4ヶ月の緊張が解けた瞬間。

祈り
最後の曲が始まる。昨年の12月8日、社内のプレゼンテーションでDVD資料に使った曲「祈り」だ。11月から始まったSoulSwitchプロジェクト。全てはこのイベントをこのエクスレルムでやりたいと上司に相談したところから始まった。スタッフの選定、コンセプト立案、フリーペーパーの制作、
ウエブ作成、丸3ヶ月間で全てを準備し、今日を迎える事が出来た。
これが終わりではない。一つの区切りであり、やっと今日までのコンテンツを持って、協力先や新規ビジネスを考えていく。それでも、今日という区切りを迎えられた事は本当に嬉しい。皆さんのご助力があってこそ、私の納得いく仕事が出来た。本当に有難うございました。
それでは、今日の流れをダイジェストで、追記にて。


IMG_2644.jpg
会場に到着すると、既にスタッフ2名と、同僚2名が到着。配信系をまるまる担ってくれたYちゃんのテストを横から見る。まるで暗号の様なマトリクス画面を巧みに操る彼に萌。
IMG_2644.jpg
会場にご来場いただいた方は感じていただけたと思うが、演奏者各個人にきちんと照明が当たっているのに、スクリーンに全く照明が被っていなかったと思う。それは、彼の卓越した照明技術により、私の注文を全て受け入れ、調整をしてくれたからだ。
IMG_2649.jpg
PM5D、この規模のイベントで使うには高尚すぎるかもしれない卓だが、出音も配信に使う音も録音に使う音も、全てに気を遣ってミックスをしてくださった。
IMG_2651.jpg
バンドメンバーが到着し、サウンドチェックからリハーサルが始まる。各個人第一線で活躍している方々。1回ミスしたら、次回は絶対にミスらない。当たり前の事だが、その当たり前を実践出来る技術を持っている。私なんて、同じところで何回もミスをするのに。。
IMG_2658.jpg
写真投影メンバーも到着。配信チームの機材の横にパソコンを並べて、準備。今回は、4チャンネルの映像をまぜて配信。1つは俯瞰図、1つはピアノのみ、1つはハンディー、1つはパソコンからの映像。ほぼ打ち合わせゼロの状態だったのにも関わらず、すばらしい画が録れた。
IMG_2659.jpg
そして、本番。来週以降にSoulSwitchホームページにて配信するが、すばらしかった。
IMG_2661.jpg
終わった後、撤収時間を2時間見ていたのだが、卓越したスタッフワークにより、1時間もかからず終了。いつも、素人で集まって試行錯誤してイベントを作っている私にとって、久しぶりのプロとの仕事は刺激がたっぷりだった。色々今回感じた事をまとめて、会社に提出しよう。
IMG_2665.jpg
打ち上げは、皆さんと話しっぱなしだったため、写真一枚もとらず、食事もあまり食べれなかった。というわけで、お腹すいたものメンバーで、かおたんラーメンを食す。黄身が2個!!
IMG_1393.jpg
そして最後は、友人宅にて内輪打ち上げ。付き合い始めて、1ヶ月を越えたので、本邦初公開の相方さん。というのも、ニューヨーク在住の後輩から、相方=百合と思っていたとのメッセージがあり、伊豆旅行など、ここ最近の相方さんとの行動が、すべて百合と行われていたと勘違いされたいたのだ。ここ最近の相方さんは、プライベートの相方さんである。
なにはともあれ、本当に素晴らしい仲間に恵まれ、ここまで来れたと思う。帰宅し、ベッドについて、やっと肩の力が抜けた。一晩ゆっくり休んで、明日から次のSoulSwitchの一歩を歩み始めよう。

Works | 2005-03-20 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2005/03/4.php/trackback

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧