生まれる瞬間を分かち合う仲間達。

IMG_2324.jpg
今日は文章形式は無し。
箇条書き。上司のまね。
午前中→カメラマンのポートレートを撮影@駒沢公園。
お昼過ぎ→お昼ご飯を超速で一人でしょぼんぬしながら食べる。
14時半→会社到着→20時過ぎまで契約書とか、広報とかと打ち合わせ
20時半→恵比寿到着→久しぶりの代官山まんぷくで会食→急いで帰宅→資料まとめ
26時→デザイナー宅到着→徹夜で言葉を紡ぐ作業
IMG_1156.jpg
33時(つまり午前9時)→完成
みんな最高。愛してます。胸を張って行きます。本当に有難う。

Works | 2005-02-17 | パーマリンク | コメント(0)

手紙。

20050214.jpg
手紙。
本来休みの日は、その名の通り休まなくてはいけない日。しかし、サラリーマン的にはストレスを発散させる為に、有意義に遊ぶ時間になる。が、度を過ぎた遊びっぷりを発揮すると、週頭から死にそうな日々が続いてしまう。
今週は、仕事にて本当に大きな大きな山が有り、先週からWeekdayは頭をフル回転する時間が続いていた。さらには連休も遊んで帰ってから深夜までパソコンと向かい、ひたすら自分と向き合って言葉を紡いでいた。
正直自信が無くなる時もある。素直に書けば、上手くいかないとはどんどん自分に自信がなくなり、モティベーションを保たなければいけないと、自分を無理に奮い立たせて悪いスパイラルに入っていく。先日のエントリーで、OB訪問に来る後輩へのメッセージを載せたが、自分がやりたい事、描いている未来に向かって進んでいるのに、その道が自分の能力の無さで荒れた道路になっていると、どんどん自信がなくなっていくのだ。私だって人間なのだ。凹むときはとことん凹む。
そんな月曜日、ふらふらになりながら帰宅すると、リビングの机の上に懐かしい高校のレポート用紙が置かれていた。よく見ると、私が一昨年高校で授業をした時に生徒から貰ったレポートだった。
授業内容は、友達の大切さを語った気がする。Aqua Treeにある私の過去日記に詳しく書いてあったので追記へ。

Read more »

Diary | 2005-02-15 | パーマリンク | コメント(0)

さきっちょと学ぶサービス業の今@casita青山

デザートプレート
メッセンジャーの小窓がウインドウに出てくる。
「13日の夜、お時間ありますか?」先日、AcademediAにてお会いした時の人さきっちょが、連休所用で東京に出てくるらしく、たまたま13日の夜が空いているので食事などどうかと誘ってきてくれた。学生とはいえ、扱い的には芸能人並にスケジュールが埋まっている彼女からの誘いを断る訳にはいかない。是非にと返事をして、食べたいものを聞く。須田的データベースには、一通りの食材に対して対応できるショップリストが入っている。
「じゃあ、野菜が美味しいお店でお願いします。」
Σ( ̄□ ̄ |||)
野菜ですか。普通、肉とか魚とかパスタとか和食とか・・・・そういう切り口なところに、野菜が美味しいところという切り口ですか。正直困った。根本的に肉か炭水化物が好きな私であり、どちらかというと野菜は余り好きではない。つまり、私のデータベースには全く該当する店が無かった。いや、一つだけ有ったのだが、メッセの最中に電話をすると日曜日は休みと容赦なく切り捨てられてしまったのだ。本当に困った。電車男的に言うと「めしどこか たのむ」である。
結局、店はそのメッセ中に決まらず、どうしようかと友人知人に聞きながら日々を過ごしていたのだが、やはり端から聞いた話だけでいきなり友人を連れて行くのは万が一美味しくなかった時の気まずさが怖い。そんな中で、木曜日に行った移転したばかりのcasitaの雰囲気が、相も変わらず心地良かったので、hiroさんに日曜日空けて下さいよ!とお願いをしておいた。
前日の土曜日、Hiroさんから携帯に電話がかかり、席がとれたとの報告を受ける。おお、急なお願い&間違いなく日曜日の予約は満タン&キャンセル待ちも何人かいらしたはずという状況の中、席を取って貰ったのは素直に嬉しい。というわけで、前日にお店が決定する。
さてさて、ここからは長い&Casitaの種明かし部分が書いてしまってあるので今後行く予定の人は見ない方が良いです。とりもあえず是非一度は伺ってみて下さい。
上記を踏まえて追記へ。

Read more »

Restaurant&BAR | 2005-02-14 | パーマリンク | コメント(0)

幸せな二人と、幸せな一人と、囲む笑顔達。

結婚する二人。
まだ会うのは5回程だが、かなり濃い付き合いをさせていただいたいてる友人がいる。共通の友人を介して紹介して貰ったのだが、ここ最近は二人で会うことが多かった。話しの内容は非常に濃い。特に仕事の進め方については、かなりのアドバイスを貰っているくらい、論理的分析に長けている友人だ。
そんな彼女が、この7月に結婚することになり、披露宴、二次会の相談を受けていた。披露宴では何らかの余興もするらしい。性格的に頼みやすいのか、結婚式では余興なり司会なり、なんらかの事を頼まれる事が多い。しかし、まだ彼女と知り合って数回しか会っておらず、新郎とは一度も会ったことが無かった為に、何をしていいのか全く想像がつかなかった。
そんなある日、彼女から週末ランチをしないかと連絡が来る。予定が無かったので大丈夫と返事をすると、関西在住の新郎が東京に出てくるので一緒にランチをしない?と誘われた。新郎新婦、両方と知り合っておいた方が、余興含めて関わりやすい。是非にと、今日青山でランチをしてきた。
まー、しかし幸せそうなお二人。結局、ランチが終わった後は、二次会の会場となりそうな場所を案内することに。最後は私のオフィスの1階にあるカフェに行き、どうやらここになりそうな感じのメールを後で頂いた。
私的にかなりの距離を歩いたので、おうちに帰って休みたかったのだが、まだまだ今日は長い。
続きは追記にて。

Read more »

Diary | 2005-02-13 | パーマリンク | コメント(0)

鳥よし 中目黒店

鳥よし看板
鳥よし 中目黒店
前日の朝帰り疲れが全く抜けていない連休初日。目が覚めたら午後5時。一日をまるで潰してしまったことを後悔しつつベッドから起きる。軽い頭痛が昨日のお酒の量を教えてくれる。
階段を下りると家に人の気配がしない。と思っている最中に母から電話。夕食どうすると言う母の声に、まだ寝ぼけている私は家で食べるから良いと電話を切る。顔を洗ってさっぱりした後、ふと(焼き鳥が食べたい!)と突発的に思いつき、すぐに母に電話をする。
というわけで、久しぶりに母と食事@鳥よし中目黒店。大将含む店員の方々にいつのまにか顔を覚えてもらったので、非常に居心地がよい。久しぶりに親とガチンコとで話し合う。人間何歳になっても成長したいもの。母に遠慮無く嫌なところ良いところをぶちまけ、母も母で私に対して遠慮無く突っ込む。
鳥よしの焼き鳥は、文句なしに現在の私に取って一番美味しい焼き鳥だ。予約は出来ないが、是非一度行ってもらいたい。
帰宅後、レコーディングの為にアレンジを始める。3時間程続けていたが、どうにも体調が良くなく、風呂に入ってベッドに入り、今度はベッドの中で仕事。文章を書くことは本当に難しい。うんうん唸っている内に、いつのまにか朝日が昇っていた。これでは体調が良くなる訳がない。明日こそゆっくり寝なければ。

Restaurant&BAR | 2005-02-12 | パーマリンク | コメント(0)

ビジネスモードとプライベートの境目。

若林さんおめでとう!
公私をきっぱり分ける人がいる。オフィスでは仲良く話をしているのに、仕事を終えてオフィスを出た瞬間プライベートモードに切り替わり、外で会社の人と会っても挨拶すらしないほど切り分ける人も居る。ここまでいかずとも、仕事モードの自分と、プライベートモードの自分は性格が違うからと、付き合い方を変える人が多いと思う。
私自身どうかと言えば、仕事で絡んだ人は、業務内の私を怖がる人も中にはいるが、大半はプライベートの私と変わらないと思っていると思う。どちらかというと、その人その人に合わせた付き合い方をしているのだろう。
さて、何が言いたいか。3連休を前にした今日、元々は仕事で外部コンサルタントとして知り合い、度々このブログにも登場している知人の誕生日パーティーが有った。彼は、いつもプライベートで集まっているメンバーの中では、とてもひょうきんで面白おかしい人と認識されている。しかし、そんな彼も会社では副社長であり、会社の経営や人事をまとめ、クールな人と認識されていた。ちなみに私はどちらの彼も知っているので、その場その場で彼に合わせて私も変えている。
今日のパーティーは、完全サプライズで行われ、彼はいつものメンツ、つまりプライベートモードで彼が過ごせるメンツでのパーティーと認識して来ていた。しかし、今回はサプライズ。裏で会社の仲間に連絡をし、仕事関係の人も招待したのである。突然会社関係の人が来て驚く彼。彼の表現を借りれば「認知不協和」が起きていて、整理がつかない様子だった。勿論結果的には楽しんで貰えたが。
ビジネスの自分と、プライベートの自分をきちんと分けるべきなのか。個々人の判断は違うと思うが、私は家庭が出来たら話は違うと思うものの、現状は全く分けていない。土日でも仕事関係の人と会うし、逆に業務内でもプライベートで知り合った人と話をして良い刺激を貰ったりする。多分、まだ上下関係がはっきりしていない中で仕事をしているからこそ境目が無くても大丈夫なのだろう。結果的に、仕事に幅が出来て、またプライベートの付き合いに近い形で接しているため、遠慮無く発言をして貰える。時にはどん底まで凹むような事も言われるが、それはそれで糧になるわけで、ビジネスモードの社交辞令の固まりよりかは遙かにましだと思うのだ。
彼は副社長という立場なので、ビジネスモードでは毅然とした態度で居なくてはいけないと思っているようだった。中々難しいものである。しかし、今日の彼の戸惑いっぷりは、かなり好感度をあげていた。
パーティーが始まったのが、午後9時頃。結局1次会のお店は11時半迄で閉店となり、2次会は新しく移転したカッシータに伺った。

Read more »

Diary | 2005-02-11 | パーマリンク | コメント(0)

OB訪問に来る学生に話すこと。

高校時代から組んでいるバンドのメンバー達がメールにて近況を報告していたので、先日の音楽会議を特集してくれたサイトのアドレスを送った。(ちなみにそのサイトはこちら)それに対して、小学校時代から付き合いが続いてるメンバーから返事が届いた。
> こういうの見ると,つくづく須田は須田に超向いている仕事をしてるなって感じがするよ
素直に嬉しい。正直本当に自分に向いている仕事が出来ていると思う。ただ、これに関してたまに須田は運が良いねえと言ってくる人がいる。それに関して、私は運が良いことは無いと思うよと必ず反論するようにしている。
どんなに頑張っても、どんなに優秀でも、どんなに結果を残しても、どうしようもない上下関係なり環境で報われない事がある。その事を運が悪いと定義し、それ以外の人を運が良いと定義するならば、私は運が良いのだろう。ただ、この定義にするならば、かなりの人が運が良くなってしまうと思う。
さて、長くなりそうなので追記へ。

Read more »

Diary | 2005-02-10 | パーマリンク | コメント(0)

*年前の今日の写真。

2004年@草津
今日は一日会社で、取材を受けたり会議に入ったりと忙しくしていたため、はっきりってネタがない。
帰宅して、どうしようか悩んで、そうだ!と思い過去のアーカイブが詰まっているハードディスクをマウントする。
今日は2005年2月8日(書いている日は2/9の明け方)なので、一年前から、三年前の今日の私を紹介。
まずは、上記写真。去年の丁度今頃は、草津に大学の仲間達と旅行に行っていたらしい。まだあれから1年か。賽の河原という神話の中だけの話かと思っていたら実在の場所だった事に驚いた記憶がある。温泉が気持ち良かった。

Read more »

Diary | 2005-02-09 | パーマリンク | コメント(0)

過去の自分と現在の距離感。

幼稚舎同窓会兼送別会
小学校~中学校時代、高校時代~大学1年生、大学2年生~大学3年生、大学4年生~社会人2年目の11月、社会人2年目の11月~今まで。私の人生はこう区切れる。高校から大学1年生までは、バンド活動を始めて、麦麦クラブでの活動に精を出していた。そして、バンド脱退と共に大学2年からベンチャーを始める。普通のアルバイトとは額が違う収入を得て今となっては恥ずかしい限りの生活を送っていた。大学4年生の時にその恥ずかしい自分に気付き、気取った服装から、Tシャツ短パンのハワイの日系おじさん的風貌になる。それでも、過去の栄光をかざす生活を送り、社会人2年目の11月に私の人生を大きく変えてくれる人たちと出会い、今その人たちと共に生活も仕事も余暇も過ごしている。
小学校時代、太っていて運動も出来ない、勉強も出来ない私は、まだコンプレックスも無い段階で、コミュニケーションの取り方も本当にへたくそだったのだろう、話題の中心に入る事が出来ない自分を本当にもどかしくなり、合唱隊でちやほやされていたのを盾に、実態の無い自信で自分を着飾っていた。そんな私に対して、遠慮が無い小学生同士のコミュニケーションは時に冷酷で、社会人になってもトラウマとして存在する程の、人付き合いしか出来ていなかった。
今日、当時の友人が中国に転勤をする為に送別会を兼ねたプチ同窓会が開かれた。別に彼らの事が嫌いな訳では全然無い。二人きりで会っているときは気心しれた会話を楽しめる。しかし、それは二人で会っているからであり、話す対象が自分に集中している環境だからこそ楽しめるのだ。マスの中での自分自身の距離感の取り方を毎日模索しているが、とりわけこの小学校時代の友人達の中での自分のスタンスは、20年たった今も分からないでいる。結果、変な会話をして周りに嫌な思いをさせるか、全く喋らずに周りに気を遣わせてしまうかのどちらかになり、それならば行かない方が良いと参加する事を控えていた。
しかし、今日は送別会も兼ねている。彼とは仲良く過ごしていたので、勇気をだして参加をしてみた。あまり多くは語らない。ただ一つ嬉しかったのは、上手く意志の疎通がとれなくかなり引き気味で接していた友人と会話を持てた事だ。このブログを読んでいる大半の人は、須田のそんな姿は想像つかないと思うだろう。ただ、逆に小学校時代の友人は、このブログを読んでいる大半の人が知っている私の事を全く知らないのだ。それくらい性格も考え方も価値観も金銭感覚もここ数年の私は違う。
過去の自分のコンプレックスをひきずるのは、そろそろ卒業しなければならない。それでも、その過去の自分を知っている中での距離感は、きちんと自分のモノにしないといけない。考えすぎと笑われても、これを考えて乗り越えない限り、私はずっとあのコミュニティーを避け続けるしか無いのだ。

Diary | 2005-02-08 | パーマリンク | コメント(0)

ホームパーティー最高!

IMG_1076.jpg
二日連続でホームパーティー。しかも、食前に昨日初めて食べたモンドールのとろけているチーズが卓上に!さらには、ふかしたジャガイモと合うらしく試してみたら最高!いやはや、最初からのりのりだった。
ヤマハに入社し、正式配属後一番最初の大きな仕事でご一緒してもらったコンサルタントの方に、自宅に招いて貰った。合計4人で、本当に真面目な話を永遠と。やっぱり頭の回転が速い人との会話は、私自身があまり気を遣わなくて良くなるのでドライブする。どんどん話は膨らんでいって気持ちがよい。今後の話を色々とお願いした。
彼も、私の友人も、明朝早いので22時半に終了。彼の家を後にして、友人と別れて駅に歩いていこうとしたが、そういえばベンチャー時代の会社の新人営業が近くに住んでる事を思い出し電話をして呼び出し。結局、終電ぎりぎりまで呑んで帰宅。たっぷりな週末であった。

Diary | 2005-02-07 | パーマリンク | コメント(0)

もう3ヶ月経ったんだ。

IMG_1075.jpg
昨年の11月に小学校時代の先輩で、ずーっとお世話になっている友人が結婚した。披露宴→二次会とカメラマンとして写真でお手伝いをしたのだが、その時の幹事打ち上げが、新居にて行われた。
結婚式の幹事打ち上げで自宅にお呼ばれするのは、一昨年の同級生以来一年ぶり。どんな家だろうとどきどきしながら家をでる。駅は松陰神社。三軒茶屋から世田谷線に乗るのだが、全く持って都会を感じさせないローカルな臭い漂う駅であった。
世田谷線三軒茶屋駅

Read more »

Diary | 2005-02-06 | パーマリンク | コメント(2)

三上ちさこLive@渋谷クラブクアトロ

羽ばたく三上
久しぶりにカメラマン須田にオフィシャルな依頼が来た。三上ちさこさんの本当に久しぶりのワンマンライブの撮影。仕事を18時に終えて急いでオフィスを出る。
渋谷から小走りにセンター街を抜けてクアトロに到着し、AAAパスとPhotographerパスを服に張って舞台袖にあがる。既に開場しておりお客様は沢山。開演直前には満員になっていた。
ステージ上にはドラムセットをセンターに、下手にベースアンプとギターアンプ、上手にギターアンプが2台。どうやら鍵盤系なしのギター三本で上物は行くらしい。これはカメラを置いてオーディエンスとして楽しみたい気持ちが盛り上がってくる。
そして、15分押しでいよいよライブスタート。写真を何枚か追記に張ります。

Read more »

Works | 2005-02-05 | パーマリンク | コメント(0)

やっぱりみんな凄いです。

IMG_1043.jpg
いつも10時半出社の私だが、今日は10時から打ち合わせが有ったので、久しぶりに1時間早く家を出た。昨日急に御殿山にある天下のメーカーに訪問することが決まったので、丸一日きちんと仕事をする時間が無いかもしれない事を見越し、早めに必要事項を片づけるためだ。
会社に着いて、今日中にやらなければいけないメール処理等々の諸雑務を終えて、10時から打ち合わせ。コピー機がとっても有名な会社の人と話をしたのだが、なんと新人の教育は缶詰で3ヶ月間徹底してビジネスマナーなどを教えるらしい。凄い。。うちの会社なんて、ビジネスマナーは2日だったぞ。あと、会議には新人をどんどん連れて行って、身体で場の空気の読み方を勉強させるとも言っていた。確かに。それは良いかも。色々勉強になる。
そして、ぎりぎりまで仕事をして、タクシーで御殿山へ。日本が世界に誇るメーカーソニーさんに訪問。長くなるので追記へ。

Read more »

Diary | 2005-02-04 | パーマリンク | コメント(0)

鞄の中の小物達。

IMG_1036.jpg
FlipClipにて、1日1回はエントリーすると言った。いや、ぶっちゃけ大変だ。既に挫折したい。でも、ばっちょに釘を刺されたので、寝ぼけ眼をこすってエントリー。
しかし、普通に仕事をしている訳で、仕事の内容なんて書いたらクビになる訳で、という事は仕事後の事を書けばいいのだろうけど、そんな事をしたら私のプライベートはまるで無くなってしまう。
というわけで、ネタが無い日は小物系で攻める事決定。
まずは、鞄の中の小物達を紹介しよう。

Read more »

Things | 2005-02-03 | パーマリンク | コメント(0)

友達の友達は友達だった。

IMG_1034.jpg
まあ、世の中本当に不思議な事がある。顔は広い方だし、新しく知り合った人が会話をしていくと実は前にニアミスしている事が有ったなんて事は結構ある。しかし、コレが仕事関係となるとそうそう無い事だ。
先日、深夜に友人からメッセンジャーで自分が運営しているコマースサイトで分からない事があるから助けてくれと話しかけられた。結局ジャバスクリプトの関数化の部分が問題だったので、眠いときはあきらめて翌日対応したのだが、その時にデザイナーとして友人をメッセンジャーで紹介された。
メッセをやってる人で、MixiかGreeをやっている人口は多いと感じている。聞いてみると案の定両方に登録していたので早速リンクをした。Mixiのコミュニティーをみてみると、祐天寺のコミュニティーに属している。もしやと思い聞いてみると超ご近所さんであった。
その後、ちょくちょくメッセで話していたのだが、事件はこのブログで起きる。AquaTreeライブ打ち上げエントリーにコメントが記入される。
「おおなんとりょうせいくん発見!」
・・・・・・・・・Σ( ̄□ ̄ |||)
続きは追記にて

Read more »

Diary | 2005-02-02 | パーマリンク | コメント(0)

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧