っていたけど、お話を聞いて改めて感心。良い刺激をうけました。

Diary | 2006-02-02 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2006/02/post_282.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧