良い音楽≠売れる音楽。

IMG_1967.jpg
「どれどれの唄」という曲が本日発売された。拝郷メイコさんという私と同い年のアーティストで、読売新聞のコマーシャルソングとして流れているので聴いた事があると思う。

どれどれの唄
B0009N2ZGU 拝郷メイコ 内田敏夫

ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2005-07-06
売り上げランキング : 368

Amazonで詳しく見る by G-Tools

元々は、どれどれというキャラクターをジブリの宮崎駿さんが作り、ジブリの鈴木社長から拝郷メイコさんが依頼されてコマーシャルのために作ったのだが、鈴木さんがこの曲の替え歌を子供が歌っている事を知り、CD化が決定したと朝のニュースで言っていた。その記者会見が、ハウルの大サーカス展を行っている現代美術館にて行われたのだ。
一通りのお話が終わり、拝郷メイコさんの曲披露が生ライブで行われる。アコギ一本で細い腕から奏でられる音楽に素直にすげーなーと感動。同い年なのも有り、色々考えた。かたや、お姉ちゃんから唄が下手といわれても音楽を辞めずにプロ、かたや世界を唄で回ったり、ライブ活動もしてちやほやされていたのに、現実を勝手に決めてプロ断念。勿論、私的に納得したし、今の仕事も他の事も全部楽しいしやるきまんまんだ。ただ、やっぱりそれでも音楽は私にとって一番大切なモンなのである。

久しぶりにフリップクリップを使って模様をアップ。怒られるかも。怒られたら消えます。
で、夜は夜でサウンドスケジュールのライブ。終わった後同僚と先輩合わせて4人で夕食→二次会。新しい会社で一番最初に私の事をケアしてくれた、見た目は本当に怖いし実際も怒らせたらトンでもない事になるんだけど、それでも人間味溢れる素晴らしい先輩が、今月末で辞める事になってしまい、凄くしょぼーんとして、今日のライブの後ご飯食べに行きましょうと誘ったのだ。
結局午前3時まで。売れる音楽と、良い音楽と、好きな音楽と、嫌いな音楽、色々な切り口から語り合う。全員が業界な訳で、それぞれがそれぞれ自分のポリシーを持っている4人の話は面白い。でも、やぱり先輩の論理性は凄い。結局、経験がこの世界一番大事なのかも。勿論勉強も。センスだけでどうにかなる世界じゃないんだよ。人と人。そこを真摯な態度で接する事により、初めて信頼関係が生まれて、そこから本当に良い音楽が生まれて、世に出る。それでも、それが売れる音楽とは限らない。難しいけど、それが現実。
プレイヤーズ王国にも、良い音楽は沢山転がっている。なんで、この人プロにならないんだろうって思う人もいる。でも、もしかしたら、そこには良い人のつながりが生まれていないのかもしれない。SoulSwitchが目指すところに、人と人とのシナジーを沢山のチャンスと共に提供したい思いがある。全然違う世界だけど、今の会社は勉強するところが本当に沢山。勉強できるだけ、勉強しよう。今日は有意義な時間を一日過ごせた。

Diary | 2005-07-06 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧