光を操作する一時→結婚式幹事慰労会。

IMG_2068.jpg
昨日、午前7時に帰宅した私は、シャワーを浴びて機材の準備をして1時間だけ就寝した後、一路代官山の美容室へ向かった。友人がこの美容室のホームページをデザインしているのだが、スタッフ全員のバストアップ写真を撮影してほしいとの事だったので、先日購入したストロボ二灯と背景紙の威力を発揮するチャンスだと引き受けたのだ。
写真は、ネガやポジといったフィルム、あるいはデジカメの場合はCMOSなどのセンサーに光を取り込むことによって記録を残す。難しいことをごたごた書いてもしようがないのだが、上記写真の通り、二つの傘に向かって光を灯しているストロボが、私のシャッターを切る動作と同調して、400ワットの光を照らすのだ。ストロボメーターを使用しつつ、何となく写った画像が気に入らないので、勘に頼って光を調整する。デザイナーも被写体のスタッフも気に入ってくれた写真が撮れたので満足満足。やはり写真は撮るのが一番の勉強だ。
カレーをご馳走になって帰宅後爆睡。目が覚めると、次の約束の時間を10分過ぎた時間。謝りのメールを入れて急いで支度をする。4月に幹事をした結婚式の幹事慰労会が新郎新婦の家で行われる事になっていた。
IMG_2080.jpg
赤いシャンパンをワインケースに入れて、タクシーに乗り込む。目が覚めるとちょうど家を通り過ぎてしまったところ。降りてダッシュ。久しぶりに会うメンバーと楽しい時間を過ごし、食後はサプライズで明日誕生日を迎える友人のお祝い。24時過ぎからカラオケに行って懐メロを熱唱。結局昨日と似たような時間に帰宅。おやすみなさい。

Diary | 2005-07-30 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧