14年ぶりの合唱。

大島夫妻と仲間達。
小学校4年から中学1年まで、東京少年少女合唱隊に所属し、日本各地で公演やテレビ出演、また、世界各国で演奏旅行をしていた。先日、その時代からの友人達と同窓会を開き、会話の中で結婚式で歌ってとの話になり、久しぶりに当時の曲を歌うことになった。
しかし、当時の私は変声期前。マライアキャリーだろうが華原朋美だろうが、高い声を出すことには何の苦労もなかった&相対音感すらきちんと持っていなかったので、歌うパートはメロディを歌っているソプラノパート。現在の私では発声練習をきちんとしても相当無理がある高さ。
結局、当日のリハで1曲はソプラノ。もう1曲は人生初体験となるアルトパートを歌う事に。


美帆宅で練習中。
まずは、美帆邸に集まり12人でリハーサル。当日に初めて合わせて、且つ、初めて歌うパートを歌う。なんとも無謀なのに、なんだかんだで形になるのが元合唱隊。さすが世界を回っていただけある。というか、現在でも歌い続けている現役が数名。二期会所属も居れば、プロシンガーも居る。
結婚式はこんな感じ。
結婚式はこんな雰囲気。なんとも和やかな雰囲気で時間は進む。一通りの出し物の最後に合唱隊として出演。いやー緊張した。
2次会はカラオケボックス。
結婚式が終わった後は、皆でお茶しようと話になるも、付近の喫茶店はどこも入れない。結局、歌わなければ良いとカラオケボックスに行くも、すぐに歌わされる事になり、最後までみんなで歌い続けた。しっかし、皆さんそれぞれ自分の声にプライドを持っている人達。緊張感の張りつめたカラオケだった。。

Diary | 2005-01-23 | パーマリンク | コメント(0)

コメントを投稿する

自己紹介

すだっち 現在楽器メーカーに勤めながら、日々ダイエットに勤しんでいる須田英之です。詳しくはプロフィールで!

»プロフィール
»このサイトについて

検索

カテゴリー別記事

過去記事一覧