スタッドレスタイヤ購入格闘記。

話は昨日にさかのぼる。雪やこんこんだった東京を歩いていた私は、誕生日に渡すための花屋を探して中目黒から池尻大橋まで歩いている途中、ふとイエローハットに寄ったのだ。
階段を上ると、いきなり目の前にチェーンの山が広がる。そしてその先には「スキーに行っても安心ナビ!」とカーナビの宣伝がたっぷり。そうだ、スキーに行くためには今の車に合うスタッドレスタイヤが必要じゃんと気付いた私はタイヤ売り場に行く。
先代のレガシーは4WDだったし、何故かスタッドレスタイヤをタダで貰えたので何の苦労も無かったのだが、今の車は前輪駆動だし勿論スタッドレスタイヤも持っていない。お店で知ったかぶりをする事ほど無駄な時間と労力を費やすモンだと思う私はお店の人に車の車種だけ伝えてベストの解を求める。
そうすると、残り1セットですよ!と約13万円でホイールとタイヤがセットになっている特価品を進めてくれた。しっかし、この13万円という数字が私にとって安いのか高いのか判断基準が無いので分からない。明日までとっておいて下さいと言ったらお取り置きは当日の電話でもしてないのですよと冷たい返事。こういう時は私はこれで無くなったら相性が悪かったんだと諦めが早い方なので、そーですかーとお店を後にした。
翌日、、つまり今日、お昼過ぎに起きて車の事はこの人に聞け!的兄貴に電話をする。昨日のイエローハットの店員とのやりとりを話すと、ヤフーオークションでホイールだけ安いのを買って、タイヤは新品を買えば安くすむよと素晴らしいアドバイス。早速ヤフーオークションで車種を入れて探すと横浜にあるお店がヒット。電話番号が書いてあったので直接電話をしたら私が乗っている車の純正ホイールが4本セット3万円で有りますよと素晴らしい回答。大至急行きますと家を飛び出る。
第三京浜を飛ばして横浜に到着。いつも降りる三ツ沢ではなく手前にある鶴見で降りてナビの指示通り走るとお店に到着。前のレガシーに装着していたカーナビは平気で一方通行を逆走していたが、今回のナビは大分優秀。今の最新機種はもっと優秀なんだろうなあ。
お店で電話対応をしてくれた店員さんに現物を見せて貰うと、思ったよりも傷だらけ。さらには一カ所致命的なえぐれがある。これに3万円は無いよなあと他に私の車に付けられるホイールはありませんかと聞くと、値段は多少張るもののスペシャルなホイールが出てきた。そして私はコレに一目惚れしてしまう。
早速、上記のホイールに合うスタッドレスの値段を聞くと、すっげー値段が提示される。どうやら、私が一目惚れしたホイールは17インチらしい。そして、私の車は15インチだと思っていたら16インチらしい。さあこんがらがってきた。
ココで私は3通りの選択肢が出てくる。
1,スタッドレスタイヤはイエローハットの15インチを購入して、普段は今のタイヤのまま。
2,スタッドレスタイヤは今のタイヤのホイールを活かしてタイヤだけスタッドレスにして、普段乗りに一目惚れしたホイール+新規購入のタイヤ。
3,スタッドレスはイエローハットの15インチを購入し、今のタイヤは予備で残して、普段乗りに一目惚れしたホイール+新規購入のタイヤ。
この時点で、安くすませるはずだった私のプランが大きくずれてきていることに今気付いたが、なんせホイールに一目惚れしちゃっているので、どうにかこのホイールはゲットしたかった。というわけで、1の案は却下され、とりあえず一目惚れしたホイールに普段乗りのタイヤを付けることにする。
早速、店員さんにタイヤの値段を出して貰うとかなり元気な数字が。この数字が高いのかどうか分からないので、失礼ながらお店からイエローハットに電話をすると、全く同じ物が5分の3の値段で売られていた。さすが量販店。店員さんにごめんねーとホイールだけ横浜で購入し、一路中目黒のイエローハットに向かう。
イエローハットに到着して店員さんと確認の上、タイヤを購入。19時から百合のライブが六本木で有り、この時点で18時を回っていたので、ホイールだけピットに預けてタイヤを装着して貰い、後日車に取り付けることにした。
ライブに関しては前のエントリーの通りだが、ライブハウスに到着して携帯を見るとイエローハットから着信が有った。なんだ?と折り返すとピットクルーから驚愕の言葉が。
「お客さんが購入したタイヤ、前のホイールとは合うけど、後ろのホイールとは合わないよ。どうする?」
Σ( ̄□ ̄ |||)
おぃ。おぃ。横浜の店員。あんたが指定した品番のタイヤを買ったのに付かないとはどういうことだ!?イエローハットの人曰く、後ろのホイールの方が大きいので、タイヤが235/40/17じゃないと駄目だと言われてしまった。ちなみに私が買ったタイヤは、215/45/17だ。単純に20位大きさが違う。大きい方が高いらしく、ましてや私が購入したタイヤは、4本セットで限定特価だったので、2本だけ購入することは出来ない。とりあえず既に4本セット購入してしまっていたので慌てて横浜のお店に電話をする。
事情を説明すると、どうやら私に売ってくれた店員さんも後ろのホイールが大きかったことを知らなかったらしく、社長さんが出てきてくれて平謝り。さらには、イエローハットで4本セットで買った特価で、ホイールにぴったり合ったタイヤの新品を用意すると言ってくれた。
イエローハットも、降ろしたときに気付くべきでしたと店員さんに謝られて、返金対応してくれることに。やっぱり、私は何も知りませんって素直にしていると、店員さんが全部責任取ってくれるので良いわぁ。
ライブが終わって、百合に挨拶する間も無く急いでイエローハットに行き、タイヤを回収&返金。お店を出てトランク満載のタイヤを見てブルーになったので、ダメもとで横浜のお店に電話をすると、まだ後一時間位はお店にいるので持ってきて下さって結構ですと暖かいお言葉。中目黒から目黒通り→第三京浜→1国と移動して本日二回目の訪問。明日タイヤの在庫を調べて貰って電話が来ることに。
というわけで、スタッドレスタイヤを購入するはずなのに、結局いまだスタッドレスタイヤには辿り着いてないという本末転倒なこの二日間だが、私が購入したホイールはイエローハットで委託販売をしたとして、私が購入した価格の4倍を付けてもすぐに売れる程良い物だったらしく、店員さんも本当に良い買い物をしましたねぇと大絶賛されたので良かった良かった。
後は、15インチの新品スタッドレスセットを購入するか、今のタイヤを外してスタッドレスタイヤに変えるか。その差は本当に二日間夕食をみそ汁ご飯にすればホイールセットを買えるくらいの値段差なのだが、そうなると1台の車に対してタイヤを3セットも所有することになってしまう。明日一日悩むことにしよう。

Things | 2006-01-22 | パーマリンク | コメント(0)

ゆりっぺライブ。

Aqua Treeを解散してから、もう7ヶ月も月日が過ぎた。一回だけスダジオで百合と演奏をしたものの、彼女が真剣にうたう姿を見るのはAquaTreeとしてのラストライブとなった4月30日以来だから、9ヶ月も前になることになる。
実は、百合は覚えてないかもしれないのだが、何度か百合のソロライブに行こうとメッセンジャーで話したことが有った。しかし、「須田君は来なくていいよー。。。」と消極的な返事を返されたので、まだ行くタイミングでは無いのかと躊躇していた。
しかし、昨日百合とメッセで話をすると来てよ来てよ!と初めて前向きな言葉を貰った。百合のブログにて、前回のライブ終了後のエントリーに下記文章が書かれていた。
とーっても楽しい時間でした。
最近は本当に心からライブが楽しいと感じます。
ちょっと前まではライブ=試練みたいな部分も少しあった。
できれば一人で家で歌ってるのが一番いいなぁ~なんて思ってた。
でも今は本当にライブが一番!
ライブのお陰で毎日が楽しいと思えると言っても過言ではありません。

ああ、なにか達観できた部分が有ったのかもなと思っていたのだが、実際前日に来なよ来なよと誘われた事で確信した。そして、今日のライブを凄く楽しみにしていた。
IMG_4174.jpg
ライブレポみたいな事は書くのはよそう。2曲ほど知らない曲が有ったけど、残りは全曲今でも楽譜無しで伴奏が出来るし、数曲は歌詞カードを見ないでもハモれる曲達だ。寂しい感情が無いって言ったら嘘になる。いや、もう素直に、手をつないでを歌う前にデュエットで歌っていた曲でしたとMCが入った時は、なんか胸がきゅーっとなったんだよ。
オーガナイザーが悪かったり、PAぼろぼろだったり、訳の分からないタイミングでスモーク炊いたり、運営サイドの問題は多々有ったが、それでも私個人としては、百合がちゃんと音楽に真摯に向かい合って、そして多分AquaTreeの時に不足していた聞き手を大事にしながらライブをすすめることを考えて実践しているライブだと感じた。
Aqua Treeの最後のライブだった、4/30の下北沢LOFT。私は演奏してお客様に聴かせる側の人間として一番やってはいけない事をした。それは、ライブ中にだれてしまったことだ。明確な理由は分からない。事実として、完全に集中力が切れてしまった。
今思えば、一曲だけ私が客席で百合とAkioの演奏を聴く曲が有ったのだが、その時の百合のお客様に対するエンターテインの仕方に何かずれを感じてしまったのだと思う。確かそんな事を百合とも話したはず。
冒頭のMCはともかく、MCも上手くなったし、2曲続けてやるところでお客さんが拍手をしていいのか分からないタイミングが有ったけど、それすらもまあいいかと思わせる雰囲気が今日は出ていたと思うよ。
今日は行って良かった。百合、お疲れ様。いつか対バンしような。

Aqua Tree | 2006-01-22 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧