神戸一人旅三日目。

目が覚めるとチェックアウト10分前。急いで身支度を整えて出発。昨日3次会の打ち上げ中にアーティストがらみのショッキングなメールが入り、ちょっとブルーな最終日。同期達とタクシーで三ノ宮駅まで出て別れる。先日那須君の結婚式で知り合った神戸在住の友人とランチを食べる約束をしていた。
合流して、三ノ宮駅から南に向かってひたすら歩く。ランチの場所はVILLA BLANCHEという洒落た洋館をレストランにしたお店。
VILLA BLANCHE
■所在地:〒650-0001神戸市中央区加納町6-4-1東遊園地内
■電話 :078-332-7888(レストラン)
■アクセス:各線三宮駅徒歩10分
■問合せ時間:11:00~22:00(水曜定休)
■駐車場 :無(近隣にパーキングあり)

ランチコースを食べたのだが、最初のサーモンでんん????と思ったが、次の料理から巻き返し。値段からとても満足のいくランチに。
IMG_2639.jpg
IMG_2640.jpg
IMG_2641_.jpg
メインのラムは、ここ最近食べた中で一番満足。焼き方も上手いし、出すタイミングも完璧だった。デザートも美味しく気分は上々。
お店を後にすると、目の前には公園が広がっていた。どうやらここの公園で、毎年神戸ルミナリエが行われるらしい。
————————————–
「神戸ルミナリエ」とは
「神戸ルミナリエ」はイタリアのアートディレクター、ヴァレリオ・フェスティ氏と神戸市在住の作品プロデューサー、今岡寛和氏による“光の彫刻作品”です。
「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催され、震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気、希望を与えました。
閉幕直後から、市民や各界から継続開催を求める強い声が寄せられ、都市と市民の希望を象徴する神戸の冬の風物詩としての定着を目指すことになりました。
————————————–
IMG_2645.jpg
公園の中では、震災を忘れること無きよう、希望の灯りがずっとともっていた。最近、都内でも大きな地震を感じるようになってきた。この街の人達は、震災を乗り越えて日々を一生懸命過ごしていると地元の人が話してくれた。体感した人の言葉は重い。甘ちゃんの私は多分何も理解できてないのだろうけど、困ってる人がいるときに、偽善者と言われようが、出来ることをきちんと出来る人間になりたいと思っている。
昨日のメールで、午後に急遽人と会わなくてはいけなくなったので、友人と別れて新神戸駅前のホテルラウンジで会議。結局最終の新幹線で帰京。3日間の神戸旅はこうしてお終い。今度はゆっくり時間をつくってこよう。

Diary | 2005-09-04 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧