読者モデル経験者にありがちな同じ笑顔症候群。

GI7L8110.jpg
カメラを始めて最初にお師匠さんに言われたことは、「須田ちゃんは沢山女性を撮りなさい。」だった。良く分からないけど、素直に守っていた私は、今まで数十人の女性を撮ってきた。友達を始めとして、モデルさんからアーティスト、生まれたての赤ちゃんまで撮ってみた。良いことも悪いこともある。良いことは、単純に経験として人を撮るのが上手くなったこと。短時間でもどうにかその人が興味を持つ内容を探し出して会話を弾ませる。悪いことは、風景や物撮りといった、被写体が全く話しかけてくれない物を撮るのがどうしようもなくへたくそなこと。というよりも、撮ったことないし、どう撮っていいのか分からないから右往左往しちゃうのだ。
まあ、いずれにしろ、アート作品としてではなく、被写体が喜ぶ写真を撮るという観点では結構頑張っていると思う。撮ってあげた子が、友達に須田ちゃんは綺麗に撮ってくれるよと紹介してくれて、撮る機会が増えたり、ときどき仕事の話まで来るようになった。勿論、ギャラを貰っちゃうと会社クビになっちゃうので、大体が焼き肉とかお寿司なんだけど。
あ、そういえばこの前撮影した美容室のホームページが出来たと連絡があった。SoulSwitchのデザインを担当してくれているノブ君が作ったので良かったら見てあげてください。そして、良かったら代官山徒歩1分のinitiateでカットしてください。
代官山 美容室 イニシエイトのホームページを見る。
で、今日は、私の友人の友人の友人の子の撮影。遠いな。今日を迎えるまでに総会話時間2時間も無いし、会うのも3回目。そして、なによりもの問題は、読者モデルの経験者だということ。これが本当に大変なのだ。
大体、読者モデルをやった事がある子の集合写真での笑顔は、どの写真を見ても一緒に見えると思う。歯を見せながら少し首を傾けて笑顔を見せる。ご多分に漏れず、この子の写真は全部同じ笑顔になっていた。もう、こういう写真を見ると(あーあーあーあー・・・。)と残念に思う。もっと可愛く写れるのに、そこそここの顔をしておけばおかしくは写らないから全部これでいいやみたいな感じが伝わってきてしまうのだ。
で、勢いで、俺が撮ったらこの笑顔じゃない笑顔で撮れるわー。って言ってしまい、じゃあ撮ってくださいよとなるわけだ。うむ。彼女の日記にも書いてあるが、言った直後から自分にはプレッシャーがかかっているのである。
というわけで、今日は朝から赤煉瓦倉庫→野毛山動物園→スダジオの三カ所で、撮影行脚をしてきてみた。詳細は彼女の日記で。どうにか、同じ笑顔症候群は解消できたかな。

アンナ嬢の日記をみる。
GI7L8155.jpg

DVC00187.jpg
昨日のストレスと二日酔いと睡眠不足で頭痛がひどくなったのだが、夕ご飯を久しぶりの新田中で食したのでご満悦。夕食中に、アンナ嬢の友人から電話がかかってきたので合流して、臨港パークへドライブ。波の音が心地よくて、会話がないんだけどなんか幸せな時間を過ごして東京へ。そのまま帰ればいいのに、色々うろうろして、結局午前4時過ぎに帰宅。明日からの仕事に、良い感じにストレスを解消できたと思う。明日から頑張らないと。

Pictures | 2005-08-21 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2005/08/post_163.php/trackback

コメント

Comment from はむ
8月 23, 2005 at 9:13 am

かわいいねぇ^^
そして美味そうなお寿司・・・。
いいなあ、撮ってください(=_=)ノシ
てか泊まり明けのストレス解消にうまいもん付き合ってくれい・・・。

Comment from 須田英之。
8月 23, 2005 at 11:16 am

いつよ?
いつでも付きあうよ?
がんがん築地とかいっちゃうよ?

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧