デジタルマクロ。

基本的に出歩くときはデジカメを持ち歩いてる。ランチの時もポケットに入っている。
私が雑誌を読んでいる間に、キイチがデジカメをいじって何かを撮っていた。食後見てみてるとつまようじがでかい。あれ?こんな接写できたっけ?と聴いてみると、私が所有しているIXYにはデジタルマクロという機能が搭載されていたらしい。すげぇ。
IMG_4338.jpg
IMG_4340.jpg
爪楊枝の繊維も、お箸の繊維もくっきり。これまた面白い機能をしっちゃった。実用性無いけど。

Pictures | 2006-02-07 | パーマリンク | コメント(0)

BONGA@目黒

ランチ食べてきた。
辛い物苦手な私が、ユッケジャンうどん[辛め]。
オーダー時に、辛さを抑えて下さいと頼み、後輩キイチは普通の辛さを頼む。
二人とも出そろったので実食。確かに私のうどんは辛さが抑えられているが、キイチのに比べて酷が足りない。意を決して、コチュジャンと辛子を注文。それがこれ。
IMG_4337.jpg
結論。ホント、最初のオーダーで普通にしておくべきだった。食後15分程たっているが、まだ胃がうにょうにょーん。。ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
でも、味は美味しいです。おすすめ。
BONGA
住   所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒2-20-23 第一高田ビル1F
ア ク セ ス JR目黒駅西口 徒歩6分 
T E L 03-3493-0602
営 業 時 間 ランチ  11:30~14:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00~24:00(L.O.23:00)
定 休 日 無休

BONGAのブログ。

Restaurant&BAR | 2006-02-07 | パーマリンク | コメント(0)

HOLGA with ポラパック買ったけど。。。

IMG_4335.jpg
ノッコ送別会に行く前にビックカメラにフィルムを買いに行ったのだが、その時前々から気にはなっていたカメラが目についてしまった。カメラというかおもちゃ。なんせ、ポラロイドのパックまでついて12000円。色々悩んだけど、その前にリングを買った勢いもあり購入。
で、今日会社に行く道、撮影しながら歩いたんだけど。。。これなんか不良品か?真ん中だけ白いぞ?

Pictures | 2006-02-07 | パーマリンク | コメント(0)

私の組んでいたユニットと元相方を紹介します。

頭真っ白時間を経て、ちょっと疲れたので今日は終わり。先日、百合嬢のブログに私の紹介エントリーが唐突に現れ、若干戸惑ったものの、改めてああいう風に書いて貰うことは嬉しいもんだ。そこで、今日は私から彼女と組んでいたユニットと彼女を紹介。
確か知り合ったのは、私が大学2年の頃。ベンチャー始めて勢い有り余っていた時代、まあ端的に言えば超調子にのってブイブイ言っていた時代。今でも十分に調子にのってるだろと思う人がいるならば、その当時の私にあったらぶちのめしたくなるであろう調子に乗っていた時代。
小学校からの後輩で、現在はプロギターリストとしてユニバーサルからデビューしているアーティストのギタリストをやっている子がいるのだけど、その子から横浜で練習をするから良かったら教えに来てと頼まれスタジオに遊びに行ったときにキーボードを弾いていた百合嬢と初遭遇した。
後から話をしたところ、この初対面の時はお互い最悪な印象だった模様。彼女はその当時から自分の曲を書きためており、私が見学にいったバンドはコピーバンドだったため、とても楽しくなさそうに弾いていた。その態度に私は超不機嫌になる。で、偉そうな態度を取った私に対して、彼女もなんだこいつと不信感をたっぷりお持ちになったらしい。
っで、しばらくした後、何でか覚えていないけど、百合嬢が自分の書いた曲を聴いて欲しいという話になり、スダジオに来ることになった。しかしながら、私に対する不信感がたっぷりだったため、わざわざ友達同伴で来ることになった。
ここで、私と百合嬢の今後を決める楽曲をセッションすることになる。それが、ウエブでも聞ける小さな夢という曲だ。ちなみに演奏データは6年前の彼女の高校卒業ライブ前に練習を記録したデータなので、ギターが間違えてるとか突っ込まないように。[→小さな夢試聴ページに行く]
スダジオに来た彼女のこのウタを聴き、私には無い作詞センスとメロディーラインを素直に羨ましく思った。そして、この日を境に百合嬢がスダジオに来るようになり、アレンジを色々話し合ったりするようになる。
ま、その後、色々有ったの。何度も離れたし。離れてる間、百合は一人で活動したり、私は鎌倉音楽工房とかリバースエッジとかハーフトーンの面倒見たりとか、それぞれがそれぞれの音楽活動をしてきた。
そして、多分、ここがAquaTreeにとってネックだった部分だと私は思うのだけど、なんせ基本的に仲が良かった。自分が有耶無耶しているところをズバリ言語化してくれてたし、泊まりに来れば練習終わった後も色々語り合ったりしたし、疎遠になってしばらく連絡を取らなくても、ふとしたキッカケで前よりも良い関係が作れていた。
だからこそ、AquaTreeの活動において、元来思ったことを言語化することが苦手な私が、口が立つ彼女に対して言いたいことが言えず、さらにこの関係を崩すのも嫌だったので自分の中にため込んでしまい、結果根本的な原因を解決できず、活動の継続に私から終止符を打ってしまう結果になった。
何で解散したの?と聞かれると、ライブに対する価値観の違いかなと答えていたけど、さらに突っ込まれた時、今でもあの時の自分の気持ちをきちんと言語化することが出来ていない。この前、百合嬢のライブに行って、私がああこの部分は嫌だと思っていたけどちゃんと直したんだなあと思って、初めて、この部分が嫌だったと自分で気付いたりするくらいだ。
後、AquaTreeを解散した理由は百合と演奏したくなくなったからではない。事実、解散後もばっちょに頼まれて、一度リアル須田の部屋で二人で演奏をしている。百合と演奏したく無くなったのではなく、あの時点のAquaTreeとして、お客様に聴かせる為の行為をしていくモティベーションが足りなくなってしまっただけなのだ。それは、ライブしかり、CD制作しかり。
だから、いずれお互い時期が合った時には、もしかしたらまた三人(最後のライブは、Akioという私が凄く可愛がっていたのに、いつの間にか私より高給取りになったキーボーディストがメンバーになっていた。)、もしくは、二人でステージに立つかもしれない。勿論その時は、AquaTreeとしての活動は終わったので新しいユニット名をつけるだろうけど。
なんにせよ、今までもこれからも、百合嬢は私にとって大切な友人だ。彼女の音楽生活を応援するし、私も負けないように音楽活動を再始動する。後、次にまた一緒にやるときは、彼女の饒舌さに負けないように思ったことをきちんと言語化出来るだけの力をつけて、ちゃんと議論が出来るようにしないと。もう、同じ事は繰り返したくないしね。
長くなったけど、AquaTreeが7年間活動してきた中で、沢山の出会いも有ったし、自分自身がライブやイベントに対してどういう事を思っていたかとか、色々糧になったことは確か。もう解散してしまったけど、今でも百合は新しくアレンジをしなおして、当時の曲を歌っているので、是非ライブに行ってあげて下さい。
あ、最後に。一応、百合嬢。元ミス茅ヶ崎(名称はスマイル茅ヶ崎)でしたなw
2.jpg
AquaTreeのホームページをみる。
http://aqua.ws/

Aqua Tree | 2006-02-07 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧