毎年麻布十番の祭りは結果的に同窓会になる。(写真多)

IMG_2317.jpg
年に一回、3日間連続で麻布十番の街を彩る祭りが夏に開催される。とりあえず一人で行っても、歩いていれば誰か友達に会えるくらい知り合い居る率が高い祭だ。今年は予定が入っていたので、行くことはないなあと思っていたのに、素晴らしい午前11時のドタキャンにより、一気に今日一日の予定が白紙になってしまった。思えば今日の不幸はここから始まったのかもしれない。
とりあえず、ベッドの中から友人に電話をする。お昼間に電話をして電源が切れてたりすると、ちょっと寂しくなるのは人間のサガなのか、タダ私が寂しがりやなのかはともかく電源が切れている友人に電話をしてしまい、もうやる気がなくなる。あー、このまま今日は一日家事でもぐだぐだしていようかと考えたが、クーラー地獄の中に一日いたら又体調が悪くなると思い、電話をかけると友人がこれから六本木のグランドハイアットでランチをするから来たらと誘ってくれた。ナイスだ。予定が入ると急にエンジンが掛かる。洗濯物をして、家の換気をして、なぜか日替わりで履いていて6足でていた靴を靴箱にしまうも、もともと入っていたはずなのにどうしても一足入らなくてブルーになって、あーだこーだ家事をしている内に約束時間が迫ったので一路六本木へ。
DVC00190.jpg
ランチはオークドアにてゆっくり食す。
オークドア
営業時間:11:30-22:30
場所:六本木グランドハイアット6階
Tel:03-4333-8784(直通)
自分の分だけでは勿論足りず、二人がたっぷり残したサンドイッチもいただいてご満悦。夜の麻布十番にあわせて浴衣に着替える桜嬢を家まで送り、私と友人は甚兵衛を購入するために五反田はユニクロへ。なんと完売で品切れだったので、あきらめてポロシャツ短パンコンビで行くことにする。
IMG_2309.jpg
自宅に戻ってゆっくりしていると、18時過ぎに中学からの同級生が到着。3人で記念撮影をして祐天寺で一人拾って友人を降ろして一路麻布十番祭りへ。
IMG_2316.jpg
左下のモザイクは気にしないで欲しい。友人がとっても間抜けな顔で写ってしまっていたので、プライバシー保護の為にぼかしをかけたのだ。ものの見事に心霊写真みたいになっているが、そういったたぐいの写真ではないので安心して欲しい。とりあえず、写真で分かるとおり凄い人数。人混み。湿度。熱気なのだ。間違ってもデートでは絶対来たくないな。。せめてやせてからにしよう。
IMG_2311.jpg
最初は6人ぐらいかなあと思っていたのだが、さすがは十番祭り。上記写真の通り皆さん集まる集まる。集合場所は麻布十番を登り切ったピーコック前。祭りの熱気にやられた憔悴しきった人達が休息を得ている場所。私が到着した時点で既に疲れ切っている友人達。とりあえず集合写真を一枚。
IMG_2312.jpg
IMG_2313.jpg
全員集合したので、さあ祭りを楽しもうと人混みの中に進むも、本当に暑い暑い!結局この後祭りでは、金魚すくいをしただけで夕ご飯を食べに行くことにした。
IMG_2319.jpg
奇跡的にモンスーンが13人wait無しで入れたので、たっぷり夕ご飯&アルコールをいただく。多分、記憶ではモヒートを7杯くらい。暑いから水代わりにがぶがぶ飲んでしまった。そういうお酒じゃないんだよなあ。。店員から、今日は混雑しているので1時間半で席を立ってくれと言われていたので22時過ぎに退散。しかし、まだまだ帰る雰囲気ではなかったので次の店に行くことに。そして、事件は起こる。
IMG_2320.jpg
思えば、この写真をとったときから既にその店員は調子にのっていた。場所は赤い靴広場から少し横に入ったAZABU MAZE。
住所 港区麻布十番3-3-2
電話 03-3453-0010
定休日 日曜
平日土曜 17:00 ~ 5:00
24時を過ぎてこの店を出ることにした私たちは、頭がカリフラワーみたいな店員にクレジットカードを渡した。しばらくすると、向こうから値段を言われる。さっきクレジットカード渡したでしょ?と言うと、いや私は受け取っていないと切り返してきた。
確か渡したはずだが、もしかしたら酔っぱらっているので気のせいだったかもしれないと自分のポケットの中まで出してチェックをするも見つからない。すると、調子にのった店員は、鼻歌を歌っていた私にたいして、「歌ってる場合じゃないんじゃないすかぁ?」といらいらを逆撫でするような発言を繰り出してきた。この辺りで私の怒りリミッターは結構限界。
しばらく待っても出てこない私たちを不思議に思った友人が店に戻ってくる。私がクレジットカードを無くしたと言うと、だってさっき須田ちゃんこの人に渡してたじゃんと素晴らしい裏付け発言をしてくれる。しかし、それでもカリフラワーは探さない。他の店員が探し始めて数分後、見事にキャッシャーの横に私のカードが落ちていた。須田リミッター爆発である。暴力はいけないので、事実だけをここに記してみる。もうね、須田関係者は行っちゃだめだよあのお店。ホント最悪。結局、1割しかまけずに終了。
IMG_2321.jpg
最後は、六本木と西麻布の間にある39で機嫌直し。のはずが、まあココでもちょっとした事件。家に帰っても相当不機嫌。まあ、こういう一日はあるんだなあと割り切るしかないけど、一日楽しいことと嫌なことがここまでたっぷり無くてもいいんじゃないの?とため息をつきたくなる一日。午前4時ぐらいに着信をいただき、結局5時過ぎに就寝。お疲れ様でしたオレ。

Diary | 2005-08-20 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2005/08/post_162.php/trackback

コメント

Comment from maze
9月 28, 2005 at 6:11 pm

須田様 Web上で失礼致します。本当に申し訳ありませんでした。 お店として今後このような事が無いように努力致します。
折角、お客様が御来店頂いたのに今回のような当方の不手際で御気分を害する事があっては大問題です。今回の事を真摯に受け止めて頑張って行きたいと考えております。 
本当に申し訳御座いませんでした。
また、当日不手際のあったスタッフは辞める事になりました。

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧