OB訪問に来る学生に話すこと。

高校時代から組んでいるバンドのメンバー達がメールにて近況を報告していたので、先日の音楽会議を特集してくれたサイトのアドレスを送った。(ちなみにそのサイトはこちら)それに対して、小学校時代から付き合いが続いてるメンバーから返事が届いた。
> こういうの見ると,つくづく須田は須田に超向いている仕事をしてるなって感じがするよ
素直に嬉しい。正直本当に自分に向いている仕事が出来ていると思う。ただ、これに関してたまに須田は運が良いねえと言ってくる人がいる。それに関して、私は運が良いことは無いと思うよと必ず反論するようにしている。
どんなに頑張っても、どんなに優秀でも、どんなに結果を残しても、どうしようもない上下関係なり環境で報われない事がある。その事を運が悪いと定義し、それ以外の人を運が良いと定義するならば、私は運が良いのだろう。ただ、この定義にするならば、かなりの人が運が良くなってしまうと思う。
さて、長くなりそうなので追記へ。


何が言いたいか。最近、学生時代の友人とメールなり、チャットなりで話すことが多い。Greeないし、MixiといったSNSのお陰で、ほとんど連絡を取っていなかった友人からリンクをされ、それをきっかけにコンタクトを取ってくる友人が増えたからだ。
勿論、趣味の話や、結婚の話など、聞いていて面白い話もあるのだが、話の内容の中でパーセンテージ的に多いのが、須田はいいよなあ的話である。そこから、自分がいかに報われていないのかの愚痴が続き、今の仕事がいかに面白くないかを話し、あげく須田になりたいよと吐き捨てて満足する。大体の人が、この一連の流れを受け止めるだけで明日への活力になるようなので、自分に余裕が有るときは話を聞いてあげているようにしている。
そこで気づいた事は、彼ら彼女らに共通していることは、報われる為の努力の仕方を知らないのだと言うことだ。私が、ヤマハに入ってずーーーっと幸せな生活をしていたかと聞かれたら、受け身の幸せは無かったけど、自分が幸せになるように努力したから幸せだったと答えている。
入社1年目の正式配属から数ヶ月で、とあるコンテンツの統括になった。先日のエントリーで書いた通り、大学4年生から新社会人までは、ベンチャーでの自信を過度に持ち、自分は何でも出来ると勘違いしていた。しかし、その自信も会社の中ではちっぽけなものだと気づかされる。思い通りにいかない事を、自分の担当の仕事のせいにしていた事も確かだった。
しかし、ここで発想の転換が生まれる。どっかの本に書いてあった言葉「今の環境に満足しないなら、まず今の自分の立ち位置をきちんと受け入れなさい。理想の自分を今すぐ叶える必要はありません。今の自分と理想の自分への道が見えれば、きっと今の環境を満足できる環境に変えることができるでしょう。」これにやられたのだ。
あれ?俺、将来どうしたいんだったっけ?
遠足とかで山登りをしたときに、最初はうだうだ文句を言っているのだが、山頂目指して有る程度行くと、山登りの行為自体を身体が自然と受け入れるようになる。波にのってくると、運動音痴だった私でも、快感を覚えるようになる。
私の将来をここで語るのはやめよう。正直、まだきちんと固まっていないし、固める必要も無いと思っている。漠然としてでも自分の先を照らしてくれていればそれで良いものだと思う。ただ、その将来の根幹にあるのは、直接人の笑顔に繋がる様な事をしていければ良いと思っている事だ。
去年まで統括をしていたコンテンツは、インターネットカラオケのコンテンツだった。正直最初はパソコンでカラオケ?と思いながら仕事をしていた。悶々とした日々が続いていた。お客様に満足してもらう事も出来ていなかった。しかし、ここで私は自分の根幹にあった直接人の笑顔に繋がる事をしたいという自分のテーマに目を向けていなかった。インターネットカラオケなんかで楽しむ人はいない。そう心のどっかで決めてしまっていた。
この私の考えを改めてくれたのは、他でもない、そのコンテンツを利用してくださっているお客様であった。目の前でお客様が実際に歌ってくれた。会議室のパソコンで歌ってくれたのだ。そして、こんな楽しいサイトを作ってくれて有難うとお礼までいってくれたのだ。
はっとここで目覚める。どんなコンテンツでも、見せ方や手段で、いくらでも輝かせる事が出来る。その日から、ひたすら出来る限りの事をサイトに施した。お客様にも直接会った。家の近くまでお伺いしたこともある。
ここで言いたいことは、仕事内容自体は全く変わっていないという事だ。自分自身の意識を変えるだけで、それまで会社に行くのが何とも足取り重かったのに、のりにのっていると朝の8時半に出社して24時過ぎまで働いてもまだ働きたいテンションに変わっていた。
目的感が無い仕事、、、というか人生は、面白みが半減する。これを教えてくれたのは上司だった。毎月自分の目的と目標を自分自身で定めて、それに嘘をつかないように頑張ると良いと教えてくれた。ちなみに、現在は毎日の目標を手帳につけて一日一日過ごしている。
会社に於いて、自分自身に何らかの作用をするのは下記3つだと思う。
1,人間関係
2,仕事内容
3,業務環境
1はそのまま、上司や先輩、同僚、後輩等々との関係。仕事内容もそのまま。業務環境というのは些細な事だけど大きい事、つまり、オフィスまでの距離とか、座っている椅子や、使用するパソコン、トイレの清潔感など。
私が、愚痴ではなく相談を受けたときに、まずは受け入れてみたら?と言うようにしている。勿論、セクハラやパワハラなどの時はきちんと然るべき処置を取るように進めるが、そうではなく、ただ嫌だと思っている場合に、置かれている現状を否定するのではなく、まず受け入れて、それとは別次元で、将来の自分をきちんと想像し、今の自分と将来の自分があまりにもかけ離れている場合は、辞めるなり異動を希望するべきだし、もし細くても道が続くなら頑張れよと言うようにしている。
さて、長くなったが、件名の通り、私にOB訪問にくる学生に言うことは一つ。堅苦しいこととか、自分が出来ることとか、そんな面倒くさい事はまずは置いておいて、君は将来どうなりたいの?そしてその自分はどう世の中に貢献しているの?それだけ教えてください。後は、それをベースに相談にのります。と、表現は違うものの、内容的には同じ事を聞いているつもりだ。
仕事は楽しいものではない、ただ、楽しむ事はできる。いま就職活動中のみなさん、難しく考える必要はありません。将来の自分はどんなでいたいですか?

Diary | 2005-02-10 | パーマリンク | コメント(0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://suda.tv/archives/2005/02/ob.php/trackback

コメント

Comment from さきっちょ
2月 10, 2005 at 4:08 am

大きいほうしていいですか?
じゃなくて大きいこと言ってもいいですか?
私は「~をつくった中川です」「ああ、あれね」ってなるくらいのモノをつくりたい。そして周囲には「いやー、あれは君にしかできなかった」と言われたりしたらもう最高!
そして、自分の尊敬する人にもばしばし会える自分でいたい。
昔から趣味とかがあまりなくて、それがすっごく不満だった。私といえばコレ!っていうのがなくてさみしかった。
そのモノはまずは・・というのは4月から働く会社の業務内のものになるだろうけど、大人になったらいろんな可能性をほりだしていきたい!
そして社会貢献とよべるのかわからないけど、
私のつくったそれで、誰かが「~があったから○○できた」って言ってくれたらいいな。
背中を押したい。人差し指でポンくらいのやわらかい力で。
実際に働くようになったら、別の目標ができるんだろうけど、3年間くらいはこれを目指して
がんばっちゃうもんねー!!
須田さん@ありがとう

Comment from remi
2月 10, 2005 at 8:10 am

朝から読んじゃった…。す、すだっちかっこいいー(><)(ひやかしとかじゃないです)
なんか…こんなこと書くとあんまりなのかもしれないのですが、私もすだっちになってみたい!!と思うことが良くある!!それはただ単純なことで、楽しくてかっこよくて好きだからなんだけど★★朝から勉強になった(><)!!とか書いてると会社に遅刻しちゃうよ~。
すだっちどうもありがとう★★★

Comment from nobu
2月 10, 2005 at 9:56 am

よー。
熱いね。
今日あってもらうやつも熱いから、
何が起こるかさらにわくわくしてきたよ。

Comment from ta_tsu
2月 10, 2005 at 2:36 pm

僕が後輩たちい言ってることも、すだっちとおおむねいっしょかな。広告をつくったりコンテンツをつくったりしている僕らの仕事は、本質はビラやチラシと一緒。クライアントが大きかったり見てる人がすごく多いだけで、本質は、商品やブランドを売るための手段です。
そして仕事は名を成し残すためにやるものじゃ
なく、どこかのだれかの役に立つ仕事をし社会の役に立つことだと僕は思ってます。チラシつくって商品が売れて、その商品を作った人たちの情熱や努力が報われる。その商品で生活が楽しくなったり便利になったりして、買った人が喜んでもらえる。商品かわなくても、チラシそのものを見て、楽しい気分になったりしてもらえるだけでいい。
社会奉仕なんて言うと大仰ですけど、こういうことの連鎖が、社会に貢献することじゃないかと自分勝手に思ってます(苦笑)。
それから、若い人には、かならず言いますけれど、誰かにほめられたくて仕事はするなと。ほめられないとモチベーションが維持できないような仕事をしてたら気持ちが続かないからです。ほめられるために無理をする。できないことを無理やりやっつけてほめられようと考えると、失敗したときにそのことを言い出せなくなって、こころの傷を持ち続けることになる。ほめられるためには、体がきつくて休みたくても休めなくなるし。
昨今覆い躁鬱に陥る人の多くは、この傾向が強い。
基本的に「ほめられればめっけもん」って思って仕事をすると無駄な苦しみをしょわずにいけます。

Comment from 須田英之。
2月 10, 2005 at 6:05 pm

くっっはー、仕事中に返せる内容のコメントじゃないので、帰って落ち着いて返事かきまーす!

Comment from 匿名
2月 11, 2005 at 12:17 am

須田せんぱああああい!!!!
将来はのおおおぎょうおおおおおやりたいdeath!!!!
土いじりしながらぁぁぁぁぁぁ、ミミズ切ったり、クワガタ分解したり、カエルの口に爆竹いれて爆発させたり、じゆうううううううに往きたいのですが、どおおおおおおすればいいでしょうか?
毎日、テポンドンが飛んで来ないか心配でぇぇぇぇす!!!!!
平和にくらしたいんですが、どおおおおおおおしたら平和にくらせるでしょうかああああ??????????
社会に貢献したら、地球が破滅するのを1分間くらいはやめてしまいそおおおで、毎日なやんでまぁぁぁす!!!!
短絡的な文部省の教育的洗脳から一億人を開放するにはどおぉぉすればいいんでしょおおおかあああ????自民党を打破するには、まずアメリカを潰さないとできません!!!そんな歴史的革命を起せない僕はどおおおおすれば自由に生きていけるでしょおおっか?
時間が解決してくれるんでしょおおっか????
俯瞰な立場に立とうとしても、自民党の教育的洗脳を受けたショッカー軍団(雑魚)がうざいぐらいに回りを飛び回って、怪人を倒すのに集中できまっせん!!!!仮面ライダーのバイクは50ccなのが悪いんでしょうか???

Comment from せりっぺ
2月 12, 2005 at 2:45 am

じっくり読ませていただきました。
音楽会議の日はいろいろ刺激を受け、
自分にとっての意識改革の日となりました。
しかし、それからただ焦っているだけだったのか、
将来の夢はあるものの、地に足が付いていないような感じでした。
この記事を読み、はっきりした何かが自分の中に生まれました。
ありがとうございます!
P.S mixiの紹介文、こちらもわざわざありがとうございました☆

Comment from 須田英之。
2月 12, 2005 at 4:45 am

→さきっちょ
おお、お礼を言われた。こちらこそ有難う。自分の尊敬する人にばしばし会える環境、それそれで凄く刺激的だけど大変だよ。なんか、自分がどんどんちっぽけに見えて泣きたくなる。ってか、泣いてます。でも、そこで自分のやりたいこととか、将来の像がその時点であれば、それに対して学べる事をどんどん学んでやるぜ!って頑張れるんだよね。僕の周りには、感性で生きている人も、理性で生きている人も、それぞれ色々な経験を積んで、挫折も沢山したり、全く挫折無く生きてきたり、多種多様な人がいるけど、やっぱり未来を見据えて活動している人は輝いているよ。
→れみちゃん
楽しくてはともかく、かっこよくてって照れるなあ。俺もれみちゃん大好きだよー。原宿的エンジェルですからー。あなたは。
→nobuちゃん
いやはや、いまさらコメントに返事を書くまでもなく、下北的会議は熱かったな。2時間半ってどんなだよ。。。でも、1万部、ほんとに熱いわ!!
→ta_tsuさん
おおお、さすが会社を取り締まる立場の人は意見が強い。多分、僕はまだまだ褒められたい認められたいステージにいるかもです。ただ、褒められないとモティべーションが維持出来ないわけではなく、褒められるとF1でいうニトロ的爆発力が出てきます。ことわざで言うと、豚もおだてりゃ木に登るってやつです。ちなみに、メディア的上司や先輩は僕の事をよく分かっているので、集中力が切れたりへばってるときに、さくっと僕をおだててくれます。そうなると、気が付くと日付変更線まで仕事しちゃいます。単純です。
→名無しさん
もー!エントリーの件名に書いて有るとおり、学生に対して話してる事でしょ~!僕より人生先に生きていて、さらには僕より沢山の事を考えていて、僕の事を手のひらで転がしているのに、こういう意地悪するぅ。ガチコンでこのコメントに答えちゃったら、間違いなくROMだった人が難しいコメント書くようになっちゃうんだから。。また、オニオングラタンスープ飲みながら語りましょう。
→せりっぺ
お久しぶり。しかし、このコメントは上から読んでみても、みんな多種多様だなあ。名無しさん、変な人じゃないんだよ。どっちかというと、超頭が良くて地球一周分くらい先を考えてる人ですわ。っで、はっきりした何かが生まれたのかー!そりゃ、こんどじっくり聞かせてよ!

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧