おばあちゃんいってらっしゃい。

DSC00425.jpg
午前8時前に目が覚める。目覚ましをセットした時間よりも早く目が覚めるのは久しぶりだ。いつもはベッドの中でうだうだしている時間も、今日はぱっと飛び起きて洗顔と歯磨きをする。昨晩用意しておいたワイシャツとネクタイを巻いて髪をセットした。髭もそってしばらくすると、お骨を持った親父がうちに来る。車二台で目黒不動に向かう。
控え室に到着すると、既に親族の方が見えていた。一人一人に挨拶をして、11時から法要が始まる。そういえば、昨晩の天気予報では午後まで雨が降ると言っていたのに、お不動様に着いた頃には雨が上がっていた。そして、法要が終わって外に出る頃には晴れ間が差していた。
おばあちゃんのお骨は、大好きだったおじいちゃんの骨壺にぴったりより沿うように入れられた。これで天国でも仲良く過ごせるだろう。
49日、長いようで短いようで長かった。やらなくてはいけない事は山積みだったし、まだ終わってもいない。ただ、この時期におばあちゃんが旅立ったのは何かあるわけで、これらを何でだろうと思うのではなく、前を向いてちゃんと受け止めていかなくてはいけないと思っている。おばあちゃんが、ずっと私を大切にしてくれていたように、私も生まれくる子供、そして孫を大事にしていきたい。有難うおばあちゃん。天国でゆっくり大好きなおじいちゃんと過ごしてください。


DSC00427.jpg

Diary | 2005-05-07 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2005/05/post_78.php/trackback

コメント

Comment from はむ
5月 8, 2005 at 1:44 pm

おばあちゃん、天国でお幸せに。
あとはsudaさんがどう生きるかですね。
ふぁいとー!
私のおばあちゃんも、ついに意識が混濁してきて。
今は自宅で点滴うけながら、おじいちゃんが傍についていて、もう話はできないんだけど、「幸せだっていっちょるよ」ておじいちゃんがおばあちゃんの言葉を伝えてくれてます。
今はただ祈るばっかりなんだけど。

Comment from Suda
5月 9, 2005 at 3:04 pm

コメント有難う。
そうか、はむちゃんのおばあちゃんは自宅にいるんだね。大好きなおじいちゃんが傍についてくれてるから、おばあちゃんは落ち着いていられると思います。こっちのおばあちゃんは、多分今頃天国で、おじいちゃんにおじいちゃんが死んでからの10年以上の時間をゆっくり話してると思います。
はむちゃん、今できることは多分おばあちゃんが安心できるように、自分に嘘付かず、精一杯生きて行くことなのかなと思います。これからの僕は、相も変わらず攻めてくよー!

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧