丸二日パソコンに触らない旅@伊豆高原

2日目朝食
なんにせよ、SoulSwitchリリース→ペテカン公演→ビデオ作成と、公私共に充実しすぎていてガス欠気味だった2月~3月。もともと同期と旅行の約束が入っていた12-13日だったが、予定が延期になり、相方もこの日程空いていたので強引に旅行の日程を入れた。そして、合い言葉はお互いパソコンを持ってこない!で決定。
しかし、実際問題、なにか問題が起こったらどうしようとか、Mixiチェックしないと!等、落ち着かないのではと、出発するまでハラハラしていたのは事実。どうにも、PC依存症気味だ。これは病気。
が、心配はご無用。この土日で、パソコンの事を気にした時間は皆無。美味しい料理と、最高の環境と、暖かい人柄に囲まれて幸せな時間を過ごせた。
というわけで、長くなる&やたら料理の写真が多いので追記へ


自宅を9時過ぎに出て相方をPickUp、一路まずはホテルへ向かう。東名→小田原厚木→二宮→伊豆まで続く一本道with渋滞のおかげで、結局片道4時間半。いい加減運転に疲れてきたところに、怪しい少年少女博物館とか、ねこの博物館とか訳の分からない地方独特のにおいがする博物館の出現に助けられ、どうにかホテルに到着。
今回の宿泊地は、サン・トロペ
〒413-0232
 静岡県伊東市
 伊豆高原八幡野1249-6
 TEL: 0557-33-6900
チェックインが15時だったので、まずはお昼ご飯を食べようと、途中に通った更科そば屋へ。
更科そば
駐車場から、エントランスまではかなり良い雰囲気なのに、暖簾をくぐって中に入ると定食屋さん。勿体ないけど、実際手で打ったソバが出てきて味には満足。相方は山菜ソバで私は鴨せいろ。
15時にチェックインして部屋に入ると、これまた広い!20畳程ある!部屋備え付けのお風呂はジャグジーだし、
ジャグジー
カーテンを開けると、オシャレな一輪挿しまで置いてある。
IMG_2473.jpg
なにより、オーナーが暖かい。もう、必死に私たちを持てなそうとしてくれる気持ちが伝わる接客。まさか、決まったのが金曜日の夜だとは思えない程ナイスなホテルだった。
夕食は、オーナーの奥様が作るフルコース。
IMG_1306.jpg
ちゃんと、食器も頑張ってそろえてある。
伊豆でとれた刺身
今回じゃらんで予約をしたのだが、一人頭1000円違うだけで刺身盛りが付くコースが有り、勢いでそっちを選んだら、これまたビックリする量&鮮度のお刺身が。普通に美味しかった。ってか、これとみそ汁とご飯だけで夕ご飯はいらないのではという位の量。このインパクトが強くて、前菜のサザエとバケットの写真を撮るのを忘れた。
カルパッチョ
サラダは鯛のカルパッチョ仕立て。ソースがなんか本を読んで頑張って作りました!って感じがとても伝わるのでオーナーに聞いたら、やっぱりオーナーが必死に作ったソースだった。うんうん。その頑張りが伝わります。多分、スプーン1杯とか、ホントに丁寧にはかってる感じが伝わりました。
コンソメスープ
スープはコンソメスープ。私の嫌いな野菜だらけだったけど、勢いで食べる。久しぶりにコンソメスープを飲んだ。
伊勢エビ
魚は伊勢エビのソース仕立て。この後お口直しに桜餅のシャーベット。
メイン
メインはお肉。柔らかくて美味しかったよ。ちゃんとプレートも温めてあって、高感度抜群。他にも、高感度抜群なのは、爪楊枝の先にミントが塗ってあった。
爪楊枝
また、食器が全部Noritakeで統一されていたのも高感度高し。
Noritake食器
全てにおいて、夫婦で共に頑張って運営している気持ちが伝わるホテルである。私も相方も人なつっこい人は大好きなので、かなり上機嫌。他のお客さんが帰った後、露天風呂の話をして、優先的に一番風呂に入れて貰う事に。コミュニケーションをとる事は、こういうところでも得をする。
露天風呂
というわけで、夕食後一息ついて露天風呂へ。貸し切りなのでゆっくり入る。いやはや、出来たばかりの風呂は綺麗!外の寒さと湯船の暖かさのコントラストがとても居心地良い。
ゆっくりお風呂につかって、部屋に戻り、ビール片手にダヴィンチコードの番組を見る。いつもなら、ここで机の上にパソコンがあるのだが、今日はない。というよりも気にならなかった。相当なリフレッシュだ。
翌朝の朝食は部屋で食す。一番上の写真が朝食。なかなか贅沢に作ってくれる。10時のチェックアウトを経て、城ヶ崎海岸へ。撮った写真が昨日のエントリー。
昼過ぎに東京に戻ろうと、ゴルフコースが有名な川奈ホテルを通り道を進むと、相方がさっきの道を曲がると美味しい店があると言い出す。美味しい店と聞いて行かない訳にはいかない。超強引なUターンを経て、海女の家という海沿いの料理やへ。これまた美味かった!
前菜
定食を頼むとこの前菜が来る。サザエは美味しい。
海女っこ丼と魚のアラ汁
なんといっても、このアラ汁!本当に美味しかったわぁ。これで500円は安い。
海女っこ丼アップ
どんぶりも美味しかったわ。この写真、ファン多しw
地魚丼
相方は地魚丼と、青さのみそ汁。青さのみそ汁は200円なのに、超ボリューム&ナイステイスト。すばらしかった。本当は私もみそ汁二杯行く予定が、アラ汁でお腹一杯に。
とまあ、グルメし放題で伊豆を満喫し、一路東京へ。往路は4時間半かかったのに、復路はたったの2時間で東京に到着。丁度、今日兄貴達が引っ越しをしていたので、手伝いに行く。
IMG_1345.jpg
必死に棚を作る私たち。それを見守る妊婦エミ姉。
1時間ほど手伝い、夕食は急遽お気に入りになった楽の房で焼き鳥を食べて大満足。というわけで、リフレッシュ出来た週末だった。

Diary | 2005-03-13 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2005/03/post_37.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧